2015年12月6日(日)

11R

2015年12月6日(日) | 4回中京2日 | 15:30発走

第16回チャンピオンズカップ(GI)

ダート・左 1800m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:9400、3800、2400、1400、940万円 |

ノンコノユメ

近走4連勝しているが、どれも極上の内容ばかり。オープンの青竜Sは、メンバー唯一の上がり34秒台の末脚で差し切ると、G3ユニコーンSは、4コーナー14番手から怒涛の追い込みで前をごぼう抜き。上がり3Fの時計は、他の馬より1秒以上も速い凄まじさだった。その切れ味は距離延長でも衰えず、大井2000mの交流G1ジャパンダートダービーも、楽々差し切った。
だが前走のG3武蔵野Sは、初めての古馬相手で58キロの斤量。前が止まりにくい稍重馬場もあって苦戦も予想されたが、ここでも上がり3Fが他馬を1秒以上上回る末脚で差し切り。ポテンシャルは、どこが天井か未だ測り知れない。
この勢いでチャンピオンズCも制すれば、来年はこの馬がダート戦線の主役に君臨することになろう。

サウンドトゥルー

かつては追い込み一辺倒で、最後は必ずいい脚で伸びてくるものの2、3着までという競馬が多く、なかなか上級クラスに上がることができなかった。今年に入って1000万、1600万特別を連勝しようやくオープンクラスに上がるも、当初は上位に迫るのは難しく、7月のオープン特別ジュライCを勝ったものの完全な前崩れで展開に恵まれた感もあった。
しかし日本テレビ盃では、変身した姿を見せた。いつもの直線一気とは違い、中団から早めに動くと、クリソライト、コパノリッキーを楽々捉えて快勝。するとJBCクラシックでも中団から伸びて2着し、ホッコータルマエに先着した。
年が明けると6歳になるベテランだが、機動力が増し、今が旬である。

ナムラビクター

重賞勝ちこそG3アンタレスSの一つしかないが、常にダート戦線で上位の活躍を見せ、昨年のチャンピオンズCでは8番人気の低評価ながら、ホッコータルマエの半馬身差2着に食い込み、存在感をアピールした。
今年は東海Sでいきなり大敗したが、その後はアンタレスS3着、G3平安Sで4着。秋初戦は、58キロを背負いながらG3シリウスSで3着と、勝利こそ掴めていないものの好戦を続けている。
調教と結果が結びつかず、なかなか調子を掴みにくい馬だが、昨年のチャンピオンズCのように人気が落ちた時に怖いタイプ。ここは相手も揃って支持が下がりそうだが、こんなときこそ狙い目だ。

コパノリッキー

昨年のG1フェブラリーSでは、16番人気の最低人気ながら、ホッコータルマエ以下を下し快勝。このレースを含めG1レースを5勝し、ホッコータルマエとともにダート戦を引っ張る存在である。
この秋も、骨折休養明けの交流G2日本テレビ盃こそ3着に敗れたが、一叩きされたJBCクラシックでは、直線入り口で早くも独走状態になり、2着のサウンドトゥルーに2馬身半差をつける楽勝。ライバルのホッコータルマエ(3着)を寄せ付けなかった。
昨年のチャンピオンズCは12着と惨敗したが、スタートで遅れ先行できなかったもので参考外。2戦後、同コースのG3東海Sを楽勝しており、中京コースへの不安もない。自分の競馬ができれば、上位争いは間違いない。

ローマンレジェンド

3歳時に2連勝の後、一つ2着を挟んで今度は6連勝。この勢いで臨んだチャンピオンズCの前身ジャパンCダートは4着に終わるも、直後の東京大賞典で初G1勝ち。この間11戦9勝の成績で、誰もが新たなダートチャンピオン誕生を感じたはずだ。
しかし、その後の約3年の成績は12戦1勝で、勝ったのはG3のエルムSのみ。快進撃時がウソのように、1勝を勝ち取ることに苦労している。ただ内容自体は悪いものでは無く、昨年のチャンピオンズCも、大きな見せ場をつくっての3着。秋初戦のG3みやこSも、58キロを背負いながら勝ち馬ロワジャルダンから頭、クビ差の3着と接戦を演じている。
走りに衰えは見られず、昨年以上の結果を期待したい。

ホッコータルマエ

4歳の春に交流G1かしわ記念、交流G1帝王賞を含め、重賞5連勝。この頃から約2年半、ダート戦線のトップの地位を維持し続けている。
昨年のチャンピオンズCでは、2番手から抜け出し快勝。意外なことに、これが初のJRAのG1勝ちだった。その後東京大賞典、川崎記念と交流G1を連勝すると、フェブラリーSでは無く、世界最高賞金のドバイワールドCへ矛先を向ける。結果は勝ち馬からは離された5着も、前年の16着から大きな前進を見せた。
国内に戻って交流G1帝王賞を勝ち、秋初戦のJBCクラシックは3着。ただ昨年も同レース4着からチャンピオンズC優勝に繋げているので、この敗戦は心配ない。
新たなダート王を窺う新星も出てきたが、まだまだ主役は譲れない。

ロワジャルダン

皐月賞馬キャプテントゥーレやケンタッキーダービーに挑戦したスキーキャプテンなど、活躍馬が多数出ている社台F屈指の良血一族。その期待に応え、1番人気で新馬を快勝し、以降休養もあって本格化は遅くなったが、キャリアを積むにつれ順調に成長の過程を遂げている。
夏には1000万、1600万特別を連勝。休養明けのブラジルCは4着と敗れたが、一叩きされて迎えたG3みやこSは、後方で脚を溜めて直線を向くと、狭い内を強襲。これが見事に決まって初重賞制覇を果たし、堂々G1に乗り込む。
ここまで1700〜1800mの距離だけなら6戦5勝2着1回と、ほぼパーフェクトの戦績。1800mの今回も当然期待は高くなる。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。