sportsnavi

2015年11月22日(日)

11R

2015年11月22日(日) | 5回京都6日 | 15:40発走

第32回マイルチャンピオンシップ(GI)

芝・右・外 1600m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:10000、4000、2500、1500、1000万円 | レコードが出たレース

アルビアーノ

新馬、500万、フラワーCとデビューから3連勝。きついローテーションを嫌ってG1桜花賞を回避し、G1NHKマイルCへ向かうと、2番手から粘り込み2着と善戦。牡馬相手のG1で結果を残した。JRAのクラシックを使わなかったからというわけでも無いだろうが、南関東牝馬クラシックの交流G2関東オークスに挑戦。ダートが合わないのか、距離が長かったのか不明だが、4着と沈んだ。
秋は京成杯AHから復帰し1番人気も7着。この日は先行馬には極めて不利な馬場で、7着も勝ち馬からコンマ1秒差なら悪くない。そして前走のG2スワンSは、相手強化の上に道中待機策とハラハラさせる競馬だったが、しっかり差し切りを決めた。
脚質に幅が広がったことは大きく、新たなマイルのヒロイン誕生の予感もある。

イスラボニータ

昨年の皐月賞馬も、今年の春はG2中山記念で5着に敗れると、トモの不安もあって休養し、いつしか周囲の評価も下がり気味だった。
G2毎日王冠の7番人気は、前年の天皇賞・秋で1番人気に推された身としては屈辱の現実。その前評判を覆し、見せ場を作って3着に入線した。天皇賞・秋では不利な16番枠を引いたこともあるが、またしても6番人気と微妙な評価。枠の影響もあって後方からの競馬となったが、直線では外から脚を伸ばし、勝ち馬ラブリーデイに迫る3着。ペースを考えれば上々の内容で、完全復活したと見て良かろう。
久々のマイル戦となるが、元々マイル向きと評されていたこともある馬。最終調教の動きも絶好で、2つ目のG1を戴きたい。

サトノアラジン

デビュー戦勝利時は凱旋門賞遠征も期待された大器だが、その後は伸び悩み未だ重賞未勝利。折り合い難が出世を遅らせていたが、そこを考慮してマイル戦線に主戦場を変えると、春の1600万春興Sで、中山では出色の3F32秒7の上がりタイムで快勝。続くオープンのモンゴル大統領賞も好タイムで楽勝している。G3のエプソムCも、エイシンヒカリにクビ差の2着と接戦。秋はG3富士Sから復帰し、ダノンプラチナのクビ差2着とどうも勝ち運が無いが、どれも重賞勝ちに等しい内容で、実績は他馬に劣っても能力は全くヒケを取らない。
折り合えば強烈な瞬発力を発揮するので、京都のマイルも合うはず。エリザベス女王杯のマリアライト同様、初重賞をG1で飾りたい。

ダノンシャーク

若い頃は高い安定感が持ち味だったが、年齢を重ねていくうちに大敗も増え、少しずつ衰えを感じさせていたのが6歳の昨秋。G3富士Sも1番人気7着と期待を裏切り、G1のマイルCSは8番人気。前6戦のうち5戦が1番人気だから、一気の人気低下だが、ここで大逆襲を見せる。中団で脚を溜めると、直線では岩田騎手得意の最内強襲。フィエロが抜け出し勝利態勢に入ったところを並びかけ写真判定に持ち込むと、わずかにハナ差だけ前に出て、悲願のG1ウイナーに輝いた。
7歳になった秋も衰えは見せず、毎日王冠では58キロを背負いながら4着と好走している。富士S7着からの昨年に比べると、今年のほうが臨戦過程は上。安定感は無くなったが、一発勝負型に変貌し、今年も不気味な存在だ。

フィエロ

未だ重賞未勝利だが、持っているポテンシャルはG1級の馬と比較しても劣らない。昨年のマイルCSでも、ダノンシャークにハナ差負けしたものの、内容は勝利同然のもの。一つ違えば、この時点でG1ウイナーに輝いていた。
今年はG2マイラーズCから始動し、勝ち馬からクビ、クビ差の3着。マイルとは思えぬ超スローペースを後方から進め、上がり3F32秒5の強烈な脚を繰り出してのものだから、まさに負けて強しの内容。G1安田記念も4着と好走し、秋初戦のスワンSも上がり最速の2着と、勝利こそないものの内容は全て上々のものだ。
勝ち運に恵まれていないが、その鬱憤を晴らすには絶好の舞台。積極的に勝ちに出るであろう今回が最高の狙い目だ。

モーリス

桁外れの強さだった新馬戦が何だったのかと言いたくなるほど2戦目以降は期待外れのレースも多かったが、3歳後半を休養に充て、関西から関東の堀厩舎に移籍すると馬が一変。1000万若潮賞は、デビュー時を思い起こさせる強さで圧勝。すると1600万、オープン特別と連勝し、G3ダービー卿CTでは、後方から追い込んだ挙句に3馬身半差の圧勝。最後の2Fは11秒7-10秒9と、中山では驚愕の超加速ラップを出されては、他馬は手も足も出ない。
G1安田記念は、さすがに相手も違い楽勝とまでは行かなかったが、好位から抜け出し、ヴァンセンヌの強襲をクビ差抑え、4連勝でG1馬に駆けあがった。
秋は毎日王冠から復帰予定も背腰の不安で回避し、マイルCSはブッツケ。背腰の不安は無くなったようだが、1週前段階では馬体が太かったので、当日どこまで仕上がっているかパドックや馬体重で判断したい。

レッツゴードンキ

新馬勝ち後、重賞4戦で3、2、2、3着と惜敗。ただ勝ちに等しい内容も多く、クラシックへ向け、他の有力馬と遜色ない実力は見せていた。迎えたG1桜花賞は折り合いを懸念して、馬の後ろで控える競馬を示唆していたが、他が行かないと見て鞍上は咄嗟に逃げを選択。するとしっかり折り合い、テンの3Fは37秒1、5Fは62秒5の記録的スローペースを刻む。ここでしっかり脚を溜め後半に放出すると、上がり3Fは33秒5をマーク。逃げ馬にこの脚を出されたら後続はたまらず、終わってみれば5馬身差の圧勝劇だった。
うまくいったのはここまで。その後距離延長すると折り合い難がモロに影響し、G1オークス、G1秋華賞は大敗している。
マイルに距離短縮するのは大きなプラスで、今後はマイル以下の短距離路線が活躍の場となろう。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。