sportsnavi

2017年4月23日(日)

11R

2017年4月23日(日) | 2回東京2日 | 15:45発走

第52回サンケイスポーツ賞フローラステークス(GII)

芝・左 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:5200、2100、1300、780、520万円 | レコードが出たレース

アドマイヤローザ

調教が地味だったこともあり、新馬戦は7番人気。道中もじっくりレースを進め直線で外へ進路を取ると、猛然と差を詰め2着。脚を余した感もあり、内容は勝ちに等しいものだった。すると次戦も同じように外から伸び、今度は鮮やかな差し切りを決めた。
この勝ちっぷりが評価され、オープン・エルフィンSは2番人気。前2戦と違い先行策を見せたが、スローペースをつくりあげたサロニカを捕まえることができず2着。その後は外傷もあって間隔を開け、G2フローラSに歩を進めてきた。
血統、レース内容から距離延長は大歓迎。オークスが最大目標で、出走権利を獲得するためにも、今回はこれまでで一番の勝負レースだろう。

アロンザモナ

新馬戦は11秒8-11秒4-11秒2の加速ラップをつくって逃げ切り。500万こうやまき賞は2番人気も、直線で外へ大きくよれてしまい競馬にならなかった。
オープン紅梅Sでは大きく寄れることもなく直線でしっかり脚を伸ばすと、きっちり差し切って2勝目。続くG3チューリップ賞では、大幅な相手強化に阻まれ7着、G1桜花賞は14着と大敗している。
これまでマイル以下しか経験がなく2000mへの距離延長が課題になるが、兄姉はマーメイドS勝ちのソリッドプラチナムを含め中距離以上で結果を残した馬が目立つ。むしろ距離延長に変身の期待を賭けたい。

タガノアスワド

デビュー前から調教で好タイムをマークし、注目されていた一頭。新馬戦は牡馬混合の芝の中距離戦で、後の皐月賞4着のクリンチャーなど素質馬も存在したが、レースは独壇場。先手を取ると、最後まで危なげなく3馬身半差の楽勝でデビュー戦を勝利した。
続く500万つばき賞でも先手を取り、1000mラップ64秒1の超スローペースを展開。これで逃げ切りと思われたが、ファンディーナが荒れた馬場で3F33秒0の鬼脚を繰り出し、捉えられてしまった。負けたものの相手が悪かっただけで、内容は高い。
今回もマイペースに持ち込めれば勝機はある。

ディーパワンサ

新馬、オープン中京2歳Sと連勝して休養。昨秋はG2デイリー杯2歳Sから復帰し、勝ち馬ジューヌエコールから0.1秒差4着は久々を考えれば好走。一叩きで迎えたG1阪神JFは更に上昇し4着。着順は同じだが、上位3頭(ソウルスターリング、リスグラシュー、レーヌミノル)は桜花賞でも上位独占したのだから、価値は非常に高い。
ならばメンバーが落ちたG3フラワーCは着順を上げていいはずだが、好位から伸びず6着に終わった。叩いた今回は変わり身を期待したいが、2000mの距離に少々不安もある。

フローレスマジック

全姉にラキシス(エリザベス女王杯勝ち馬)、全兄にサトノアラジン(重賞2勝)がおり、今世代の牝馬の中でも特に期待が高かった馬。
新馬戦は2着も、次戦を楽勝しG3アルテミスSへ。後にG1で勝ち負けしたリスグラシューを相手に半馬身差の2着で力を誇示した。馬体が減っていたこともあり無理せず放牧に出し、G3クイーンCで復帰。アドマイヤミヤビの3着も、後の桜花賞馬レーヌミノルに先着している。
その後、再度疲れが出たように体質は弱いものの、素質は相当。成長型の血統から、そろそろ重賞勝ちがあっていい頃だ。

ホウオウパフューム

デビュー戦は好位から流れ込んでの3着。このレースはそれほど目立たなかったが、2戦目は初戦とは段違いの末脚で差し切りを決め、注目を集め始めた。
驚愕は3戦目の500万寒竹賞。道中は最後方。ペースを考えると危ない位置にも思えたが、そんな不安は直線で吹き飛ぶ。外へ持ち出されると、他が止まって見えるほどの豪脚で圧倒。最後のレース3Fが12秒0-11秒8-11秒5の加速ラップというあたりにも、この脚の凄まじさが証明されている。
目標をオークス1本に絞り、ここが復帰戦。G2でも大物ぶりを見せることができれば、オークスの頂点も見えてくる。

モズカッチャン

初戦は見せ場も無く6着。2戦目は未勝利戦にしては好メンバーが集まったが、素質馬サトノクロニカルの3着と大きく変わり身を見せた。これに比べて相手が楽になった3戦目は、3コーナーから捲り気味に進出し、2着に2馬身半差をつける楽勝を決めた。
ここまでは全て出遅れており競馬は差す形だったが、前走で初めてスタートを決めると、一転先行策に。一緒に先行したビービーガウディを抑え2連勝を決めている。
母の弟にはモズ、クインズハリジャン、フォワードカフェら重賞で上位に入線した馬がおり、この馬も重賞で結果を残せるだけの背景は持っている。
Yahoo! toto

スポーツナビ+ ブログ

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。