sportsnavi

2015年11月15日(日)

11R

2015年11月15日(日) | 5回京都4日 | 15:40発走

第40回エリザベス女王杯(GI)

芝・右・外 2200m | 天気:晴 | 馬場:稍重 | サラ系3歳以上 | オープン (国際) 牝 (指定) 定量 | 本賞金:9000、3600、2300、1400、900万円 | レコードが出たレース

クイーンズリング

新馬、500万菜の花賞と2連勝。G2フィリーズレビューも直線一気で差し切り、デビューから無敗の3連勝でクラシックに突入したが、G1桜花賞は4着、G1オークスは9着で春は終えている。
秋初戦のG2ローズSは5着だったが、ハイペースを好位追走してのもので、着順以上の好内容。本番のG1秋華賞では、前走とは一転中団やや後方からの競馬。ゴール前は最速上がりで伸び上位に接近したが、オークス馬ミッキークイーンにクビ差及ばず2着に惜敗した。
一時減っていた馬体も復調気配で、心身共に成長がみられる。輸送に弱い面がありそうで、トレセンから近い京都でのレースも好材料だ。

スマートレイアー

3歳春のクラシックはデビューが遅かったため間に合わなかったが、秋になった秋華賞で2着。4歳になると、オープンの大阪城S、G2阪神牝馬S連勝と快進撃。このままG1まで突っ走るかに思えたが、G1ヴィクトリマイルでは1番人気を裏切り8着に敗れると、その後も連敗が続いた。
それまでは折り合いを考え、後方で脚を溜める競馬だったが、2戦前のオープン米子SでMデムーロ騎手に乗り替わり戦法が一変。好位から抜け出して久々の勝利を得ると、G2府中牝馬Sでも中団から抜け出して2着に入った。
使える脚が短いので乗り難しいが、折り合いの不安が解消し、好位置を取れるようになったのは大きい。昨年エリザベス女王杯10着時とは馬が違う。

タッチングスピーチ

牧場で育成されていた頃は、同世代の牝馬では1、2の評判だったが、デビュー当初は苦戦の連続。オープンの忘れな草賞でも8着に敗れ、期待外れの春だった。
早めに休養に入れたのが良かったか、この間に馬は成長。復帰戦となった8月の500万戦は、直線の短い札幌コースを、4コーナー13番手からごぼう抜きで追い込み勝ち。相手が一気に強化されたローズSでは、さすがに7番人気のダークホース的な扱いだったが、ここでも4コーナー15番手から大外強襲。オークス馬ミッキークイーンを抑えて勝利し、期待の評判馬がいよいよ覚醒した。
秋華賞は6着に終わったが、距離も直線も長くなる今回のほうがチャンスは大きい。

ヌーヴォレコルト

昨年のオークスでは、ハープスターを破る大殊勲。ハープスター不在の昨秋は、牝馬戦線の主役を担ったが、秋華賞、エリザベス女王杯はともに2着。だが内容は悪くなく、今年も牝馬戦線の中心として期待された。これに応え、G2中山記念では皐月賞馬2頭を破り好スタートを切ったが、ヴィクトリアマイルは断然人気を裏切り6着。G1宝塚記念も3番人気に推されたが5着と、もう一つの結果に終わった。
名誉挽回を期す秋はG2オールカマーから始動し2着も、昨年の秋華賞に続きショウナンパンドラに差される悔しい結果となった。その天敵も、2冠のミッキークイーンも不在のここは再度主役の立場。もう2着は要らない。オークス以来のG1戴冠を果たしたい。

フーラブライド

元はダートで走っていたが、主戦場を芝に変えて変身し、500万、1000万、G3愛知杯と3連勝。2戦後にはG3中山牝馬Sも制し、急上昇で牝馬のトップクラスの一角に食い込んできた。ただ牝馬戦線には適性に見合ったレースが少なく、長距離を目指して今春はG2阪神大賞典、G1天皇賞・春に挑戦したが、さすがに牡馬の一線級相手で厳しいレースが続いた。
そんな同馬にとって、牝馬唯一の2200m戦になるエリザベス女王杯は、最高の狙いどころ。昨年のエリザベス女王杯も4着と好走し、京都2400mの日経新春杯では牡馬相手に、ここ2年3、2着していることからも、大駆けの条件は整っている。

ラキシス

体質の弱さから本格化は遅かったが、3歳秋になって急成長を遂げ、一昨年のエリザベス女王杯はメイショウマンボの2着。そして昨年は1番人気のヌーヴォレコルトを破り、初重賞をG1で飾った。
G1有馬記念も見せ場をつくっての6着。そしてG2大阪杯は、タフな不良馬場に、牡馬のG1クラスが相手と厳しい状況。それでも直線で豪快に馬群から突き抜けると、並びかけて来たダービー馬キズナを再度突き放す強い内容で快勝した。この内容から牡馬相手でもやれるはずだが、ここ3戦は大阪杯の反動もあったか、人気を下回る成績が続いている。
エリザベス女王杯は、ここ2年2、1着の舞台。馬体を絞って、終いの脚も以前に戻りつつあり、2連覇の可能性は十分ある。

ルージュバック

新潟の新馬戦では、終い2F10秒7-10秒8の高速ラップのレースを差し切り。500万百日草特別では、後の重賞ウイナーのベルーフ、ミュゼエイリアンを子供扱い。G3きさらぎ賞でも牡馬を一蹴し、牡馬クラシックでも好勝負できるとの評価もあった。しかし牝馬同士の桜花賞は、まさかの9着。調子を落としオークスは回避の噂もあったが、何とか間に合わせて2着に入るあたりは、高い能力の証だ。
夏はG3札幌記念に出走予定だったが、2度の熱発もあって回避。秋華賞を目指すが、ここも間に合わずエリザベス女王杯が復帰戦となる。体質が弱いところは変わっておらず、能力が高いものの仕上がりに疑問は残る。果たして、不安を覆したオークスのように上位入線なるか。
Yahoo! toto
Yahoo! toto

スポーツナビ+ ブログ

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。