IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2016年1月17日(日)

11R

2016年1月17日(日) | 1回京都6日 | 15:45発走

第63回日経新春杯(GII)

芝・右・外 2400m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)[指定] ハンデ | 本賞金:5700、2300、1400、860、570万円 | レコードが出たレース

アドマイヤフライト

4歳時の冬に500万〜1600万を3連勝した頃は勢いも内容もあり、重賞勝ちは時間の問題と見られていたが、オープンクラスに入ってからは頭打ちの感が強い。ただG2日経新春杯だけは相性が良く、一昨年はサトノノブレスにクビ差の2着、昨年もアドマイヤデウスからコンマ2秒差の3着と善戦している。
日経新春杯3着後は重賞で2戦惨敗。夏は2600mのオープン特別を2戦し、丹頂Sでは勝ち馬に離されたものの2着に入っている。今回は丹頂S以来の競馬となるが、昨年の3着も夏の札幌記念以来の競馬だったので、臨戦過程は似ている。京都コースはG1天皇賞・春以外は全て3着以内に来ており、人気薄でも侮れない。

サトノノブレス

一昨年の日経新春杯の覇者。同年にはG3小倉記念も勝ちG1も望む存在だったが、その後はG2金鯱賞2着があるものの二桁着順も多く、不本意な競馬が続いた。
休養明けを一戦叩いてようやく上向いてきており、G2アルゼンチン共和国杯は58キロのトップハンデを背負って4着、金鯱賞も勝ち馬のミトラからコンマ2秒差の3着と連続で好結果。積極性のある和田騎手が手綱をとり、好位置で競馬を進める形にしたのも良かったのだろう。
今回もハンデが気になるものの、日経新春杯勝ちの他、菊花賞2着と京都は得意なコース。久々の重賞勝ちで、改めてG1を狙う位置につけたい。

シュヴァルグラン

半姉にG1ヴィクトリアマイル2勝のヴィルシーナがいる良血。
デビュー当初はトモが弱く、スタートダッシュが効かずに後方からという競馬が多かった。それもキャリアを積む毎に解消し、休養を挟んで迎えた夏は馬がガラリ一変。休養明けの500万こそ強豪アルバートに敗れたが、2戦目は楽勝。京都芝2400mの1000万下戦も2分24秒8の好タイムで快勝した。そして1600万オリオンSはスローペースを後方から進め、3Fのレース上がりを1秒以上凌ぐ速い時計で差し切り、力の違いを見せつけた。
明け4歳馬のホープと目され、春の天皇賞候補にも挙がる馬。54キロのハンデも味方し、今の勢いと3連勝の内容から、G2の壁も難なく突破できる。

ダコール

安定した末脚で掲示板には載るものの、なかなか重賞を勝てないまま迎えた7歳の春。待ちに待った重賞タイトル獲得が訪れたのは、G3新潟大賞典。いつもは後方で脚を溜める戦法が多いのだが、このときは中団に位置。最初に脚を使った分、終いの切れ味が鈍る不安もあったが、直線では3F32秒9の脚を使って馬群から抜け出し、ナカヤマナイト以下に快勝。馬も見事だが、鞍上小牧騎手の腕も光った一戦だった。
昨秋は天皇賞・秋で初めてG1挑戦をしたが、さすがに力負けしている。明けて8歳となったが、まだまだ元気いっぱい。日経新春杯は2年連続出走し10、5着だが、新潟大賞典のように早めに動ければ、もっと上位も狙える。

ダービーフィズ

1000万クラスでモタモタした時期もあったが、5歳になって成長。G3函館記念では内から進出し、最後はハギノハイブリッドと一騎打ち。これをアタマ差制し、兄姉に続くきょうだい3頭目の重賞ウイナーに輝いた。函館記念はハンデ戦で54キロと斤量面で有利だったが、続くG2札幌記念は別定戦で57キロ。それでも勝ったディサイファから時計差無しの3着に入り、秋のG1を視野に入れた。
しかしG1は天皇賞・秋15着、ジャパンC9着、有馬記念14着と厚い壁に阻まれた。再度G1にチャレンジするには、ワンランク成長が必要。そのためにもG2の日経新春杯はしっかり結果を残したい。

プロモントーリオ

5歳になってオープン入りし、G2目黒記念では3着入線。これからというときに故障してしまい、1年以上の長期休養を余儀なくされた。
復帰戦となった1600万オルフェーヴルMは約1年4か月ぶりの一戦。息持ちが心配されたが、4コーナー後方の位置から直線で猛襲し、33秒5の高速上がりで瞬く間に差し切り。長期休養の不利を覆す内容に、評価は一気に高まった。この結果からアルゼンチン共和国杯は2番人気。しかし重馬場の影響か前走の反動か、直線で動けず7着に終わっている。
間隔を開けた今回は前走より不安も解消。今の京都は時計が出るので、2走前の再現も可能だ。

レーヴミストラル

G1馬レーヴディソールをはじめ兄姉6頭全てがオープンクラス経験馬という良血。
3戦目の未勝利戦から500万アザレア賞、そしてG2青葉賞と3連勝。G1ダービーでも4番人気に推されたが、ここは9着に終わっている。
成長途上の部分が残っており、秋は無理に菊花賞に間に合わせず、アルゼンチン共和国杯を選択。メンバー最速上がりで3着に入線している。一叩きされた金鯱賞では2番人気に支持されたが、スローペースに惑わされ、ここでも最速上がりを出しながら前との差がなかなか詰まらず8着に終わっている。
まだまだ伸びしろを残しており、古馬になって更なる成長があるのは間違いない。距離延長の今回は巻き返しのチャンスだ。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。