2015年11月29日(日)

11R

2015年11月29日(日) | 5回東京9日 | 15:40発走

第35回ジャパンカップ(GI)

芝・左 2400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:30000、12000、7500、4500、3000万円 |

ラブリーデイ

高い資質を感じさせながら、昨年までは重賞未勝利。折り合い難が出世を阻んでいたが、この不安が徐々に解消されると、今年に入って成績も急上昇。G3中山金杯で初重賞勝ちをすると、G2京都記念と2連勝。3000m超の2戦は敗れたが、適距離に戻ってG3鳴尾記念に勝利。そして宝塚記念もデニムアンドルビーの強襲を抑え、G1ウイナーの座に登りつめた。
秋になっても勢いは止まらず、G2京都大賞典は32秒3の強烈な末脚で快勝。そして天皇賞・秋でも好位から抜け出し、難なく勝利を収めている。
これで今年に入り重賞6勝、うちG1が2勝とハイペースでタイトルを獲得している。レースセンス抜群で、且つ瞬発力もズバ抜けており、大崩れは考えられない。JCも最有力候補と見て良かろう。

ラストインパクト

昨年は重賞を3勝し、有馬記念では着順こそ7着もゴール寸前で不利があり、それで勝ち馬ジェンティルドンナからコンマ2秒差だから大健闘だった。
今年は未勝利だが、あまり得意とは言えない3000m超のレースで、阪神大賞典3着、天皇賞・春は4着と内容は悪くない。ただメンバーが弱化のG2札幌記念で6着、天皇賞・秋12着は物足りない。
ここ2戦がもう一つも、能力を考えたら、この成績がベストでないことは明らか。2400mは本格化前のG2青葉賞で3着し、昨年は京都大賞典を勝っているように得意の距離。そろそろ巻き返しがあってもいい頃だ。

サウンズオブアース

3歳の春はダービーこそ出走したものの物足りない面が残っていたが、秋になって一変。G2神戸新聞杯でダービー馬のワンアンドオンリーを苦しめる2着に入ると、G1菊花賞でもトーホウジャッカルの2着と、大きな成長を見せた。
古馬になった今年は更なる飛躍が期待されたが、1番人気に推された日経賞で4着に敗れると、天皇賞・春も9着と期待を裏切る結果となった。
秋になって、どこまで立て直されたか。そこを確かめるためにもG2京都大賞典は重要な一戦だったが、中団から抜け出してラブリーデイの2着と復活気配を見せた。
天皇賞・秋を使わずジャパンCまで待機したので、疲れも無く状態の心配はない。重賞初制覇を、G1の舞台で果たしたい。

ミッキークイーン

春のクラシック候補の中でもトップクラスの評価があったが、抽選漏れでG1桜花賞は無念の除外。鬱憤を晴らすべくG1オークスでは持ち前の末脚が爆発し、世代ナンバー1と評されていたルージュバックを並ぶ間もなく交わし、3歳牝馬の頂点に立った。
秋を迎え初戦のG2ローズSは叩き台の意味もあり100%仕上げでは無かったが、底力で2着に入線。本番のG1秋華賞は、内回りの京都コースを考慮し鞍上の浜中騎手が中団の位置を取りに行くと、馬も順応し馬群の中で脚を溜めて、直線で一気に突き抜け2冠目を奪取した。
オープンクラスに入ってからは初の牡馬との対戦で、しかも古馬相手のG1。ハードルは高くなったが、今の充実ぶりなら53キロの斤量を味方に好戦できる。

ゴールドシップ

ここまでG1を6勝の名馬が、タイ記録のJRA7つめのG1勝利を目指す。
この馬らしく今年も波乱の連続。得意の中山で行われたG2アメリカJCCは1.3倍の断然人気を裏切り7着惨敗。続くG2阪神大賞典は前走の大敗がウソのような楽勝で、同レース3連覇を達成。そして迎えた天皇賞・春は、苦手にしている京都コース。前2回も5、7着に敗れているが、鞍上が向正面で仕掛ける奇襲に馬もしっかり応えて勝利を収めている。
苦手を克服したのならベストコースのG1宝塚記念の3連覇はたやすいはずだが、今度は大出遅れで大敗と、6歳になっても掴みきれないところばかりである。
JCは一昨年に15着と大敗した苦手なレースだが、天皇賞・春同様自分から動いて上がりのかかるレースに持ち込めば、チャンスもある。

ショウナンパンドラ

昨年のG1秋華賞を勝つも、以降3戦は苦戦の連続。秋華賞はたまたま嵌っただけだったのか? そんな疑念を吹き飛ばしたのが宝塚記念。強豪牡馬陣を相手に3着に入線し、G1勝ちの実績がダテでは無いことを示した。
するとG2オールカマーでは、外から豪快に伸びてヌーヴォレコルト以下を一蹴。天皇賞・秋は不利な15番枠な上にスローペースを後方からとかなり厳しいレースになったが、オールカマー同様外から素晴らしい伸びを見せ、勝ち馬ラブリーデイからコンマ2秒差の4着まで接近。上がり3F33秒4はメンバー最速だった。
終いの破壊力はメンバー中1、2。折り合いに心配が無いので、東京2400mも問題ないはずだ。

アドマイヤデウス

3歳春より頭角を現し、オープンの若葉Sを勝ってG1皐月賞出走権利を獲得し、本番は9着。続くG1ダービーも7着と、ともに掲示板には載れなかったものの勝ち馬から大きな差は無く秋が期待されたが、故障で全休。復帰は年が明けたG2日経新春杯となった。
休養明けのうえに初めての古馬相手と状況は厳しかったが、中団から豪快に伸びて差し切り。3歳時に比べて大きな成長を見せた。するとG2日経賞も早めに抜け出して好タイムの快勝。重賞2連勝で堂々G1天皇賞・春に挑んだが、15着と惨敗した。その後再度、故障が判明して休養し、ブッツケとなった天皇賞・秋は不利な大外枠もあり11着でレースを終えている。
叩かれた効果と距離延長で前進は濃厚。重賞連勝期のデキに戻れば好戦できるはずだ。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。