2015年4月26日(日)

11R

2015年4月26日(日) | 2回東京2日 | 15:45発走

第50回サンケイスポーツ賞フローラステークス(GII)

芝・左 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:5000、2000、1300、750、500万円 | レコードが出たレース

アドマイヤピンク

2戦目の未勝利戦は、4コーナー15番手からごぼう抜きで勝利。以降3戦目の芙蓉S以外は全て後方で脚を溜め、直線勝負にかけている。まだ1勝馬だが、ひいらぎ賞では後のクイーンC勝ち馬キャットコインの2着に好走。前走のアネモネSでも最後方から直線強襲。3着で桜花賞出走権利こそ取れなかったものの、素晴らしい末脚を見せつけた。
G2への挑戦となるが、G3のフェアリーSでもコンマ4秒差の競馬をしており、今回の相手なら見劣ることは無く、末の破壊力なら一枚上回っている。東京の長い直線を生かし、オークス出走権利を獲得したい。

シングウィズジョイ

母のシングライクバードは5勝し、フラワーC3着。祖母のシングライクトークは7勝し、重賞2着が2回。曾祖母のフリートークはフラワーC、クイーンS優勝と、母系のラインは非常に優秀である。
この馬も血統の良さを生かし、野路菊Sで2着などオープンクラスのレースでも善戦。クイーンCは着順こそ6着も、勝ち馬からコンマ3秒差。上位がキャットコイン、ミッキークイーン、アンドリエッテら牝馬のトップクラスだったことを考えると、好内容の一戦だった。初めて自己条件を使ったアルメリア賞は重馬場で馬が進まず敗れたが、良馬場の君子欄賞はあっさり勝利を収めている。
斬れる脚はないものの、長くしぶとい脚を使え、東京の2000mは合う。ここも上位争いが期待できる。

ディアマイダーリン

3戦目の東京で初勝利。格上げ初戦の赤松賞では、最内を強襲。粘り込みを図るテンダリーヴォイス(アネモネS勝ち馬)をハナ差捉え2連勝となった。
この後はアクシデントもあって休養。フラワーCが4か月ぶりのレースとなった。序盤は後方につけていたが、レース中盤でペースが緩むと鞍上はすかさず位置を上げ、4コーナーでは上位に接近。ここから差し切りを図ったが、アルビアーノの逃げ脚が衰えず、差を詰められないまま。結局2番手争いでも競り負け3着に終わった。このあたりは久々の影響もあっただろう。
一叩きされ、2戦2勝の東京に変わるのもプラス。前走以上にチャンスは大きい。

ナガラフラワー

血統が地味なこともあってか、デビュー戦の阪神芝1800m戦は10頭中8番人気。レースも後方からついていく人気薄にありがちなパターン。普通はこのまま流れ込んで終わるが、この馬は違った。直線に向くと他を圧倒する脚で差し切り。これで評価が上がるかに思えたが、次戦のエルフィンSも7番人気。ここでも初戦同様の脚を見せ、後の桜花賞2着馬クルミナルには及ばなかったものの、2着に入線した。この2戦から陣営はオークス向きと判断し、2200mのすみれSに出走。ここでは2番人気にまで評価を上げたが、重馬場に無き6着に沈んだ。
大目標のオークスに向けて、まずはフローラS3着以内がノルマ。良馬場なら、得意の末脚で出走権利獲得も見えてくる。

フロレットアレー

母のブルーミングアレーは4勝し、フローラSでも3着。エリカ賞では、後のダービー馬エイシンフラッシュとクビ差の接戦をした。母の半弟には、マイルCSを勝ったトーセンラー、天皇賞・秋を勝ったスピルバーグとG1馬が2頭いる超良血馬である。
そんな背景から、この馬への期待も高かったが、デビュー戦は期待を裏切り9着。初勝利は4戦目だった。この勝利で目覚めたか、格上げ初戦の前走ミモザ賞は、人気のダイワミランダが3コーナー前から暴走気味に進出する乱ペースを好位で追走し、これを交わしたものの最後はリアンドジュエリーにクビ差交わされ2着。ただ内容は、勝ちに等しいものだった。
成長力ある血統で、更なる前進も見込める馬。母の3着を超える結果も望める。

マキシマムドパリ

2戦目の未勝利戦で、2着に2馬身半差をつける楽勝で初勝利。菜の花賞では、次戦でG2フィリーズレビューを勝つことになるクイーンズリングに屈したものの2着と好戦。つばき賞では、無事ならクラシック候補と言われたキロハナや、毎日杯2着のダノンリバティと戦い3着と、勝てないものの常に素質馬に食らいついてきた。それだけに、前走の君子欄賞は相手も楽になり2勝目のチャンスだったが、先行策から抜け出したシングウィズジョイを追い詰めるも、半馬身差及ばず2着と悔しい敗戦。しかし中身は全く負けていなかった。
ここはシングウィズジョイも有力の一頭。これを逆転すれば、自然と勝利も視野に入る。

リアンドジュエリー

初戦こそ大敗したが、一叩きで変わり身を見せ、2戦目の未勝利は豪快な差し切り。中山芝2000mで勝ちタイム2分1秒5も速く、評価を上げた。たた3戦目のゆりかもめ賞は、タンタアレグリアやヴェラヴァルスターなど、ダービー出走を狙う牡馬の素質馬が並ぶ好メンバー。さすがに厳しいレースが予想されたが、勝ち馬からコンマ7秒差なら悪くない。
これだけ走れれば牝馬限定のミモザ賞で負けるわけにはいかない。ゴール前は人気のダイワミランダやフロレットアレーら4頭の激戦となったが、しっかりハナ差制し2勝目をゲットした。
スタミナは十分で、ぜひオークスに出したい馬。まずはトライアルでしっかり出走権利を取りたい。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。