2017年5月28日(日)

10R

2017年5月28日(日) | 2回東京12日 | 15:40発走

第84回東京優駿(GI)

芝・左 2400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 定量 | 本賞金:20000、8000、5000、3000、2000万円 |

ダンビュライト

新馬戦を勝ち、G3サウジアラビアRCは2着。G1朝日杯FSは大敗したが、G3きさらぎ賞で3着と、すぐに軌道修正してきた。
G3弥生賞でも3着を確保し、本番のG1皐月賞は、名手武豊騎手を鞍上に迎えての出走。スタート後すかさず好位を取り、勝負どころで徐々に進出。直線に入ると1番人気のファンディーナを交わし一旦は勝利も見える態勢だったが、内からアルアイン、ペルシアンナイトに交わされ惜しくも3着。見せ場をつくってのもので、高い評価が与えられる。
朝日杯のように外から被せられると脆いが、そのあたりは武豊騎手も考慮しているはず。ダービーでも怖い一頭だ。

スワーヴリチャード

2戦目で勝ち上がり、G3東京スポーツ杯2歳Sは、ブレスジャーニーの少差2着。早めに先頭に立つ厳しいレースで、勝ちに等しい内容だった。
さらなる成長を見込んで休養し、今年初戦はG3共同通信杯。東スポ杯とは逆に追い出しをギリギリまで待ち、ゴーサインが出されると一気に後続を突き放し、2馬身半差の快勝。2歳時とはレースぶりが明らかに変わり、大きな成長を遂げていた。この内容からG1皐月賞では2番人気に推されたが、内有利のレースで外を回らされた不利と、手前を変えられなかった影響もあり6着。それでも最後は差を詰めており、能力の一端は見せてくれた。
左回りに変わるのは大きなプラス材料で、しっかり折り合いが取れれば、前走以上の末脚を見せてくれるはずだ。

サトノアーサー

重い馬場に苦しんだ新馬戦は、同着に持ち込むのがやっと。それが良馬場になると大変身。500万シクラメン賞は、32秒7と驚愕の上がり時計をマークし快勝。因みにこの時計は、年末阪神開催では古馬も含めての最速である。
これで牡馬最強の声もあがったが、G3きさらぎ賞は不運にも道悪で行われ、何とか2着を確保するのが精一杯。待望の良馬場となったG3毎日杯で真価発揮を期待されたが、道中最後方から直線猛襲したものの、アルアインに半馬身及ばず。相手が次戦でG1皐月賞を勝ったのだから、今となっては価値ある2着だ。
終いの切れ味は今年の3歳馬でもナンバー1。瞬発力勝負になれば、この馬の出番だ。

アルアイン

新馬、500万千両賞と連勝し、G3シンザン記念で3連勝を目指したが、直線に入って抜け出そうとしたところ、前を塞がれ急ブレーキ。これが響き6着で終えている。G3毎日杯は、2番手で進める積極策。直線では最内に進路を取って先頭に立ち、追い込んできたサトノアーサーを凌ぎ、前走の悔しさを晴らした。
4戦3勝で迎えたG1皐月賞でも好位につけ、3〜4コーナーでは手応えが怪しくなったが、ここから再度盛り返し、同僚ペルシアンナイトを抑えてクラシック一冠目を制した。
皐月賞が9番人気の立場と特殊馬場の影響もあり、フロック視する評価があるのも事実。ダービーを勝って、正真正銘の牡馬ナンバー1を証明したい。

ペルシアンナイト

3戦2勝で迎えたG3シンザン記念は1番人気。直線の勢いから勝機もあったが、大事なところで前が狭くなり、内に進路をとったものの勢いがつかず3着と不本意な結果に。この悔しさを晴らしたのがG3アーリントンCで、直線では一頭だけ違う末脚で他馬を圧倒した。
この内容が評価され、アーリントンC勝ち馬では珍しく、G1皐月賞でも上位人気に推された。序盤は後方につけていたが、向正面で一気に進出し、直線は内を突いて急襲。アルアインにクビ差敗れて2着も、この馬の力はしっかり見せつけた。
皐月賞の内容から距離延長もOK。ハービンジャー産駒最初のG1勝ちがダービーとなれば、父の名も大きく上がる。

レイデオロ

新馬、500万葉牡丹賞を余裕の内容で連勝し、暮れのG2ホープフルSは単勝1.5倍の圧倒的な人気。これに応え、馬群の中から力強く抜け出し無敗の3連勝。中山2000mで強い競馬を見せたことから、G1皐月賞の最有力候補との見方は多かった。
しかしソエで復帰が遅れ、前哨戦を使えずブッツケ本番。久々の影響かスタートも鈍く後方からの競馬。直線で内に進路を取ると、この馬らしい末脚を発揮したが、前有利の競馬では5着が精一杯だった。
順調に来ている今回は、皐月賞よりもデキは向上。この馬の力を出し切れば、上位争いに加わってくることは間違いない。

アドミラブル

ノド鳴りの影響で昨秋の新馬戦は完敗したが、その後に手術を施し、復帰は3月初旬の阪神芝1800m戦。1分45秒8という、歴代のG3毎日杯の勝ち時計をも凌ぐ脅威の時計で圧勝し、大変身した姿を披露した。
続く500万アザレア賞も、高速上がりで楽勝し、G2青葉賞へ。出遅れて道中は最後方だったが、3〜4コーナーから動き出し、直線は外へ進出。若さを見せてふらつく場面もあったが、それでも余裕をもっての楽勝。勝ち時計2分23秒6は青葉賞レコードで、歴代のダービーの勝ち時計と比べても上位に入る優秀なものだ。
もはや怖いのは反動だけ。それさえなければ、ダービー馬の栄誉は目前だ。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。