2016年3月6日(日)

11R

2016年3月6日(日) | 2回中山4日 | 15:45発走

第53回報知杯弥生賞(GII)

芝・右 2000m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際)(指定) 馬齢 | 本賞金:5400、2200、1400、810、540万円 | レコードが出たレース

アドマイヤエイカン

夏の函館でデビューし、逃げて楽勝。2戦目のG3札幌2歳Sは後方からレースを進め、3コーナーから外をまわって進出。最後は後のG3京成杯勝ち馬プロフェットとの一騎打ちをハナ差制し2連勝を飾った。
秋はG3京都2歳Sから始動し、スローペースで展開に恵まれなかったが3着入線。一叩きされたG2ホープフルSでは期待が高まったが、伸びきれずに5着に終わった。そして前走のオープンすみれSも、中団につけたものの直線失速し9着と大敗を喫している。
今回は連闘での出走。前走が能力通り走っていないので、疲れも無いという判断であろう。クラシックへ向けて上昇のきっかけを掴みたい。

エアスピネル

9月の阪神でデビュー。好位でレースを進めると、直線で鮮やかに抜け出し快勝。阪神マイルの勝ち時計1分34秒5は、このコースの新馬戦のレコードだった。続くG2デイリー杯2歳Sは重賞勝ち馬シュウジに人気こそ譲ったものの、レースは独壇場。2着以下に3馬身半差をつける圧勝で、G1朝日杯FSに向かう。
鞍上武豊騎手の全G1制覇もかかり圧倒的人気。レースでも中団から楽に抜け出し3連勝も決まったかに見えたが、そこへリオンディーズが強襲し、まさかの2着に終わった。
初めての2000mとなるが、母、祖母ともにG1オークスで2着と距離延長は大丈夫。クラシック前に、リオンディーズに借りを返しておきたい。

タイセイサミット

初勝利まで3戦かかったが、重馬場の京都芝1800mで1分49秒6の時計は評価できる。G3東京スポーツ杯2歳Sは、直線の勝負どころで勝ち馬スマートオーディンに寄られる致命的な不利を受け6着。G1朝日杯FSでも直線不利を被る7着と運に見放される結果が続いた。
自己条件に戻した500万寒竹賞では、これ以上の不利は勘弁と後方から大外を回る横綱相撲。加速ラップで前をつかまえるには難しいレースだったが、それでもシュペルミエールをクビ差捉え2勝目となった。
今回はかなり厳しい相手だが、自慢の末脚で上位に食い込みたい。

マカヒキ

デビュー前から調教で目立った時計を出し注目を集めていたが、その評判通りだった新馬戦。中団から楽々抜け出し、最後は抑える余裕で11秒1-11秒2の高速ラップをマーク。京都芝1800mの勝ち時計1分47秒7も速く、大器誕生の予感をさせた。
その後、鼻出血により休養。久々となったオープン若駒Sは、1000m通過が1分3秒台のスローペースだったが、落ち着いて中団を追走し、3F32秒6という驚異の末脚で突き抜け、改めて大物ぶりを見せつけた。
全姉が短距離路線で活躍するウリウリで距離を心配する声もあるが、弟のマカヒキは折り合いがつくので現状は距離も大丈夫。朝日杯組を倒せば、クラシック戴冠は目の前だ

モーゼス

全兄にG1のNHKマイルCなど重賞を5勝しているカレンブラックヒル、G3ユニコーンSを勝ったレッドアルヴィスがいる良血で、セレクトセールでは1億800万円(税込)の高額で取引された。
新馬戦は芝1400mで、2番手追走から逃げた馬をゴール寸前に捉えデビュー勝ち。2戦目の京王杯2歳Sでは4番人気に支持されたが、先行できずに12着と大敗している。以降2戦も大敗が続いたが、前走の500万下では果敢に逃げて、勝ち馬からコンマ1秒差の3着と調子は上向きだ。
ここまで1600m以下のレースを使われており、距離延長に相手強化と厳しい局面だが、思い切った逃げで見せ場をつくりたい。

リオンディーズ

衝撃はデビュー戦から始まっていた。道中かかり気味でスタミナ切れが心配されたが、馬のほうは全く応えることなく11秒1-11秒0の高速ラップを外から楽々差し切り、桁外れの競馬を披露。
この内容から朝日杯FSでも2番人気に推された。とはいえ相手はG2を圧勝しているエアスピネル。どこまで善戦できるかがポイントだったが、終わってみれば全く逆。残り1〜2Fに10秒台が出た厳しい上がり勝負を、最後方からの追い込み勝ち。その大物ぶりに、レース後にはクラシックどころか3冠の声すら挙がった。
半兄にはエピファネイアがおり伸びしろは十分。ハイレベル世代最強の力を、トライアルから見せつける。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。