2016年11月20日(日)

11R

2016年11月20日(日) | 5回京都6日 | 15:40発走

第33回マイルチャンピオンシップ(GI)

芝・右・外 1600m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:10300、4100、2600、1500、1030万円 | レコードが出たレース

イスラボニータ

2年前の皐月賞馬も、セントライト記念勝利後は2年以上勝ち星から遠ざかっている。今年もG2中山記念で9着、G2大阪杯も5着と敗れ一時は衰えを感じさせたが、G1安田記念では勝ち馬から0.3秒差の5着。モーリス、サトノアラジンとは少差の競馬をしており、復活の兆しを見せた。秋初戦の富士Sでも58キロを背負いながらヤングマンパワーの2着と、上昇気配でマイルCSに臨む。
昨年のマイルCSでは不利がありながら3着。その昨年の勝ち馬モーリスが不在のため、今年は相手が楽になった。安田記念を勝った先輩皐月賞馬ロゴタイプ同様、久々の勝利をG1で飾りたい。

サトノアラジン

かつてのクラシック候補も、折り合い難から距離短縮。これが良かったのか成績が上昇し、昨年のマイルCSでは4着。今年に入り春の京王杯SCでは、上がり3F32秒4という驚異的な末脚で差し切り初重賞勝ち。安田記念も前残りの展開の中、4着まで追い上げている。
秋はスワンSから始動。あくまで目標はマイルCSなので叩き台仕様の仕上げだったが、大外から豪快に伸びて他馬を圧倒。春から比べて、更に破壊力が増したようだ。
当然ながら一叩きでデキは上向き。デビュー時から期待されてきたG1の冠が、目前に迫ってきている。

ネオリアリズム

体質の弱さや気性の難しさから大成は遅れたが、陣営が馬に合わせてじっくり使ってきた効果もあり、いよいよ素質開花の時を迎えた。
前走の札幌記念は、同厩のモーリスが圧倒的な人気。こちらは近3戦を7、3、6着の成績から、単勝17.2倍と穴馬的存在に甘んじていた。しかしレースでは、デビュー以来初めてとなる逃げを選択。懸念された折り合いも取れマイペースで進めると、直線に入っても脚色は衰えず、モーリス以下に2馬身の差をつけ堂々逃げ切りを果たした。
今回は初めてのマイル戦となるが、半兄に安田記念勝ち馬リアルインパクトがおり血統からは問題なし。鞍上はムーア騎手で、再度大駆けの準備は整った。

フィエロ

7歳になって未だ重賞勝ちこそないものの、G1では好走が目立っている。特に2年前のマイルCSでは、勝ったと思ったところへ内からダノンシャークが忍び寄り、ハナ差負けの悔しさを味わった。今年の安田記念でも、最速上がりを駆使して3着。モーリスにはハナ差まで迫っており、前残りの展開にならなければ、この馬が勝っていたかもしれない。
前走のスワンSはスタートで遅れると、そのままレースに乗れず9着大敗。ただ力負けでないうえに、G1勝負型の過去の結果から気にすることはあるまい。
年齢を考えると、残されたチャンスは少ない。今度こそ、初重賞をG1で獲得したい。

ミッキーアイル

デビューした頃はマイル戦を中心に使い、2戦目から5連勝。G1のNHKマイルCも勝ち、名マイラーへの道を歩んでいた。しかし強度の折り合い難でコントロールが難しくなり、徐々に距離短縮。近走は1200mをメインに使っている。ここ2戦は高松宮記念、スプリンターズSとG1を2戦使い、ともに2着と高い能力に翳りはなく、いつでもG1を勝てる状態にある。
問題は久々のマイル戦。NHKマイルCこそ勝ったものの、以後のマイルG1は16、13、15着と大敗しており不安はある。ただスタミナ面は大丈夫なので、とにかく課題は折り合いのみ。自分の競馬ができれば、能力的に勝機もあるはずだ。

ヤングマンパワー

3戦目にG3アーリントンCを勝ったが、その後は勝ち星から遠ざかり、4歳夏には1600万に降級となった。その降級初戦となった1600万多摩川Sは、重賞勝ちの実績から58キロのトップハンデだったが、ベルキャニオンをハナ差制して久々の勝利。これで波に乗り、G3関屋記念は好位から伸びて2つ目の重賞勝ち。G3富士Sでも3番手から抜け出し、マイルCSを狙うライバル達を抑えて重賞2連勝と快進撃を続けている。
鞍上が3戦3勝の戸崎騎手から手替わりになることは気になるが、今の充実ぶりから、勢いでG1も突破したい。

ロードクエスト

圧倒的な強さを見せた昨年のG3新潟2歳S。この内容からクラシックでも期待されたが、史上最強と謳われた今年の3歳世代は甘くなく、G1皐月賞は8着、G1日本ダービーは11着と大敗している。
NHKマイルCで2着したことから、この秋はマイル戦線を選択。秋初戦のG3京成杯AHは、持ち前の末脚を発揮し快勝。富士Sで重賞2連勝の期待も高まったが、メンバー中2番目の上がり時計をマークしながら、展開に泣き9着に終わっている。
さすがに古馬のG1級を相手に追い込みで勝つのは難しいが、展開さえ向けば、直線で大逆転の場面も見えてくる。
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。