sportsnavi

2015年5月17日(日)

11R

2015年5月17日(日) | 2回東京8日 | 15:40発走

第10回ヴィクトリアマイル(GI)

芝・左 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際) 牝 (指定) 定量 | 本賞金:9000、3600、2300、1400、900万円 |

カフェブリリアント

半姉は10戦6勝でG1候補にもなったサウンドオブハート。妹も当然期待は高かったが、結果が出ないまま所属していた松山厩舎が解散(調教師が引退)となったため、堀厩舎に移籍。ここで大変身を遂げる。
移籍初戦の500万を快勝、年末の1000万・中京日経賞を勝つと、1600万の節分Sでは今年のホープと目されていたアデインザライフを破り、G2の阪神牝馬Sも好位から差して3連勝。これで堀厩舎移籍後は8戦5勝と、姉の域に達してきた。
以前は折り合いを気にして終い勝負に賭けていたが、成長した今は前走のように好位で競馬もできるようになり、活躍の場が広がった。上昇力はメンバーでも1、2。勢いでG1も突破したい。

ショウナンパンドラ

早くからクラシック候補にも挙がる素質馬だったが、馬体重の変動や馬場に泣かされ、目標のオークス出走はならなかった。そんな不安定な馬体も夏を越すと体重が減ることは無くなり、紫苑Sで2着し秋華賞に出走。圧倒的人気のヌーヴェレコルトを相手に、絶妙なイン強襲を見せると、外から伸びる本命馬をクビ差抑え大金星を挙げた。続くエリザベス女王杯は古馬相手に6着も、勝ち馬ラキシスからコンマ4秒差なら悪くあるまい。
その後は休養に入り、今年は大阪杯から始動。休養明け、不良馬場、牡馬の強豪相手と厳しい条件もあって9着と大敗したが、もともと叩き台のイメージが強かったので度外視していい。瞬発力なら上位は間違いなく、東京で自慢の脚を爆発させる。

ストレイトガール

これまで1200mのG1で上位人気になっているためスプリンターのイメージが強いが、忘れてならないのは昨年のヴィクトリアマイル。中団でうまく折り合い、直線に向くと最内から強襲。完全に差し切れる勢いだったが、ゴール前で前が塞がり待たされる不利。ようやく道が開けて最後に伸びたものの3着まで。この不利が無ければ勝っていた可能性は高く、悔しい一戦となった。
今年は高松宮記念から復帰し、1番人気を裏切る13着。不利で全く競馬をしていない函館SSを除けば大崩れをしたことがなく、この大敗は不安なところ。ただ調子さえ戻れば、昨年のレース内容からも、マイルで評価を落とす必要は全くない。

スマートレイアー

大阪城S、阪神牝馬Sと2連勝して臨んだ昨年のヴィクトリアマイルは1番人気に推されたが、中団から全く伸びず8着と敗れている。直後のクイーンCで3着、府中牝馬S2着とすぐに持ち直したのだが、ここ3戦は馬券圏内に入れず。特に阪神牝馬Sは、驚異的な追い込みを昨年に見せてくれたが、今年は伸びきれずに4着。流れを見る限りは、昨年以上の勢いは感じられない。
ただヴィクトリアマイルは昨年のヴィルシーナ(11番人気1着)、一昨年のホエールキャプチャ(12番人気2着)と、スランプにあった能力上位馬が突然激走するレース。スマートレイアーも、いつ末脚が炸裂しても不思議ではない。

ディアデラマドレ

昨年はマーメイドS、府中牝馬S、愛知杯と重賞を3勝。特に府中牝馬Sでは、レース上がり3Fが34秒2と差し馬には厳しい展開を、4コーナー12番手から差し切り。少々差し馬に不利な展開でも上位に食い込んでくる末脚の威力は、牡馬を含めても現役屈指のものといえるだろう。
その脚をもってしても前走のマイラーズCは厳しかった。高速馬場の京都マイル戦で、1000mラップ59秒4は完全な超スローペース。これを最後方18番手からでは競馬にならず追い込んで7着まで。それでも3F31秒台という記録的な上がりをマークし、この馬の脚は見せていた。
G1ではあそこまでペースが緩むことは考えられず、府中牝馬Sで見せた脚を披露すれば、自ずと結果はついてくる。

ヌーヴォレコルト

桜花賞まではハープスターの相手にならなかったが、オークスで大逆転。そのハープスターが海外遠征をしたため、昨秋は牝馬の主役として臨んだ。大物を破ったことでの過剰な期待はプレッシャーにもなったか、秋華賞は一番強い競馬を見せながら、大事に外をまわしている隙に最内をショウナンパンドラに衝かれ2着。エリザベス女王杯も3歳馬ながら1番人気に推され、終始マークされていたラキシスに捕まり2着に泣いた。
その悔しさを晴らしたい今年は、中山記念でロゴタイプ、イスラボニータの皐月賞馬2頭を破り、気を吐いた。
マイル戦は適性が合うとは言えないが、高い能力と底力でカバーできる。極端なスローの瞬発力勝負にならければ、上位は堅い。

レッドリヴェール

420キロ台の小さな馬体にめげず、極悪馬場の札幌2歳Sを制すると、阪神JFでは怪物ハープスターを下し3連勝。ハープスターとの再戦となった桜花賞は、後方から素晴らしい脚で伸び勝利は見えたと思えた瞬間、ライバルがこれを上回る脚で追い込み、クビ差敗れた。本来ならオークスで再度対決となるところだが、牡馬相手のほうが楽と判断し、ダービーへ出走。しかし馬体が410キロまで落ち、12着と初めて大きく崩れた。
この大敗から立ち直れず、昨秋は見せ場も無いレースの連続。これで終わったかに思えたが、5か月ぶりとなった阪神牝馬Sではプラス24キロと成長した姿を見せ、距離不足の1400m戦で6着と復調の気配は見えてきた。
遠征競馬なので安心できないが、馬体が大きく減らなければ、そろそろ巻き返してもいい頃だ。
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。