sportsnavi

2015年4月11日(土)

11R

2015年4月11日(土) | 2回阪神5日 | 15:35発走

第58回サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(GII)

芝・右 1400m | 天気:晴 | 馬場:稍重 | サラ系4歳以上 | オープン (国際) 牝 (指定) 別定 | 本賞金:5300、2100、1300、800、530万円 |

ウリウリ

昨年の今頃は京都牝馬Sで初重賞制覇し、阪神牝馬Sでもスマートレイアーのハナ差2着と絶好調。この勢いでG1ヴィクトリアマイル制覇といきたかったが、16着と大敗に終わっている。
昨秋の府中牝馬Sで復帰し、阪神Cでは勝ち馬リアルインパクトからコンマ2秒差の4着に善戦。前走の京都牝馬Sでは2連覇を目指したが、いつもの瞬発力が見られず5着と物足りない結果になってしまった。
最近は中団から競馬を進める形が多くなっているが、結果が良かった頃は、後方待機から目の覚めるような脚を使っていた。後方で脚を溜める競馬に徹すれば、得意の瞬発力が蘇るかもしれない。

スマートレイアー

昨年の阪神牝馬Sは、4コーナーでは最後方という絶望的な位置から大外を強襲。上がり33秒3の末脚で他馬を飲み込んだ。
衝撃度の高い勝ちっぷりに、G1のヴィクトリアマイルでは1番人気。直線の長い東京なら更に切れ味が増すと見られたが、まさかの不発に終わり8着。その後クイーンS、府中牝馬Sでもしっかり伸びているのだが、惜しくも勝利に届かない競馬が続いた。
ここ2戦も後方から差は詰めているのだが掲示板には載れず。斬れ味は素晴らしいのだが、どうも長い脚に欠けるようだ。昨年勝った舞台で、勝利の味を思い出したい。

ダンスアミーガ

昨夏の新潟で急成長。1000万の五頭連峰特別、1600万の長岡Sと好タイムで2連勝している。オープンクラスに入ってからは勝ち星こそ無いものの内容は上々で、ポートアイランドSでは勝ち馬からコンマ2秒差の5着。前走の洛陽Sでは、先行した2頭が1、2着する展開を、中団から差を詰めて4着まで押し上げている。
最近はマイル戦ばかり走っているが、1400mでも4戦2勝とスピード競馬にも十分対応できる。3戦連続で上がり3F33秒前半の時計をマークしたことがあるように、瞬発力ではメンバー中でも上位に入る馬。ここまで重賞で好走例は無いものの、成長した今なら劣ることは無いはずだ。

ハナズゴール

3歳時にはチューリップ賞で、ジェンティルドンナらを蹴散らし圧倒的な強さを見せた。当然桜花賞は有力視されたが、アクシデントで回避は不運だった。その後は、3歳から4歳にかけて2連勝し、一昨年の阪神牝馬Sでは1番人気に推されたが4着に敗れている。
昨年春はオーストラリアに遠征し、G1のオールエイジドSで勝利。ただ、この一戦の後は不振が続いており、香港遠征も2連敗。日本に戻ってオープン特別2戦も大敗を喫しているが、どうも本調子に戻り切っていなかったようで、近走成績を能力の衰えと見るのは早計だ。復活なれば、この相手でも力は上位だ。

ホエールキャプチャ

2歳時から常に牝馬戦線のトップクラスで活躍。気が付けば、もう7歳。G1のヴィクトリアマイルを勝ったのも3年前で、そろそろ引退の声が聞こえてきても良さそうなものだが、レースを見る限り、まだまだ若い馬には負けていない。昨年も牡馬相手の東京新聞杯を快勝。札幌記念ではハープスター、ゴールドシップに続く3着に入線し健在をアピールした。
ここ3年1、2、4着と毎年好勝負しているヴィクトリアマイルが最大目標で、ここは叩き台のイメージが強い。それでも前走の阪神Cは、今回と同じ阪神芝1400mコースで、勝ち馬リアルインパクトからコンマ3秒差の5着と好走しており、ノーマークは危険だ。

メイショウマンボ

3歳時はオークス、秋華賞、エリザベス女王杯とG1を3勝。飛ぶ鳥を落とす勢いで、もはや牝馬に敵無しの勢いだった。
昨春もヴィクトリアマイルで2着に入っており、古馬になって更なる活躍が期待されたのだが、この後の4戦が全て二桁着順と大きく崩れてしまった。宝塚記念や有馬記念は一流牡馬相手で仕方がない面もあったが、牝馬相手のエリザベス女王杯で12着の大敗は気になるところだ。
最近は中距離以上のレースばかりで、いきなりの1400mに不安もあるが、このコースはフィリーズレビューで勝った舞台。久々のスピード競馬を体感することで、良かった頃の走りを取り戻したい。

レッドリヴェール

極悪馬場の札幌2歳Sを勝ち、阪神JFではハープスターを倒し、最優秀2歳牝馬の栄誉に輝いた。桜花賞では再度ハープスターを苦しめたが、ゴール寸前に差し切られ2着。この後はダービーに挑戦したが、マイナス8キロの馬体重も響いたか12着に終わった。
昨秋は、ハープスター不在の3歳牝馬路線で主役を担うと思われたが、ローズS、秋華賞ともに人気を裏切り6着。エリザベス女王杯も16着と、昨春までの輝きを失っている。
今回は初めての1400m。これまでの競馬を見るとスピードタイプとは思えず、距離に対応できるか。まずは休養期間中にどれだけ馬体が成長したか確認したい。
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。