sportsnavi

2017年10月8日(日)

11R

2017年10月8日(日) | 4回東京2日 | 15:45発走

第68回毎日王冠(GII)

芝・左 1800m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6700、2700、1700、1000、670万円 | レコードが出たレース

アストラエンブレム

デビュー時から高い能力を示していたが、馬体減に苦しみ、なかなか全力を発揮するには至らなかった。
その不安も古馬になって徐々に快勝し、合わせるように成績もアップ。春にはオープン・大阪城Sを32秒台の末脚で差し切り。2着したオープン・メイSからは好位でレースを進める形となり、G3エプソムCは半馬身差2着。前走のG3新潟記念でも、先に抜け出したタツゴウゲキに接近。クビ差及ばず2着に敗れたが、重賞勝ちは時間の問題だ。
今回は相手が一気に強化されたが、実績馬は休み明けばかり。仕上がりの差で勝利を掴みたい。

グレーターロンドン

大物感溢れるレースぶりでデビュー戦を勝利し大きな期待感を得たが、2戦目の2着後に故障で休養。秋に復帰戦を快勝も、再度故障で長期休養している。
約1年ぶりの復帰となった昨秋の500万を勝ち、中3週で1000万も勝利。その後は脚元を考え間隔をあけながら1600万節分S、オープン・東風Sを勝ち、これで5連勝。そして初の重賞挑戦に、G1安田記念を選択と大勝負に出る。直前には一部不安説もあったが、レースはそんな説を払拭する内容で直線猛襲。勝ったサトノアラジンと0.1秒差の4着と健闘した。
脚部不安が完全払拭できれば、G1馬相手でも互角に戦える力はある。

サトノアラジン

早くから大器の呼び声高く、新馬戦を勝った時はクラシック候補の評価があったほどの逸材。しかし折り合い難に苦しみ、3歳時は大成できなかった。
距離を短縮し、折り合いの不安が解消してからは成績も向上し、昨年はG2京王杯SC、G2スワンSと重賞を2勝。だが安田記念4着、マイルCS5着とG1にはなかなか手が届かなかった。
今年の春は京王杯SCで9着に敗れ厳しいスタートだったが、安田記念で一変。4コーナー15番手の厳しい位置から大外を豪快に伸びると、逃げ粘るロゴタイプを一気に差し切り、ついにG1馬の栄冠に輝いた。
久々の中距離となるが、成長した今なら折り合いも大丈夫。得意の東京で末脚を爆発させたい。

ソウルスターリング

新馬、オープン・アイビーS、G1阪神JFと3連勝し、昨年の最優秀2歳牝馬に輝いている。今年初戦もG3チューリップ賞を難なく快勝。G1桜花賞は単勝1.4倍の断然人気も当然の立場だったが、直線で伸びあぐね、まさかの3着。敗因は渋った馬場なのか、強すぎたチューリップ賞の反動だったのか…。
初敗戦を喫して迎えたG1オークスは、強気の競馬で早めに進出。馬場の真ん中から堂々と抜け出すと、追いすがるモズカッチャンを突き放し快勝。改めて3歳牝馬最強を証明した。
この秋は秋華賞ではなく天皇賞路線へ。斤量差も大きく、この馬の力を考えれば、古馬相手でも劣ることはない。

マカヒキ

昨年の日本ダービー馬。その後フランスに遠征し、G2ニエル賞を勝ち、日本馬初のG1凱旋門賞優勝を狙ったが14着と大敗している。
今年はG2京都記念から始動。ムーア騎手が手綱をとったこともあり単勝1.7倍の圧倒的人気に推されたが3着に敗戦。G1大阪杯で捲土重来を期したが4着と、期待を裏切る結果が続いている。
G1馬ゆえに本来ならG2は叩き台となるが、そうも言っていられない状況にある。末脚を発揮できる東京芝1800mコースで、ダービー馬の輝きを取り戻すことができるか。ここは重要な一戦となる。

リアルスティール

G1皐月賞、G1菊花賞で2着とクラシックは惜しくも逃したものの、いつでもG1を勝てるだけのハイレベルなレースは展開していた。
4歳になった昨年はG2中山記念を叩いて、大目標のG1ドバイターフへ。初騎乗となったムーア騎手との呼吸もしっかり取れ、スムーズにレースを進めると、海外の強豪たちをあっさり交わし見事に優勝。念願の初G1を、海外の舞台で勝ち取った。
帰国後の活躍も期待されたが、G1天皇賞・秋で2着したものの、不本意な競馬も目立った。今年もまだ2戦目と順調さを欠いているが、1週前には坂路で猛時計が出たように調子は良好。高い能力から、いつ巻き返しても不思議ない。
Yahoo! toto

スポーツナビ+ ブログ

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。