2016年2月28日(日)

11R

2016年2月28日(日) | 2回中山2日 | 15:45発走

第90回中山記念(GII)

芝・右 1800m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)[指定] 別定 | 本賞金:6200、2500、1600、930、620万円 | レコードが出たレース

アンビシャス

デビューから2連勝し、G3共同通信杯ではリアルスティール、ドゥラメンテの3着と善戦。オープンのプリンシパルSを勝ちダービー出走権利を得たが、距離適性から回避しG3ラジオNIKKKEI賞を選択。しっかり勝利している。
秋は菊花賞路線ではなく中距離路線へ。G2毎日王冠は2番人気に推されたが6着、続くG1天皇賞・秋は勝ち馬からコンマ2秒差まで迫ったが5着に終わっている。
中距離ならG1も狙える力を持っているが、秋2戦に見られたように折り合い難が上位進出の壁になっている。今回はコーナー4つのレースで、うまく折り合えれば上位争いに食い込んでくる。

イスラボニータ

一昨年のG1皐月賞馬だが一時は伸び悩み、昨年のG2中山記念も5着と人気を裏切った。しかし昨秋になってスランプから脱出。7番人気にまで落ちたG2毎日王冠で3着に入ると、天皇賞・秋でも不利な16番枠にもめげず3着に入線。この2戦が評価されG1マイルCSでは1番人気に支持され、久々のG1勝利も見えていた。だがスタートで後手を踏み、直線で馬群の中から伸びてきたものの、先に抜け出していたモーリス、フィエロに及ばず3着まで。スタートが良ければ、と悔やまれる一戦だった。
2年ぶりのG1も見えて来た今年、G2で後輩4歳馬に負けていられない。

ドゥラメンテ

誰もが認める国内最強馬が、中山記念で待望の復帰戦を迎える。
衝撃は昨年の皐月賞。4コーナーをまわったときは内目をまわっていたが、直線に入ると大きく寄れて瞬間移動で大外へ。ここで態勢を立て直すと、他が止まって見えるほどの猛烈な脚で、勝利をほぼ手中にしていたリアルスティールを差し切り。度胆を抜く勝ちっぷりで一冠目を制した。続くG1ダービーは道中もスムーズに進み、他馬を相手にせず好タイムで楽勝し2冠制覇。秋は3冠か凱旋門賞かと楽しみが膨らんだが、骨折が判明して休養。中山記念はダービー以来のレースとなる。
陣営は8分のデキと話しているが、これをカバーして余りある力を持っており、恥ずかしいレースにはなるまい。

フルーキー

3歳時のG1菊花賞で6着。勝ち馬は同厩のエピファネイアだったが、この結果は距離適性の差もあり、厩舎周辺ではフルーキーも重賞を勝てる器と高い評価を得ていた。
そんな期待からかレースでは常に上位人気だったが、なかなか重賞を勝てず、気がつけば菊花賞から2年が経っていた。それでも期待感は失っておらず、G3チャレンジCも1番人気。手応え良く直線を迎えたものの、狭いところに入り万事休すと思われたが、鞍上のデムーロ騎手が強引に狭いところを突いて抜け出し、待望の初重賞タイトルを獲得した。重賞2連勝を狙った中山金杯は超スローに泣かされ3着も、完全に脚を余しており、内容は濃い。本格化を迎え、更なる活躍が見込まれる。

ラストインパクト

冬にG3小倉大賞典、秋にはG2京都大賞典、G2金鯱賞連勝と大活躍した4歳時に比べると、5歳になった昨年は物足りない結果が多かったが、G1ジャパンCで奮起。鞍上のムーア騎手が最内に進路を選択すると、これに馬も応えて脚を伸ばし上位に接近。ショウナンパンドラにクビ差先着を許したものの2着を確保し、まだまだ健在であることをアピールした。有馬記念はスローペースに嵌り12着だが、勝ち馬からコンマ6秒差なら大敗とは言えず、好調を維持して6歳を迎えた。
1800mは勝った小倉大賞典以来の距離。うまくレースの流れに乗れれば上位も望める。

リアルスティール

新馬一戦のキャリアで共同通信杯の出走は、相手にドゥラメンテもおり常識的に勝つのは厳しい状況。これを乗りこえてしまうのが、この馬の高い資質だ。ゴール前で断然人気のドゥラメンテを鮮やかに差し切り。当時は、この馬こそがクラシック候補の筆頭だった。
しかし皐月賞は勝利が見えた瞬間、ドゥラメンテの豪脚に遭い2着。ダービーは直線で伸びを欠き4着に終わった。ドゥラメンテ不在の秋は主役のはずが、G1菊花賞はキタサンブラックに最内を突かれ2着と、ここでもG1戴冠はならなった。
ポテンシャルは間違いなくG1級の馬。ライバルのドゥラメンテが故障明けだけに、まずは中山記念をしっかり制し、今度こそ主役を奪いたい。

ロゴタイプ

G1皐月賞を制したのは、もう3年前。そこまでにG1朝日杯FSを含む5勝もしたというのに、以降は未勝利。昨秋もG3富士Sで58キロを背負い3着で上昇を感じさせたが、マイルCSでは見せ場もなく9着で終えている。
ただG1を2勝した中山コースでは好レースを見せており、昨年のG3中山金杯でも58キロを背負って、ラブリーデイのレコードタイムの2着と好走。昨年の中山記念もヌーヴォレコルトにクビ差の2着と勝利に近づいている。
昨年を遥かに超える豪華メンバーの今年は厳しいかもしれないが、コース適性の利を生かし、一発決めたい。
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。