IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2016年12月3日(土)

11R

2016年12月3日(土) | 5回中山1日 | 15:25発走

第50回スポーツニッポン賞ステイヤーズステークス(GII)

芝・右・内2周 3600m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(特指) 別定 | 本賞金:6200、2500、1600、930、620万円 | レコードが出たレース

アルバート

昨年のG2ステイヤーズSは、500万、1000万、1600万と3連勝し勢いをつけての臨戦で、単勝は1番人気。レースも度胆を抜く内容で、直線だけで後続に5馬身差をつける圧勝を演じた。更に勢いを増してG1有馬記念に臨んだが、前走の反動もあったのか11着と大敗している。
今年は春に2戦し4、6着と目立たぬまま終了。反攻を期す秋は、休養明けのG2アルゼンチン共和国杯でシュヴァルグランの2着。馬群から抜け出してきた脚は迫力十分で、好調時に戻ったと見て良かろう。
ジャパンC出走もあったが、回避して昨年勝ったステイヤーズSへ矛先を変更。当然勝ちに来た一戦で、勝ち負け必至だ。

カムフィー

もともと長距離戦では成績を残していたが、条件馬の身で出走した昨年のG3ダイヤモンドSで3着と健闘し、改めてスタミナ戦での適性の高さを感じさせた。
その後、適距離の少ない1600万では勝ち上がることができずにいたが、ステイヤーズSで再度存在感をアピール。アルバートにはちぎられたが、しぶとく脚を伸ばして2着を確保し、オープン入りを果たした。3000m超のレースに強いことから今年のダイヤモンドSでも期待は高まったが、重い馬場に苦しみ大敗している。
天皇賞秋を叩き、今回は狙い打った一戦。得意のスタミナ戦で、馬場が良ければ昨年に続く好戦も期待できる。

ジャングルクルーズ

長く500万クラスに低迷していたが、5歳になって成長。6歳になり、約半年ぶりだった1600万特別を勝利すると、G1ジャパンCに挑戦。いきなりの強豪を相手に17番人気は仕方のない評価だったが、内を突いてスルスル伸び4着に入線と、大健闘の結果を残した。
それを考えると春の2戦は物足りない走りだが、札幌日経オープン、丹頂Sはともに3着と復調の兆しを見せている。
3000m超のレースは初めてだが、2600mに距離延長した近2戦の内容や、長く脚を使えるレースぶりから、プラスに働く可能性は高い。ジャパンCの結果を考えれば、G2でも格負けはしない。

タマモベストプレイ

3歳時にG3きさらぎ賞勝ち。その後3年以上重賞勝ちは無く、勝ち星そのものも2年前のオープン丹頂Sから遠ざかっている。
それでもスタミナを生かし、先行してしぶとく粘る競馬は健在で、今年のG2阪神大賞典でも4着に入線。その後もメトロポリタンSではモンドインテロの少差2着、丹頂Sでも2着と、軽いメンバーが相手なら十分好走は可能だ。
ステイヤーズSはG2にしては手薄なメンバー。コーナーの多い中山3600mで、先行力を生かしたい。

ファタモルガーナ

勝ち星こそ4年以上遠ざかっているが、この間に重賞で3着以内に入ったのは6回。特にステイヤーズSは3度出走し、2年前と4年前に2着と好走。昨年は7着と崩れたが、半年ぶりの休養明けが響いたのだろう。
叩いて迎えたダイヤモンドSでは3着に入線。天皇賞春でもG1クラスの馬を相手にキタサンブラックからコンマ5秒差と、相変わらずスタミナレースには強い。
京都大賞典を叩き、秋2戦目がステイヤーズSなら昨年のようなことは無いはず。中山3600mへの適性はメンバー中1番と思われ、久々の勝利をここで決めたい。

プロモントーリオ

4歳時にG2目黒記念で勝ち馬と同タイムの3着に入り、本格化を思わせたところで故障し、長期休養を余儀なくされた。
昨年秋に復帰し、1年4か月ぶりのレースとなった1600万オルフェーヴルメモリアルでは直線一気の差し切りと、条件戦では力が違うところを見せつけた。この結果からアルゼンチン共和国杯では2番人気に推されたが7着。その後2戦も上位人気だったが、6、11着と力を発揮できていない。
今回は8か月ぶりのレースとなるが、オルフェーヴルMの結果を考えれば、久々でも大丈夫。能力を出し切ることができれば、上位争いも可能だ。

モンドインテロ

休みが多く順調に使えない時期もあったが、素質は早くから評価されており、2連勝後に出走した今年のダイヤモンドSでも3番人気に支持されたが、ここは6着に終わっている。
重賞では苦戦したが、オープン特別はメトロポリタンS、札幌日経オープンと順当に勝利。アルゼンチン共和国杯では1番人気に推されたが、馬場の悪い内に進路を取る形になり、ゴール寸前に外を通った馬に差され4着。結果は残念だったが、着順以上に内容は良かった。
前走に比べれば相手が楽になった今回。今度こそ初重賞制覇といきたい。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。