IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2015年10月25日(日)

11R

2015年10月25日(日) | 4回京都7日 | 15:40発走

第76回菊花賞(GI)

芝・右・外 3000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:11200、4500、2800、1700、1120万円 | レコードが出たレース

サトノラーゼン

デビューから初勝利まで5戦、2勝目は8戦目と時間はかかったが、この2勝目の勝ち方が、これまでの詰めの甘さを払拭する内容で、急成長を感じさせた。すると京都新聞杯も好位から抜け出して勝利し、いざダービーへ。1番枠を引く幸運に恵まれると、鞍上の岩田騎手が枠通りに内を衝いて抜け出し、ドゥラメンテの2着と健闘した。
この秋はドゥラメンテ不在のため、菊花賞候補として期待されたが、セントライト記念ではいきなり1番人気を裏切る7着。デビューから10戦全てが3着以内だっただけに不安を感じさせるが、本番を意識して折り合いに専念し、仕掛けを遅らせたことが敗因。この一戦で評価を下げる必要はない。再度内枠を引き、ダービーの再現も期待できる。

タンタアレグリア

不器用さが目立ち、能力的に勝てるレースでも惜敗というケースが多かった。だが距離を延ばすことで真価が発揮され、2200mの500万大寒桜賞を快勝すると、G2青葉賞でも2着に入り、ダービー出走切符を手にした。
迎えた大一番は、17番手と後方の位置取り。切れる脚が無いため絶望的な位置だったが、直線では脚を伸ばし7着まで押し上げた。敗れたものの、最後に見せた3F34秒1は、勝ち馬ドゥラメンテの上がりタイムとはコンマ2秒差。懸念された切れ味不足は解消してきたようだ。
セントライト記念6着は、スローペースで大外をまわってのもので、内容そのものは悪くない。スタミナ豊富で、3000mへの距離延長は望むところ。思い切って坂の下りから仕掛ければ、大きな見せ場もつくれよう。

キタサンブラック

デビューから3連勝でG2スプリングSを逃げ切り。G1皐月賞ではドゥラメンテ、リアルスティールに屈したものの3着に粘り、改めて高い資質を感じさせた。ただダービーでは果敢に先行したが直線で失速し14着と完敗に終わった。
秋初戦はG2セントライト記念から。スローペースを好位で追走し、4コーナーでは先頭。ここから粘りに粘り、2つ目の重賞タイトルを獲得した。
次なる路線が注目されたが、2000mのG1天皇賞・秋では無く、3000mの菊花賞を選択。ダービー惨敗から距離の不安もちらつくが、あの時は大外枠とデビューから休みが無かったことで、疲れの影響もあったように思える。皐月賞の内容から、マイペースで行ければ3000mでもばかにできない存在だ。

ベルーフ

デビューから4戦3勝で、G3の京成杯も制覇。順調に見えたが、馬自身は心身ともに若さが目立ち、皐月賞では12着大敗。その後は軽いアクシデントもあり、将来を考えてダービーは回避した。
秋へ向けて始動は早く、8月のG3小倉記念で復帰。初の古馬オープンクラスが相手で楽な状況では無かったが、直線でしっかり伸びて2着を確保。プラス16キロの馬体重も含め、成長が窺える一戦だった。セントライト記念は5着に敗れたが、道中の折り合いも取れていて、菊花賞へ向けていい叩き台となった。
一族にはステイゴールド、ドリームパスポート、フェイムゲームと京都の長距離G1で結果を出した馬が多く、菊花賞は待ちに待った舞台だ。

アルバートドック

3歳になって急成長を見せ、休養明けの500万ゆきやなぎ賞を快勝。G3毎日杯でも少差の4着に入っている。続くG2京都新聞杯で2着に入ればG1ダービー出走の可能性もあったが、ポルトドートウィユにハナ差の3着で賞金を積むことができず。ダービー前日のオープン白百合Sの出走となった。終いの2Fが11秒5-11秒0と加速するラップで差し馬には厳しい流れだったが、これを中団から差し切る強い内容。ダービーに出られれば、と思わせる末脚だった。
その無念を晴らす舞台がG1菊花賞。前哨戦となったG2神戸新聞杯は7着に敗れたが、スローペースに泣かされたもので悲観する結果ではない。京都新聞杯、白百合Sから京都コースのほうが適性も合っており、一発の可能性は秘めている。

リアルスティール

新馬戦を豪快な勝ち方で勝利。この一戦で高い評価を得ると、強気に2戦目はG2共同通信杯に出走。ここで今世代最強と評されていたドゥラメンテを破り、大きく株を上げた。しかしクラシックに入ると、皐月賞は、勝利が見えた瞬間にドゥラメンテに捕まり2着。逆転を期したダービーは、ドゥラメンテはおろかサトノラーゼン、サトノクラウンにも及ばず4着に終わった。
神戸新聞杯2着で、秋は順調にスタート。ドゥラメンテ不在の菊花賞は今度こそG1獲りのチャンス。問題があるとすれば距離か。皐月賞、ダービーともに折り合い難とまでは行かないものの、ハミを噛んで力んでいる感じも見えた。リラックスして走ることができれば、3000mも怖くはない。

リアファル

ダート交流G1勝ち馬クリソライトの半弟という背景もあり、当初はダートを主戦にしていたが、7月の1600万マレーシアCで初めて芝のレースに出走。その不利もおかまいなしでマローブルー、アズマシャトルといった重賞実績のある古馬を一蹴した。ただ、このときは中京で重馬場とパワー型向きの馬場。ダート馬と見なされていた同馬には有利という見方があった。
一変、神戸新聞杯は良馬場で、決め手も必要な阪神2400mコース。真価を問われる一戦となったが、ここも前走同様逃げると、直線では34秒1の脚で、リアルスティールを寄せ付けず快勝。これで評価も定まったはずだ。
スタミナは十分で、終いの脚もあるから逃げなくても大丈夫。メンバー一番の勢いで、あっさりG1戴冠も難しくはあるまい。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。