2016年10月10日(月)

11R

2016年10月10日(月) | 4回京都3日 | 15:35発走

第51回京都大賞典(GII)

芝・右・外 2400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6700、2700、1700、1000、670万円 | レコードが出たレース

アドマイヤデウス

日経新春杯、日経賞とG2を2連勝したのは4歳時。G1も望める位置にいたのだが、天皇賞・春で惨敗すると急降下。なぜか外枠ばかり引く不運も重なり、苦戦が続いた。
ようやく復調気配が見えてきたのはG2京都記念。勝ち馬サトノクラウンに離されたものの久々に掲示板に載る3着に入線。続くG2阪神大賞典でも3着に入り、今度こそと臨んだG1天皇賞・春だったが、大きな見せ場も無く9着に終わった。
京都大賞典は、以前勝った日経新春杯と同じ舞台。久々の勝利を掴み、進撃開始だ。

キタサンブラック

血統的に距離不安を囁かれていた菊花賞を見事に制し、暮れのG1有馬記念でも3着と好走。古馬になった今年は、更なる飛躍が期待された。
これに応えたのが天皇賞・春。3番手でしっかり折り合い、直線を向いて抜け出すと、人気薄のカレンミロティックの抵抗を受けたが、これをハナ差制し2つ目のG1を獲得した。宝塚記念はタイム差無しの3着と惜敗したが、先行馬が崩れる展開を逃げての好走だから、価値はかなり高い。
この秋は、G1を勝った京都で復帰。ドゥラメンテ引退後の日本競馬を引っ張る立場として、G1前哨戦でも負けられない。

サウンズオブアース

3歳秋に素質が開花し、一昨年の菊花賞でトーホウジャッカルの2着。昨年の有馬記念では、ゴールドアクターに急接近してクビ差の2着。今年は、惜しくも逃しているG1が当然の目標だっただろうが、天皇賞・春は15着。その前の年も大敗しており、どうも相性が悪いようだ。
G1で惜しいレースをしているほどの馬だが、実は重賞未勝利。G1もいいが、まずは重賞タイトルが欲しいところだ。昨年の京都大賞典は、ラブリーデイの2着。そもそも京都は、天皇賞以外の重賞では常に上位に来ており、ここで初タイトルを取って勢いをつけたい。

ヒットザターゲット

8歳となる古豪。ここ5戦中4戦で二桁着順の現実を見ると衰えが気になるが、うち3つがG1戦では仕方あるまい。3戦前のG2目黒記念では勝ち馬から少差の3着に来ているのだから、まだまだ力はある。
京都大賞典は3年前にゴールドシップやトーセンラーらG1馬を破って優勝。これを含め4つの重賞を勝っているが、うち3つは前走二桁着順からの臨戦過程で、近走不振でも見限ることはできない。
2400〜2500mのG2以下の重賞に限れば、近5走は4、1、4、1、3着と好走続き。内枠を引ければ大駆けの可能性はある。

ラストインパクト

重賞は3勝しているが、G1戦になると掲示板には載るものの、なかなか馬券圏内に入れなかった。このイメージを払拭したのが昨年のジャパンC。道中は内をピッタリ回り、直線も最内を強襲。1番人気のラブリーデイを捉え勝利も一瞬見えたが、外から伸びて来たショウナンパンドラにクビ差だけ負け、悔しい2着となった。
その後は国内こそ不振だが、ドバイシーマクラシックでは、世界のトップクラスであるポストボンド、国内最強ドゥラメンテに続く3着に入り、改めて高い能力をアピールした。
秋の目標は、昨年惜敗したジャパンCだが、まずは前哨戦でライバルを倒しておきたい。

ラブリーデイ

記憶に新しい昨年の快進撃。年明けから重賞2連勝し、3000m超のレースで連敗したが、その後は鳴尾記念、宝塚記念、京都大賞典、天皇賞・秋と4連勝。結局G1を2つを含む重賞6勝と充実した一年だった。
それに比べると、今年は海外G1も含め3戦が全て4着と着順は悪くないが、この馬の力を考えると少々物足りない。
京都大賞典は、先にも書いたように昨年は快勝。3F32秒3という猛烈な上がり時計をマークしたように、高速上がりの出やすい開幕週の京都は合う。久々の勝利で、天皇賞連覇に繋げていきたい。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。