2015年5月16日(土)

11R

2015年5月16日(土) | 2回東京7日 | 15:45発走

第60回京王杯スプリングカップ(GII)

芝・左 1400m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:5700、2300、1400、860、570万円 |

オメガヴェンデッタ

デビューした頃はダートでも活躍していたが、芝のマーガレットSで3着。ダートの青竜Sで10着の結果もあって、その後は芝を主戦にしている。勝ちと大敗を繰り返し成績は安定していないが、格上げ初戦となった前走の谷川岳Sは、マイル戦で距離が不安視されたが勝ち馬のサトノギャラントからコンマ2秒差と確実に力は上向いており、1400mの京王杯では期待が高まっている。
母のビハインドザマスクは、強烈な追い込みを武器に重賞を3勝した馬。この馬は母ほどの派手な脚は使えないが、その分巧いレース運びを見せている。少し時計がかかるようなら、この馬にもチャンスは回ってくる。

クラリティシチー

2歳時にはイスラボニータ、ワンアンドオンリーら後のクラシックホースが出走した東京スポーツ杯2歳Sで3着と好走。確かな瞬発力もあり、当時はクラシック候補にも挙げられていた。しかし不器用なレース運びも祟って不利も重なり、ダービーの日は500万平場戦に出走という屈辱を味わったものの、ここでようやく2勝目を挙げている。
昨秋は3戦連続で二桁着順と不振に陥ったが、今年に入って復調。休養明けの東風Sを差し切ると、ダービー卿CTでもモーリスの2着に入り、完全復活したと見てよかろう。
今回のメンバー相手なら、瞬発力で負けることは考えにくい。半弟のクライティスカイがNHKマイルCを勝ってG1ウイナーに。兄も負けていられない。

サクラゴスペル

オーシャンSなど3連勝で高松宮記念に臨み4着、安田記念も5着と大活躍したのは4歳秋から5歳春にかけて。これがウソのような大低迷期に入り、掲示板に載ることすらできないまま1年以上が経過した。
ようやく昨年のラピスラズリSで2着すると、オーシャンSでは、逃げ込みを図るハクサンムーンを一気の脚で捉え、2年ぶりの重賞勝ちとなった。
高松宮記念は8着に敗れ、さすがに5歳時の勢いには及ばないが、オーシャンSだけ走れば、まだまだG2なら勝負になるはずだ。東京の芝1400m戦は9戦4勝で勝率は5割近くと高く、復調気配の今なら確実に頭も狙える。

サトノルパン

兄3頭はリディル(重賞2勝)、クラレント(重賞6勝)、レッドアリオン(マイラーズC)と全てが重賞ウイナーという超良血で、特に1400m〜マイルを中心に活躍している。本馬は父がディープインパクトという血統からクラシックを狙ったが、ダービーは14着と惨敗。これを機に兄同様、マイル以下のレースを主戦にしている。すると成績も安定し、ここ3戦は全て3着以内。2戦前は最速上がりでタンザナイトSを制し、六甲Sも重い馬場に苦しみながら2着を確保している。
距離はマイルも持つが、現状は1400mのほうが終いの脚が斬れており、東京1400mは絶好の舞台。兄3頭に追いつくには、重賞勝ちがノルマだ。

ダイワマッジョーレ

本格化は3歳秋と遅かったが、それから6歳の現在に至るまで、息の長い活躍を見せている。4歳秋にはマイルCSで2着とG1も近づいたが、その後は不調期。G1どころかG3の勝利すら遠ざかったが、昨年暮れの阪神Cで3着に入ると、阪急杯は見事な追い込みでミッキーアイルを差し切り、約2年ぶりの勝利を収めた。
この復調ぶりから高松宮記念は2番人気に推されたが、さすがに初めての1200mに戸惑ったか追走に苦労し、追い上げたものの6着が精一杯だった。
京王杯SCは2年前に勝っており、阪急杯も制するなど1400mはベストの距離。今年の相手なら、2度目の同レース勝利も難しくない。

ダンスディレクター

ここまで12戦、デビュー戦こそ5番人気だが、その後11戦は全て1番人気と、周囲からの期待が高いことが分かる。ただ折り合いに不安があることから、後方で脚を溜める競馬が多く、それが終い一辺倒の競馬になり取りこぼしも目立っている。
ただ終いの破壊力は条件クラスにいる馬のレベルでは無く、3戦前には上がり3F32秒台をマーク。前走の1600万・斑鳩Sも33秒1の強烈な末脚で他馬を圧倒し、待望のオープン入りを果たしている。
上がりの速さはオープンクラスでも通用するもので、初重賞挑戦も能力で見劣るイメージは無い。これまでスローペースに泣かされることが多く、クラスが上がったことでペースが速くなれば、俄然この馬には有利になる。

ヴァンセンヌ

母は高松宮記念、スプリンターズSを勝った名スプリンターのフラワーパーク。そんな背景もあってか、4歳の4月という遅いデビュー戦を勝つと、直後にG2京都新聞杯に挑戦したように期待は高かった。その後はなかなか大成しないまま、1年以上の長期休養に入る。
昨秋に復帰し2着すると、500万、1000万、1600万と3連勝。G3の東京新聞杯でも、アルフレード、フルーキーらの追撃を抑え、怒涛の4連勝となった。
これまでマイル以上の競馬しか経験は無く1400mは初めてとなるが、母を考えれば距離短縮がマイナスとなるとは思えない。それよりも問題は馬場。ここ3戦は時計のかかる馬場ばかりで、速い時計の経験値が少ない。これがクリアできれば、G1安田記念も視野に入ってくる。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。