sportsnavi

2016年4月9日(土)

11R

2016年4月9日(土) | 2回阪神5日 | 15:35発走

第59回サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(GII)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際) 牝 (指定) 別定 | 本賞金:5500、2200、1400、830、550万円 |

アンドリエッテ

強烈な末脚を武器に、昨年のG3チューリップ賞で2着に入り、牝馬クラシック戦線に突入。牝馬3冠は6、5、4着と馬券圏内には入れなかったが、後方から豪快に追い込んで上位に迫った。
ただ展開に左右される面もあり、自己条件で相手が楽になっても、スローペースになると5、6着。G1と自己条件の着順がほとんど変わらないのでは、単なる他力本願の馬と見られても仕方がない。そこで前走の1600万うずしおSでは、いつもより前に位置すると、しっかり抜け出してベッラヴォーチェの追撃をクビ差抑え、未勝利戦以来の2勝目をマーク。レース内容に進境が見られたことは大きい。
このレースを含め阪神マイルは4戦2勝、チューリップ賞2着と適性の高いコース。勝ち癖がついたところで、重賞初制覇といきたい。

ウインプリメーラ

3歳時にG1桜花賞に出走し、オープンクラスにも在級していたが、4歳夏に降級すると勝ち上がるのに苦労し、長らく条件クラスに甘んじた。
昨年の春に1600万パールSを勝利し約1年ぶりにオープンクラスに復帰すると、G3小倉記念で3着と、牡馬相手に好勝負。そして迎えた年明けのG3京都金杯。3番手から抜け出すと、テイエムタイホーを半馬身抑え、初めての重賞タイトルを獲得した。続くG3京都牝馬Sも3着し、好調を維持したまま当レースを迎える。
阪神コースに勝ち鞍は無いが、安定した成績を残しており、ここも上位進出が狙える。

カフェブリリアント

長らく下級条件に甘んじていたが、堀厩舎へ移籍してから一変。一昨年末から1000万、1600万と連勝し、昨年のG2阪神牝馬Sも好位から抜け出し快勝。これで3連勝となり、一躍G1ヴィクトリアマイルの候補に躍り出た。本番では4番人気に支持されたが、ここは5着に終わっている。
以降3戦はG2府中牝馬Sで3着に入っているが、1番人気に推されたG3関屋記念、新設重賞ターコイズSは着外と成績が安定していない。
昨年の覇者ではあるが、レースは今年から1F距離が延び、マイル戦となった。近走マイル戦は苦戦しており、このあたりがどう響くか気になる部分である。

ココロノアイ

2歳時のG3アルテミスSで、後の桜花賞馬レッツゴードンキをハナ差抑えて優勝。G1阪神JFでも3着に好走すると、3歳春のG3チューリップ賞もアンドリエッテ、レッツゴードンキらを破り快勝。2つの重賞勝ちを収め、桜花賞では2番人気と高い期待を背負ったが、超スローペースで前が止まらず10着大敗。巻き返しを図ったG1オークスも7着で春を終えた。秋はG1秋華賞で復帰したが14着。結局牝馬3冠は全て着外と、不本意な結果となってしまった。
間隔を開けて、今回は約半年ぶりの一戦。マイル戦は重賞2勝した適距離であり、久々の好結果を期待したい。

ストレイトガール

元は1200m戦を中心に活躍していたが、一昨年のヴィクトリアマイルで不利を被りながら3着に入線したように、マイルも十分射程内に入る距離だった。すると昨年もヴィクトアイアマイルに挑戦。G1高松宮記念惨敗の直後だったが、その悪夢を払拭する差し切りでG1ウイナーに輝いた。秋にはスプリンターズSも勝ち、G1は2勝している。
暮れの香港スプリントで引退という話もあったが、これを撤回して今年も現役続行。ヴィクトリアマイル2連覇を目指し、阪神牝馬Sから復帰となる。休養明けも結果を残しており、実績からも恥ずかしい競馬はできない。

スマートレイアー

鋭い差し脚を武器に一昨年の阪神牝馬Sも勝利。この当時は8戦5勝の成績で、迎えたヴィクトリアマイルでは1番人気に推されたが、末脚不発で8着敗退。この一戦を境に、不安定な結果が続き、なかなか勝ち星を掴めなかった。
流れを変えたのは、昨年のオープン米子S。折り合い難を考慮し追い込み戦法をとっていた同馬だが、この時に乗り替わったデムーロ騎手は思い切って先行策をとると、あっさりと勝利。間隔を開けて臨んだG2府中牝馬Sも中団から差して2着。そして前走のG3東京新聞杯では初めて逃げる形をとると、まんまと1着ゴールを決めた。
先に行けるようになって結果も向上。阪神牝馬S2勝目も見えている。

ミッキークイーン

昨年の今頃は、桜花賞を抽選漏れで出走できず悔しい思い。その鬱憤はG1オークスで晴らした。道中は後方で脚を溜め直線へ向くと、先に抜け出していたルージュバック、クルミナルを一気に捉え、オークス馬の栄冠に輝いた。
秋になると、前哨戦のG2ローズSは2着。本番のG1秋華賞はコース形態を考慮し、いつもより前の位置を追走。4コーナーでは先行勢を射程圏内に入れ、ゴーサインが出ると一気の差し切りで快勝。2冠目を奪取した。初めて古馬の一線級と戦ったジャパンCは8着に敗れたが、勝ち馬からコンマ3秒差なら悪くあるまい。
今回はG1前哨戦だが、2冠馬の貫録を見せてもらいたい。
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。