IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2016年10月15日(土)

11R

2016年10月15日(土) | 4回東京4日 | 15:45発走

第64回府中牝馬ステークス(GII)

芝・左 1800m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際) 牝 (指定) 別定 | 本賞金:5500、2200、1400、830、550万円 | レコードが出たレース

アスカビレン

2歳時は3戦2勝で牝馬クラシックも視野に入れる位置にいたが、エルフィンSで大敗すると、その後も芳しい結果は残せず、桜花賞、オークスは出走ならなかった。
秋になって1000万夕月特別を勝ちG1秋華賞に歩を進めると、勝ち馬ミッキークイーンからコンマ3秒差の7着と健闘した。
1600万は3戦したが勝ち上がることができず4歳夏に降級。1000万三田特別は、重賞で好走実績のあるダノンメジャーやバイガエシもおり厳しい相手だったが、これらを一蹴。すると1600万博多Sも連勝し、初めてオープンクラスに上がって来た。この勢いで、重賞タイトルを勝ちとりたい。

カフェブリリアント

堀厩舎に移籍してから素質開花し、4歳の冬から5歳の春にかけて1000万、1600万、G2阪神牝馬Sと3連勝している。この勢いでG1ヴィクトリアマイルも期待されたが5着敗退。ここから成績が崩れ、阪神牝馬S以降1年半以上勝ち星から遠ざかり、今年のヴィクトリアマイルも15着大敗と、昨年から大きく成績を落とした。
復調の気配を感じさせたのは、前走のG3京成杯AH。道中でしっかり脚を溜めると、久しぶりにこの馬らしい脚を見せ、ロードクエストの半馬身差2着に食い込んだ。
能力は足りており、折り合って脚を溜められれば、久しぶりの勝利も見えてくる。

クイーンズリング

G2フィリーズレビューを含めデビューから3連勝でG1桜花賞に臨み、レッツゴードンキの4着。秋華賞ではミッキークイーンを相手にクビ差まで迫る2着と、G1も目前の結果を残した。
古馬になって今年初戦のG3京都牝馬Sは、珍しく好位につける積極策を取ると、最後までしっかりした脚色でマジックタイム以下を抑え、2つ目の重賞を獲得している。期待されたヴィクトリアマイルは8着に終わったが、オープン米子Sは重い馬場に苦しみながら、何とか2着を確保する根性を見せた。
京都牝馬Sを勝ったように久々でも走るので、秋初戦から注目だ。

シャルール

2歳夏の札幌でデビューし、新馬戦を6馬身差の楽勝。この勝ちっぷりから早くもオークス候補の声が出るほどの存在だったが、その後は期待をはずす結果が続き、2勝目は1年以上たった昨年末だった。
久々の勝利で目覚めたか、ここから3連勝。G3福島牝馬Sでも2着に入り、ヴィクトリアマイルに挑戦。初めてのG1のペースに戸惑ったのか、自分の競馬ができずシンガリ負けしている。
そんな大敗直後になるG3クイーンSで1番人気に推されるあたりが、この馬への期待の表れ。結果はアタマ差2着も、すぐに巻き返してきた。東京コース向きの末脚も持っており、今度こそ重賞初制覇を決めたい。

シュンドルボン

古馬になって急成長し、昨年の夏から秋にかけて3連勝。重賞初挑戦がG1となったエリザベス女王杯でも勝ち馬マリアライトからコンマ2秒差の7着と、着順以上に健闘した。
2戦後のG3中山牝馬Sでは、断然人気のルージュバックをマークして進出すると、これを捻じ伏せるようにクビ差制し、初重賞制覇を飾った。その後ヴィクトリアマイルは距離が短すぎたか9着。G3マーメイドSは1番人気を裏切る4着だが、勝ち馬からコンマ1秒差と内容は悪くない。
1800m戦は現在4連勝中。ベスト距離の重賞はしっかり勝っておきたい。

スマートレイアー

ここまでG1勝ちこそないものの重賞を3勝し、G1も秋華賞で2着の実績がある。今年に入り積極策に出てからの充実ぶりは目覚ましく、G3東京新聞杯は牡馬を相手に楽々逃げ切り。阪神牝馬Sでも先手を取ると、ミッキークイーンの追撃をクビ差抑え重賞2連勝と、最高の形でヴィクトリアマイルを迎える。
レースは前半3Fラップが33秒8のハイペース。この流れに苦しみ先行勢が崩れていく中、スマートレイアーだけはよく粘ったのだが、ストレイトガールらG1馬3頭の追撃を抑えられず4着。馬券圏内ははずしたが、展開や相手を考えると、内容の濃い一戦だった。
前走に比べると相手も弱化。昨年は2着だが、今年は頭(1着)を取るチャンスだ。

マジックタイム

後方で脚を溜め、直線で勝負をかけるスタイルだったが、最近は中団から進める競馬も多くなり、レースに幅が出てきた。これが大きかったか結果も上昇し、1月に1600万節分Sを勝ち条件クラスを卒業すると、すぐにG3京都牝馬Sでクイーンズリングの2着。続くG3ダービー卿CTでは、直後にG1安田記念を勝つロゴタイプを捉える金星を挙げている。
その後も超ハイレベルとなったヴィクトリアマイルで6着、G3関屋記念も3着と好調を維持。近走内容から、今回も大崩れは考えにくい。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。