sportsnavi

2017年5月21日(日)

11R

2017年5月21日(日) | 2回東京10日 | 15:40発走

第78回優駿牝馬(GI)

芝・左 2400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 定量 | 本賞金:10000、4000、2500、1500、1000万円 |

モズカッチャン

デビューから3戦目で初勝利。この頃は出遅れ癖がついていたが、4戦目で初めてスタートを決めると、好位を追走。これまでに無い形のレースとなったが、しっかり対応して4コーナーで先頭に立ち、ビービーガウディとの一騎打ちを制している。
2連勝したものの地味な印象からかG2フローラSは12番人気。向正面で不利があったうえ、直線でも前が壁になるなど厳しいシーンもあったが、進路をみつけると一瞬のうちに加速がつき、粘り込まんとする先行勢をアッという間に差し切り。3連勝と勢いをつけてG1オークスに歩を進める。
距離延長も問題なく、G1で4連勝といきたい。

ソウルスターリング

世界的名馬フランケルと、欧米でG1を6勝した名牝スタセリタの間に産まれた超良血馬として、デビュー前から注目を集めた一頭。新馬戦こそ地味だったが、2戦目のオープン・アイビーSでは、後の皐月賞2着馬ペルシアンナイトを完封。G1阪神JFではリスグラシュー、レーヌミノルを相手に難なく快勝。3戦全勝で最優秀2歳牝馬に輝いた。
今年に入ってもG3チューリップ賞を楽勝し、強さは増すばかり。G1桜花賞は堅いと見られていたが、重い馬場に苦しんだか直線で伸びあぐね3着に終わった。
敗れたものの内容は悪くなかった一戦。今回も主役の立場で臨む。

フローレスマジック

全姉にラキシス(G1エリザベス女王杯)、全兄にサトノアラジン(重賞2勝)がいる期待の良血馬。新馬戦こそ勝ち損ねたが2戦目を楽勝し、G3アルテミスSでリスグラシューの2着に入線している。
馬体回復を図るため休養を取り、プラス18キロで臨んだG3クイーンCは3着。2歳時よりレース内容もアップし、メンバーが落ちたG2フローラSは大きなチャンスだったが、勝ち馬モズカッチャンから時計差無しの3着と惜敗。重賞で2、3着続きと、もどかしいレースが続いている。
血統的にも伸びしろの大きい馬。変わり身があればG1にも届く。

ミスパンテール

ペースが遅かったとはいえ、デビュー戦は最後の3Fが11秒8-11秒5-11秒4と札幌では珍しい加速ラップ。先行馬有利の展開を後方から差し切ったことで、高い評価を得た。
その後、約7か月の長い休養があり、迎えたのがG3チューリップ賞。道中で脚を溜め、直線で一気に進出。ソウルスターリングには及ばなかったものの、リスグラシューを楽々交わし2着に入線し、桜花賞出走権利を手に入れた。一叩きされた本番では前走以上の走りも期待されたが、逆に反動が出たのか全く脚を使えず16着に沈んでいる。
桜花賞がsこの馬の能力ではないはず。桜花賞前に比べると調教内容も良く、上昇は窺える。

レーヌミノル

昨夏の小倉でデビューし、1200mの新馬戦を大楽勝。G3小倉2歳Sも6馬身差圧勝で、スピード能力の高さは誰もが認めるもの。
その後もスピードを武器に善戦はするものの、1400mのG2京王杯2歳S、G2フィリーズレビューは2着、マイル戦のG1阪神JFは3着、G3クイーンCは4着と、距離が延びると成績が落ちていたのも事実。そのためかG1桜花賞は8番人気にまで支持を下げていた。
この大一番で真価を発揮。好位から抜け出すと、リスグラシュー以下を抑えて優勝。差し馬勢が上位に進出したことを考えると、決して恵まれての勝利ではなく、内容もかなり濃いものだった。
さすがに2400mは長いイメージだが、この馬の能力を考えれば長距離戦でも侮れない。

リスグラシュー

初勝利となった阪神芝1800m戦は、1分46秒2のレコードタイム。2着に4馬身差つけた勝ちっぷりも豪快の一言だった。続くG3アルテミスSも快勝し、G1阪神JFでは大外枠に出遅れの不利がありながら、猛然と追い込んでの2着は負けて強しの内容だ。
今年初戦のG3チューリップ賞で3着に敗れ一時評価を下げたが、本番のG1桜花賞ではしっかり巻き返し、レーヌミノルに迫る2着。対戦成績が2連敗中だったソウルスターリングを逆転した。
父の影響から距離延長はマイナスになるまい。安定感はメンバー中1、2で、ここも大崩れは考えにくい。

アドマイヤミヤビ

この馬が大きくクローズアップされたのは500万百日草特別。上がり2F11秒0-11秒1の高速上がりを、中団から力強く抜け出し快勝。2着馬カデナが後に重賞2連勝、3着馬アウトライアーズもスプリングSで2着の結果を残したことで、ますます価値を押し上げていった。
その後休養を入れ、久々のG3クイーンCでは、アエロリット(NHKマイルC勝ち馬)、レーヌミノル(桜花賞勝ち馬)と、後のG1勝ち馬2頭を捻じ伏せて勝利。当然G1桜花賞は有力視されたが、出遅れたうえにノメる馬場にも苦しみ大敗した。
血統的にも距離が延びるのは良く、2400mはドンと来いのタイプ。良馬場なら巻き返す。
Yahoo! toto
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。