sportsnavi

2016年5月15日(日)

11R

2016年5月15日(日) | 2回東京8日 | 15:40発走

第11回ヴィクトリアマイル(GI)

芝・左 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際) 牝 (指定) 定量 | 本賞金:9300、3700、2300、1400、930万円 |

クイーンズリング

新馬、500万、G2フィリーズレビューとデビューから3連勝し、昨年の春はクラシック候補のトップクラスに挙げられた一頭。結局桜花賞、オークスは芳しい結果を残せなかったが、秋のG1秋華賞ではミッキークイーンをクビ差まで追い詰める2着と、改めて高い資質を認識させた。
距離が延びたG1エリザベス女王杯は8着も、時計差はコンマ3秒。距離短縮したG3京都牝馬Sでは、いつもより前に位置して抜け出すと、マジックタイムの猛襲をクビ差凌いで2つ目の重賞タイトルを獲得している。
1400mの重賞を2勝しているが、レースぶりからマイルでもいいタイプ。秋華賞の結果からも、G1で見劣ることは無い。

ショウナンパンドラ

3歳時にG1秋華賞を制しているが、この馬が本格化したのは4歳の秋。夏のG1宝塚記念でも3着に来ていたが、休養を挟んだ秋初戦のG2オールカマーでは、大外から豪快に差し切り。G1天皇賞・秋でも最速上がりで4着に入線し、迎えたのがG1ジャパンC。1番人気のラブリーデイが先に抜け出したところを、外から強襲。最内から伸びたラストインパクトをクビ差抑え、見事栄冠に輝いた。
その後は有馬記念を目指すも、不安が出て回避。今年初戦のG2大阪杯では、ハイレベルの4歳牡馬を相手に3着と上々のスタートを切った。
マイルは短いという声もあるが、もはや距離云々を問う存在ではあるまい。

ストレイトガール

短距離界のトップクラスに位置し、G1高松宮記念、G1スプリンターズSでは常に上位人気に支持されたが、なかなか勝利は掴めない。悔しい思いの中、矛先を向けたのが昨年のG1ヴィクトリアマイル。一昨年も3着とはいえ、イメージは短距離馬。高松宮記念大敗直後で5番人気と、この馬には珍しい低評価だったが、これを覆す走りを見せ好位から鋭く伸びて快勝。これで勢いづいたか、秋にはG1スプリンターズSも勝利している。
2つのG1を手土産に繁殖入りの話もあったが、撤回して戦線復帰。初戦の阪神牝馬Sは大敗したが、得意のヴィクトリアマイルを迎え、まだまだ見限れない。

スマートレイアー

かつては折り合いをつけるために後方からの競馬に徹していたが、キャリアを積むにつれ不安も解消。昨年夏のオープン米子Sでは、これまでとは一変の先行策を取ると、難なく勝利している。
G2府中牝馬Sでも、以前より前めの中団から進めて2着に入線。今年に入ると更に積極性が増し、G3東京新聞杯ではデビュー以来初めて先手を取ると、後続を寄せ付けず逃げ切り。続く阪神牝馬Sでも逃げの手に出ると、追い込むミッキークイーンをクビ差抑え、重賞2連勝している。
過去2年ヴィクトリアマイルは大敗しているが、それは追い込み時代。馬が変わり、結果も大きく変わりそうだ。

マジックタイム

以前はG1オークス候補にも挙がった期待馬だが、なかなか結果が残せず、いつしか条件クラスにいるのが当たり前の存在となっていた。
ただ5か月の休養で馬が変わったか、久々だった昨秋の1000万下をいきなり快勝すると、格上げ2戦目に1600万クラスも卒業。オークス以来の重賞挑戦となったG3京都牝馬Sでは、中団から鋭く伸びてクイーンズリングに迫る2着と、早くもオープンクラスで結果を残した。G3ダービー卿CTは牡馬が相手と状況は厳しくなったが、ここでも中団から鮮やかに進出し、皐月賞馬ロゴタイプを差し切り、初タイトルを獲得した。
ますます勢いをつけてのG1挑戦。東京コースに変わるのもプラスだ。

ミッキークイーン

G1桜花賞こそ抽選で出走できなかったが、オークスは豪快な大外強襲で、ルージュバック以下に快勝。秋華賞ではいつもより早めに仕掛けたが難なく対応し、牝馬2冠を達成している。
ジャパンC8着後はしっかり休んで秋の疲れをとり、阪神牝馬Sで復帰。直線で狭いところに入り苦しんだが、道をみつけると瞬時に伸び、スマートレイアーに並びかけたところがゴール。結果は少差2着もスムーズなら勝っていた内容で、復帰初戦としては上々の滑り出しとなった。
久々にマイル戦を経験したことも大きく、一叩きの効果もあり、3つ目のG1戴冠は目の前にある。

ルージュバック

新馬、500万、G3きさらぎ賞と3連勝し、クラシックはもちろん、過去の歴史的名牝たちに並ぶ器とまで評価された昨春。しかし断然人気の桜花賞では全く見せ場も無く惨敗。オークスで巻き返しを期したが、ミッキークイーンの強襲の前に惜しくも2着に終わった。
秋はG1エリザベス女王杯で4着も、G1有馬記念は10着。G1ばかりのレースから解放され、久々にG3の中山牝馬Sで勝利が期待されたが、トップハンデと落鉄の影響もあったか2着に敗れている。
なかなか結果が残せず歯痒いレースが続いているが、能力は間違いなく高いものを持っている馬。G1の大舞台でもヒケはとらない。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。