IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2016年9月25日(日)

11R

2016年9月25日(日) | 4回中山6日 | 15:45発走

第62回産経賞オールカマー(GII)

芝・右・外 2200m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6700、2700、1700、1000、670万円 | レコードが出たレース

カレンミロティック

初めて重賞を勝ったのは5歳時のG2金鯱賞。あれから3年経ち8歳となったが、未だ衰えは見えない。健在をアピールしたのはG1春の天皇賞。近3戦が掲示板にも載れず、13番人気も仕方のない状況だったが、レースではいつものような積極策で3番手を追走。内を回ってコースロスを防ぎ直線へ向くと、逃げたキタサンブラックに並びかけ一騎打ち。惜しくもハナ差競り負けて2着も、3着以下を寄せ付けなかった。
この秋はオーストラリア遠征を予定しており、ここは叩き台のイメージも強いが、先行できる強みがあり、ペースが落ち着けば久々の重賞勝ちも見えてくる。

クリールカイザー

G2オールカマーには2年前に出走し、少差の3着に入線。この頃にピークを迎え、以降はG2アルゼンチン共和国杯2着、G2ステイヤーズS3着、そしてG2アメリカJCCで初めて重賞タイトルを勝ち取っている。
約1年の長い休養の後、今年の4月にオープン特別メトロポリタンSで復帰。好調時の走りに戻っていないが、前走のG3七夕賞は先行馬が崩れていく中、4コーナー2番手から5着に粘っており、徐々に復調が窺える。
オールカマーの舞台である中山芝2200m戦は、G2勝ちを含め6戦2勝2着2回と相性が良く、チャンスの場だ。

ゴールドアクター

昨年のグランプリホースが始動する。その昨年は1000万クラスからスタート。約8か月ぶりだった洞爺湖特別を勝つと、1600万オクトーバーS、アルゼンチン共和国杯と3連勝。勢いをつけてG1有馬記念に臨む。一気の相手強化で8番人気の評価だったが、好位で巧みにレースを進め直線で抜け出すと、サウンズオブアースの追撃をクビ差抑え、頂点に登りつめた。
今年はG2日経賞から始動して楽勝。天皇賞・春では1番人気に推されたが、12着大敗と久々に苦杯を舐めた。
前走から、どこまで立て直せたか。G1への前哨戦だが、復調を確認するためにも重要な一戦である。

サトノノブレス

G1菊花賞で2着、年が明けてG2日経新春杯を勝ち、夏にはG3小倉記念勝ちと3歳秋から4歳時は活躍が目立ったが、5歳になって成績が急降下。すでにピークが過ぎたかに思えたが、6歳になって復調。G3中日新聞杯で久々の勝利を掴むと、G3鳴尾記念はレコード勝ちと完全復活をアピールした。ただG1では天皇賞・春11着、宝塚記念8着と力負け。現状はG2、G3で勝負の馬と見てよさそうだ。
オールカマーは近2年も出走し16、10着と分が悪いが、過去勝った重賞が2000〜2400mなので、距離が合わないわけではあるまい。安定した近況から、今年は上位進出も見込める。

ツクバアズマオー

キャリアを積んで少しずつ力をつけ、5歳になった今年に素質が開花。4月の1600万湾岸Sで条件クラスを卒業すると、格上げ初戦のオープン巴賞で3着。3歳時のG3京成杯以来の重賞挑戦となるG3函館記念に挑む。レースは中団から徐々に進出し、直線で先行勢を捉えるも3着まで。ただ1、2着馬が内を回ったのに対し、こちらは外目をまわっており、着順以上に善戦と言える内容だった。
中山2000〜2200mは近5戦に絞れば3勝2着2回と安定しており、G2でも十分勝機はある。

マリアライト

重賞未勝利の身で挑戦した昨秋のG1エリザベス女王杯。単勝15.2倍とダークホース的な存在だったが、早めに抜け出して有力馬を封じ込め、見事G1馬の座に輝いた。
当時は重い馬場の恩恵で勝てたという見方も多く、G1有馬記念も12番人気に甘んじたが、見せ場を作っての4着で、ようやく高い評価を得られるようになった。
今年は更に飛躍し、G1宝塚記念では3コーナーから動き出すと、末脚が最後まで衰えず、最強馬ドゥラメンテ、春の天皇賞馬キタサンブラックを抑え2つ目のG1を獲得した。
その2つのG1勝ちが2200m戦なのだから、今回の舞台で主役は譲れない。

ワンアンドオンリー

2年前のダービー馬も、最近は苦戦が続いている。昨年はG1ドバイシーマクラシックで3着はあるものの、他の5戦は掲示板にすら載れず。今年はG2京都記念で6着、昨年に続いて挑戦したドバイシーマクラシックでは、2着ドゥラメンテ、3着ラストインパクトらに続いて5着に入り復活の兆しも見られたが、G1宝塚記念では14着と大崩れしてしまった。
なかなか成績が上がってこないが、近走は先行する競馬を見せており、馬自身は以前よりも走る気が出てきているように感じられる。ダービー馬の復活を誰もが望んでいるのだが…。
Yahoo! toto

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。