sportsnavi

2015年10月17日(土)

11R

2015年10月17日(土) | 4回東京4日 | 15:45発走

第63回府中牝馬ステークス(GII)

芝・左 1800m | 天気:曇 | 馬場:稍重 | サラ系3歳以上 | オープン (国際) 牝 (指定) 別定 | 本賞金:5300、2100、1300、800、530万円 | レコードが出たレース

カフェブリリアント

モーリスが堀厩舎に移籍してから4連勝でG1馬に駆け上ったことで話題になったが、この馬も似たタイプ。以前の厩舎では8戦1勝だったが、堀厩舎に移籍するとすぐに勝利。その後3戦目に500万を勝つと、一戦を挟んで1000万、1600万と連勝。初めての重賞だったG2阪神牝馬Sでも好位から抜け出して快勝。移籍後1年も経たずに、最下級条件から重賞ウイナーにまで成長した。
G1のヴィクトリアマイルでも5着に入線。G3関屋記念では1番人気に推されたが、ここは7着。ただ勝ち馬からコンマ4秒しか負けていない。
今回は初めての1800mと距離に一抹の不安はあるが、以前の折り合い難が解消してきた今なら大丈夫か。距離さえもてば好勝負必至だ。

ケイアイエレガント

デビュー当初は後方から競馬をするレースが多かったが、徐々に前で競馬をするようになると、ゆっくりと成績も上昇。初めて逃げる形になった1600万節分Sで勝利すると、G3の福島牝馬Sでも逃げ切りで重賞勝ちを収めている。
その後3戦2、3番手で抑えた競馬をしたが結果を残せず。そこでG3京都牝馬Sでは思い切って逃げの手に出ると、ゴールデンナンバー以下をクビ差抑え2つ目の重賞タイトルを獲得。G1ヴィクトリアマイルでは、ミナレットが大逃げを打ったため、こちらは離れた2番手を進んだが、残り100mあたりでこれを交わし先頭。G1は目前だったが、ゴール寸前にストレイトガールに交わされ、惜しくも大魚を逃した。
とにかく逃げた時はしぶとく、ここも単騎なら逃げ切りもある。

シャトーブランシュ

3歳時にローズS2着の成績もあったが、その後オープンでは結果を残せず1000万に降級。すぐに勝ち上がり1600万クラスに上がると、なかなか勝てなかったものの、重賞にも挑戦し、G3愛知杯、G3中山牝馬Sでは上位に来ている。
そして迎えた前走のG3マーメイドSは、やはり1600万の身での格上挑戦。外回り向きのイメージが強いためか、内回りの同レースでは8番人気と低い評価だった。道中は後方で脚を溜め4コーナーでも15番手だったが、ここからエンジン全開。1番人気のマリアライトを一気に抜き去り、豪快な追い込み勝ちを演じた。残りの4Fが全て11秒台という厳しいラップを差し切ったのだから、これは本物。東京の長い直線で、再度豪脚を発揮したい。

スイートサルサ

早い時期から切れ味の鋭さには定評があったが、コースや展開に泣かされることも多く、鮮やかに勝つこともあれば、見せ場無く大敗もありと、なかなか成績は安定しなかった。
直線一気ではどうしても他力本願な競馬になりがち。そこでG3福島牝馬Sでは、スタート後こそ後方につけていたが、いつもと違い道中から脚を使って少しずつ進出し、4コーナーでは4番手。ここからしっかり脚を伸ばし、初タイトルを得た。ただ、その後2戦は直線一気に賭けたものの、見せ場は無く終わっている。
府中牝馬Sは2年前に3着したが、その時は4番手の好位から競馬をしている。直線の長いコースでは終い一辺倒の競馬が多いが、積極的な競馬なら馬券圏内も見えてくる。

スマートレイアー

デビューが遅く、3歳春のクラシックには間に合わなかったが、デビューから4戦3勝で秋の秋華賞には間に合い2着と好走している。3歳春にはオープン大阪城S、G2阪神牝馬Sと連勝し、ヴィクトリアマイルは1番人気に推されたが8着と大敗。その後も着順が人気を下回る結果が続いた。
悪い流れを変えたのが前走のオープン米子S。これまでは後方で脚を溜め直線一気にかけるスタイルだったが、このレースでは初めて手綱をとったMデムーロ騎手がスタートから馬を出していき好位で進めると、直線でも脚は乱れることなく快勝。約1年2か月ぶりの勝利を掴んだ。
この競馬ができれば、もっと安定した結果が残せるはず。新たなスタイルを確立し、久々の重賞勝利を掴みたい。

メイショウマンボ

3歳時にオークス、秋華賞を勝ち牝馬2冠を達成すると、続くエリザベス女王杯で古馬も倒し、G1を3勝。当然この年の最優秀3歳牝馬に輝いた。翌年は大阪杯こそ大敗したが、ヴィクトリアマイルで2着し、古馬になっても牝馬戦線の中心で活躍すると思われた。
それが、泥沼に嵌ったような大低迷期に入る。宝塚記念から今年の安田記念まで7連敗。しかも全てが二桁着順と、全く光明がみられない。流れを変えようと、初めてダートの交流重賞スパーキングレディーCに挑戦。それでも変わることなく6着に敗れてる。
今回は勝ち負け云々よりも、まずは上昇のきっかけを掴みたい。

レッドリヴェール

新馬、G3札幌2歳S、G1阪神JFと3連勝。特に阪神JFでは断然人気のハープスターを破り、評価を大きく上げた。桜花賞では再度ハープスターと対戦し、ゴール寸前にライバルに捕まったが2着に入り、その後はオークスでは無くG1ダービーに挑戦して話題に。ただマイナス8キロの馬体減も祟ったか12着に終わっている。
秋に復帰後は掲示板にも載れず苦戦が続いたが、今年のヴィクトリアマイルで4着と上昇気配を見せると、G3クイーンSでもクビ差2着に入り完全復調してきた。
以前は410キロ台だった馬体も430キロ台になり、ようやく古馬らしくなってきて成績も安定してきた。まずは久々の勝利を飾り、G1へ向かいたい。
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。