sportsnavi

2016年6月26日(日)

11R

2016年6月26日(日) | 3回阪神8日 | 15:40発走

第57回宝塚記念(GI)

芝・右 2200m | 天気:晴 | 馬場:稍重 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:15000、6000、3800、2300、1500万円 | レコードが出たレース

アンビシャス

デビューから2連勝し、G3共同通信杯ではリアルスティール、ドゥラメンテに続く3着と、早くも高い素質を見せていた。勝利したG3ラジオNIKKEI賞までに6戦4勝の戦績を残し、秋に大きな期待がかかった。しかしG2毎日王冠は2番人気も6着、天皇賞・秋は5着。懸念された折り合い難の影響もあり、能力発揮はならなかった。
ここで間隔を開け、久々のG2中山記念は、ドゥラメンテの2着と好走。G2大阪杯では、まさかの先行策から抜け出して快勝。かかる不安を払拭しての勝利は、この先に向けて大きな自信になったはずだ。
脚質の幅が広がり、今度こそ打倒ドゥラメンテを果たしたい。

キタサンブラック

G2スプリングS、G2セントライト記念と2つの重賞を制したが、血統から3000mは長いと見られてたG1菊花賞。しかし鞍上の好騎乗もあって内目をピッタリ回ると、直線も狭い内を抜け出し、見事に3冠最後のレースを制した。
年末のG1有馬記念でも3着と好走し、今年初戦の大阪杯はアンビシャスのクビ差2着と好調を持続して迎えたのがG1天皇賞・春。先手を取ってマイペースに持ち込むと、最後の直線でも粘りに粘り、並びかけて来たカレンミロティックとの激闘をハナ差制し、再度3000m超のG1を制した。
2つのG1勝ちから長距離馬のように見えるが、本来はスピード系の馬。距離短縮はプラス材料だ。

ラブリーデイ

なかなか重賞を勝てず、5歳になった昨年のG3中山金杯でようやく勝利。ここから快進撃が始まり、G2京都記念で2連勝。3000m超のレースを2連敗したが、中距離に戻ると鳴尾記念、そして昨年の宝塚記念ではデニムアンドルビー以下を抑え、一気にG1ウイナーの座に登りつめた。
その勢いは秋になっても止まらず、G2京都大賞典、そしてG1天皇賞・秋も快勝している。ただジャパンC3着後は、上位入線こそしているものの、ここ4戦は勝利を掴めていない。
今年の宝塚記念は昨年以上のメンバーと厳しい相手だが、2連覇で昨年の勢いを取り戻したい。

ステファノス

皐月賞5着など早くから能力の一端を見せていたが、藤原英厩舎らしくじっくり時間をかけて成長を促し、それが実を結んだのが昨年。香港のクイーンエリザベス2世Cで2着と好走。秋は天皇賞でラブリーデイの2着。ショウナンパンドラやアンビシャスに先着し、内容は勝ち馬に負けないものだった。
年末の香港Cで大敗し、その後は十分リフレッシュして鳴尾記念から復帰。直線では6か月ぶりのレースとは思えぬほどの迫力ある差し脚を繰り出しサトノノブレスの2着と、高い能力に翳りはない。
元々目標は宝塚記念。叩いた効果も大きく、G1戴冠も近い。

ドゥラメンテ

賞金不足で出られないと見られていた昨年の皐月賞。だが出走回避馬続出で出走が叶うと、直線で桁外れの豪脚を披露。半ば勝利を手中に収めていたリアルスティールを並ぶ間もなく差し切り、一冠目を奪取した。この勢いでダービーも早々に抜け出すと、2着以下を全く問題にせず、楽々2冠達成。秋は3冠か凱旋門賞かという話にもなったが、レース後に骨折が判明し、年内休養となった。
その故障も癒え、復帰初戦の中山記念は快勝。初の海外遠征となるドバイシーマクラシックで世界に力を誇示したいところだったが、レース前に落鉄し、そのまま出走。その不利もあったか2着に敗れた。
この後は凱旋門賞遠征の話もあり、ここは負けられない一戦だ。

サトノノブレス

3歳時には菊花賞で2着し、4歳になって重賞を2勝。その後は大敗が続いた時期もあったが、昨秋あたりから調子が上がり始め、6歳になった今年はG3中日新聞杯で、約1年半ぶりの勝ち星をあげている。
天皇賞・春こそ大敗したが、中距離に戻れば話は別。前走のG3鳴尾記念は好位から脚を伸ばすと、外から迫るステファノスをクビ差抑えて4つ目の重賞勝ち。しかも阪神芝2000mの勝ちタイム1分57秒6は、同コースのレコードタイムとなった。
ベテランの域に達しているが、ここへきてレコードタイムを出したように衰えは見えない。中距離戦なら、G1でも上位を狙える位置にある。

サトノクラウン

新馬、G3東京スポーツ杯2歳S、G2弥生賞と3連勝。当時は同厩のドゥラメンテ以上の高い評価を得ており、皐月賞では1番人気に推された。しかしドゥラメンテ圧勝の陰で、こちらは6着凡走と期待を裏切った。ただダービーでは3着に巻き返し、高い能力を示した。
不調説もあった天皇賞・秋では17着に大敗したが、休養期間中に立て直し、2月のG2京都記念は2着以下に3馬身差をつける楽勝。香港のクイーンエリザベス2世Cに挑戦したが、ここは大敗と、どうも掴みきれないところがある。
能力はG1級。力さえ出し切ればG1でも足りる馬だ。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。