2015年12月5日(土)

11R

2015年12月5日(土) | 4回中京1日 | 15:35発走

第51回金鯱賞(GII)

芝・左 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(特指) 別定 | 本賞金:6000、2400、1500、900、600万円 |

クラレント

3歳時から6歳時まで、4年連続で重賞勝ち(6勝)している。昨年末から重賞3戦が14、6、10着で、6歳になり衰えも感じさせたが、G1の安田記念は12番人気の低評価に反発し、モーリスからコンマ2秒差の3着と善戦。G1は、NHKマイルC以来全て二桁着順と格負けしていたが、この結果からもまだまだ衰えは無いことを認識させられた。
休養明けのG2毎日王冠8着で始まった今秋も、G1天皇賞・秋では積極的に逃げ、見せ場をつくっての6着と健闘している。
前走内容からも中距離は大丈夫。相手弱化のG2戦で、5年連続の重賞勝ちを果たしたい。

サトノノブレス

一昨年のG1菊花賞で2着、昨年はG2日経新春杯、G3小倉記念と重賞を2勝し、G1を望む勢いだったが、今年は苦戦の連続。G2日経新春杯、休養明けのG3オールカマーと二桁着順が続いた。そこで陣営は、アルゼンチン共和国杯でブリンカーを着用。この効果が大きかったのか行きっぷりも良く好位を追走。結果は4着も、58キロのトップハンデを考えれば、スランプ脱出に繋がるレースだったと言える。
昨年の金鯱賞はラストインパクトがレコードタイムで勝ったが、そこから1馬身半差の2着。これを含め2000mは小倉記念勝ちなど、5戦して4戦が馬券圏内に入っている得意の距離。そろそろ巻き返してもいい頃だ。

ディサイファ

天皇賞・秋では3番人気に推されながら8着と敗れたが、高い人気からも分かるように、ここへきて充実ぶりが目立っている。
天皇賞の4戦前はG3中日新聞杯を制し、G3エプソムCは3着。夏のG2札幌記念は、差し馬が台頭する中、2番手から粘り込んで優勝。G2毎日王冠ではエイシンヒカリに逃げ切りを許したものの、皐月賞馬イスラボニータを捉えて2着と、天皇賞以外は確実に脚を伸ばして上位に食い込んでいる。
今回の舞台は、3月に勝った中日新聞杯と同じコース。これを含めG2以下の重賞は11戦して8戦が馬券圏内と堅実である。天皇賞の疲れさえ無ければ、今年3つ目の重賞タイトルも狙える。

パッションダンス

3歳時に3連勝、4歳になってG3新潟大賞典で初重賞勝ち。その後の活躍が期待されたが、一番期待できた時期を故障で棒に振ったのは痛かった。それでも今年になってG3中山金杯、G3中日新聞杯は4着と上位に入線。夏のG3新潟記念は3番手から抜け出し、マイネルミラノとの一騎打ちを頭差制し、2年4か月ぶりの勝利を掴んだ。
今回はそれ以来のレースとなるが、一時は天皇賞・秋の出走を考えていたこともあり、仕上がりのほうは悪くない。
年が明ければ8歳になるが、2度の長期休養でキャリアは少なく馬は若い。この先もまだまだ活躍を見込める。

ベルーフ

G3京成杯勝ちまで4戦3勝。当然クラシック候補に挙がっていたが、心身ともに若さが目立ち、G1皐月賞12着後は不安が出たため無理せず、G1ダービーは断念している。
これが良かったか、古馬相手のG3小倉記念では馬体面で成長を見せ2着と好走し、目標の菊花賞へ向け順調な滑り出しを見せた。
G2セントライト記念を軽く叩き、迎えた菊花賞だったが、直線で前が壁になりスムーズに動けず、ようやく脚を使ったときにはゴール寸前で6着と、不本意な競馬になってしまった。脚を余したぶん疲れは無いようなので、状態は良好。前走の無念を晴らす一戦だ。

ミトラ

かつて東京の芝1400mで1分19秒6と秀逸のレコードタイムを出しており、A級短距離馬誕生の予感もあったが、オープンこそ勝つものの重賞では力が足りず頭打ち。そこで昨年の秋に新馬戦以来の中距離戦G3福島記念を使ったところ、あっさり勝利。続くG2アメリカJCCも2着に入り、以降は中距離戦線で活躍している。
この秋は初戦のG2オールカマーでいきなり3着し、前走の福島記念もトップハンデの57.5キロを背負いながら2着と安定感は抜群だ。
今回は斤量が56キロで、先行不在のメンバー構成も有利。開幕週の馬場を味方に、2つ目の重賞タイトルも目前だ。

レーヴミストラル

G1ウイナーのレーヴディソールをはじめ、兄姉6頭が全てオープンクラスを経験している超良血馬。ただこの馬自身は成長が遅く、晩成型のイメージも強かった。実際新馬戦は1番人気を裏切り4着だったが、そこは良血馬。3戦目に初勝利を収めると、500万アザレア賞、G2青葉賞と瞬く間に3連勝し、ダービーにも出走した。
この成長ぶりで菊花賞も期待されたが、陣営は将来を考え無理して間に合わせず、秋初戦はアルゼンチン共和国杯を選択。初めての古馬重賞の流れにも順応し、メンバー唯一の33秒台の末脚で3着に入線した。
年齢、キャリアそして血統からも、伸びしろはメンバー一番。叩いた効果もあり、今回はかなり有力な存在だ。
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。