sportsnavi

2015年12月27日(日)

10R

2015年12月27日(日) | 5回中山8日 | 15:25発走

第60回有馬記念(GI)

芝・右 2500m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:25000、10000、6300、3800、2500万円 | レコードが出たレース

ラブリーデイ

今年もっとも変身した馬といって良かろう。昨年までは重賞を一つも取れなかった馬が、今年に入って宝塚記念、天皇賞・秋の2つのG1を含む重賞6勝。宝塚記念では重い馬場(発表は良馬場)で勝ったかと思えば、G2京都大賞典では極端な瞬発力勝負を32秒3の切れ味で勝ったりと、多彩な持ち味が多くの勝利を生んでいる。
前走のジャパンCでは3着に敗れ連勝は4でストップしたが、人気馬らしく好位から早々先頭に立つ積極的な競馬。多くのライバルたちからマークされて、結果差されての3着なら内容は悪くない。
秋4戦目のローテーションに2500mの距離もプラス材料とはならないが、簡単に好位を取れるセンスと安定した末脚から、大崩れは考えにくい。

アルバート

条件クラスで苦戦していた頃がウソのような快進撃が、夏より始まる。8月末の500万戦では、来年のホープと目されるシュヴァルグラン(現在3連勝中)を一蹴。札幌芝2000mの勝ち時計が2分を切る速い時計で注目を集めると、1000万、1600万特別と危なげなく連勝。久々の重賞挑戦となったG2ステイヤーズSは、内を通ってスタミナのロスを防ぎ直線で馬群の外へ持ち出すと、矢のような伸びで他馬を抜き去り5馬身差の圧勝劇を演じた。
これで4連勝、しかもレースの格が上がるたびに強さを発揮していくあたりは、同厩のモーリスに似た部分もある。新たなスター誕生の予感。

ゴールドアクター

昨年の菊花賞で3着し今年の活躍が期待されていたが、極上の時計勝負となった反動か休養が長くなり、復帰は夏の1000万洞爺湖特別まで待った。ここを難なく楽勝すると、1600万オクトーバーSは格上げ初戦ながら57.5キロの斤量と厳しい状況も、全く応えず快勝した。
重馬場で行われたG2アルゼンチン共和国杯は断然人気。道中は3番手につけ直線を向いたが、2番手から抜け出したメイショウカドマツは無類の重上手。おかげでなかなか捉えられなかったが、ゴール寸前に底力を発揮し、しっかりアタマ差捉えた。苦しいレースを制したことは、この馬の更なる成長に繋がるはずだ。
一気のメンバー強化も、この馬の高い素質と勢いから、見劣ることは無い。

キタサンブラック

G2スプリングSまで無敗の3連勝。G1皐月賞でも見せ場をつくっての3着と、ここまでは文句なしの成績。大一番のダービーでも期待は高まったが、2番手からズルズル後退し14着と大敗した。
秋はG2セントライト記念勝ちと好スタートを切ったが、G1菊花賞は母父がサクラバクシンオーという血統とダービーの大敗から、3000mは持たないという見方も強かった。レースでは好位置の内を追走し理想的なレース運びで直線へ向くと、上位人気のリアルスティール、リアファルの追撃を抑え、菊花賞馬に輝いた。
3000mをこなしたが、それでも2500mへの距離短縮はプラスで、重賞2勝の中山コースも得意。G1連勝の機運は高まるばかりだ。

リアファル

ダート交流G1勝ち馬クリソライトの半弟という背景から当初はダートを中心に使われていたが、1600万マレーシアCで初芝のレースに使うと、直後にG3小倉記念を勝つアズマシャトルら好メンバーを相手に楽勝し、俄かに菊花賞候補として名が高まった。するとG2神戸新聞杯でも先手を取ると、直線でも全く脚が鈍ることなくリアルスティール以下を楽々切り捨てた。
この内容から菊花賞は1番人気に推されたが、不利な大外枠を引いた上に、道中かかり気味。無駄にスタミナをロスしながらも直線は粘り粘って抵抗したが、最後は3着と惜敗に終わった。負けたものの内容は勝ち馬以上との評価も多く、今回も上位人気は間違いない。好枠さえ引ければ、好勝負は必至だ。

ルージュバック

デビューから3連勝。G3きさらぎ賞を勝った時には、牡馬クラシック挑戦の噂も挙がったほどである。しかしG1桜花賞は流れに乗り切れず大敗。その後は体質の弱さからG1オークス出走も危ぶまれたが、規程ぎりぎりに美浦トレセンに戻り、レースでも2着と能力の高さを再認識させた。
秋こそは順調に迎えたかったが、G2札幌記念を熱発で回避すると、またしても体調を戻すのに苦労しG1エリザベス女王杯も急仕上げ。それでも見せ場をつくって少差の4着に来るのだから力はある。
今回は順調に来ており、仕上がりはここ2戦より遥かに上。53キロの斤量も味方し、大駆けの可能性はある。

ゴールドシップ

3歳時に皐月賞、菊花賞、有馬記念と3つのG1を制し、以降も毎年G1の勝利を重ね、長年にわたって日本の競馬界を引っ張って来た名馬も、この有馬記念が引退レースとなる。
キャリアを重ねる毎に難しいところを見せており、今年も苦手の京都コースで行われた天皇賞・春をようやく勝ったと思ったら、3連覇のかかった得意のG1宝塚記念で大出遅れの大敗。ムラっ気は相変わらずである。この秋はジャパンCから始動。ゲートが課題だったが、こちらはクリア。結果のほうは大敗だが、断然内有利の馬場を大外マクリでは仕方がない。
有馬記念は過去3年で1、3、3着と得意のレース。こんなデータを簡単に裏切るから怖いのだが、最後の最後だけに能力を出し切る競馬を見せてほしい。そうなれば結果は自ずとついてくるはずだ。
Yahoo! toto
Yahoo! toto

スポーツナビ+ ブログ

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。