2014年12月14日(日)

11R

2014年12月14日(日) | 5回阪神4日 | 15:40発走

第66回阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系2歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:6500、2600、1600、980、650万円 | レコードが出たレース

クールホタルビ

新馬戦は先行して抜け出し、2着に3馬身半差の楽勝。この内容から函館2歳Sでも期待は高かったのだが、ハイペースを追いかけて失速し8着。フェニックス賞はマイペースの逃げで2着も、小倉2歳Sはハイペースに巻き込まれて大敗と、結果が安定していない。おかげでファンタジーSは14頭立てのシンガリ人気と支持を失っていたが、逃げる2頭から少し離れた3番手で脚を溜めると、33秒9の上がりで差し馬勢を完封。大波乱を演じた。
脆い面はあるものの、自分のペースでレースを運べれば、直線で二枚腰を使えるのは前走で証明。阪神マイル戦も、うまく折り合ってペースを落とせれば、前走に続いてアッと言わせるシーンもある。

ココロノアイ

新馬戦2着の内容も良かったが、評価を大きく高めたのは2戦目の新潟マイルの未勝利戦。4コーナーでは15番手だったが、ここから14頭をごぼう抜きし、更に2着を2馬身半差突き放しての圧勝。上がり33秒3は、上がり2位の馬より1秒近くも速く、段違いの差を見せつけた。
この競馬を見せても、アルテミスSでは9番人気の低評価。レースはいつものように出遅れたが、向正面でかかってしまい、3コーナーでは3番手に。ここで脚を使ったことで最後まで持つか心配されたが、直線でも脚色が乱れずゴールへ。そこへレッツゴードンキが迫ってきたが、ハナ差抑えての1着。着差は少ないが、内容からは改めて高い能力が伝わった。この勢いでG1戴冠と行きたい。

コートシャルマン

半兄にG1安田記念を勝ったストロングリターン、半姉に桜花賞2着、スプリンターズS3着のレッドオーヴァルという血統から、早くから評判になっていた一頭。デビュー戦は、1.4倍と圧倒的な人気を得ながら直線に入っても前から離れ厳しい状況にあったが、最後に脚を伸ばして何とか差し切った。2戦目のりんどう賞も後方からの競馬になり直線猛襲。ダノングラシアスとの追い合いになったが、これをクビ差制した。相手が続くファンタジーSで2着したことから、このレースの価値も高かったと見ていい。
2連勝はともに差が少ないが、最後に差し切っているように勝負強さが際立つ。上2頭はG1で活躍しており、妹も続きたい。

ショウナンアデラ

デビュー前の調教が素晴らしく新馬戦は1番人気に推されたが、ゴール寸前にクビだけ差されての2着。ただ相手はG1朝日杯FSでも有力視されているナヴィオンならば仕方あるまい。続く未勝利戦は持ったままで進出すると、最後まで追うことなく馬ナリのままゴールの大楽勝。そして前走は、翌日の牝馬限定戦の赤松賞ではなく、牡馬混合のからまつ賞に出走とハードルを上げてきたが、ここも持ったまま先頭に並びかけ、追い出されると瞬時に反応し、着差以上の楽勝を決めた。
父はディープインパクト。その父の産駒は桜花賞、阪神JFと阪神マイルの牝馬限定戦で大活躍をしており、今年はショウナンアデラがその期待を担うことになる。

ダノングラシアス

新馬戦は2番手から抜け出して快勝。勝ちっぷりの良さから、昇級初戦のりんどう賞では、評判の良血馬コートシャルマンに次ぐ2番人気に推された。レースでは、そのコートシャルマンを追いかける形で伸びてきたが、最後はクビ差届かず2着に敗れている。
続くファンタジーSでは1番人気に支持。前走同様後方で脚を溜め直線で伸びてきたが、クールホタルビに半馬身届かず2着。高速の京都芝コースで、ペースも遅かったことを考えれば、勝ち馬と同等の評価を与えてもいいだろう。
脚質から阪神マイルになるのは良く、坂のあるコースで上がりが少しでもかかれば、今度こそ差し切りの場面も期待できる。

レッツゴードンキ

超スローペースもあり札幌コースでは珍しく12秒0-11秒7-11秒5の加速ラップとなった新馬戦を楽々差し切り。札幌2歳Sは牡馬のクラシック候補が並び、牝馬には厳しい相手だったが、早めに仕掛ける強気な競馬で上位進出し3着と大善戦を見せた。
牝馬同士のアルテミスSは1番人気。中団でレースを進め、直線で一気に押し上げたが、好位から粘り込むココロノアイをハナ差残してしまった。負けはしたものの、先行馬に有利な展開をハナ差まで詰め、勝ったに等しい内容だ。
ハイレベルなレースの経験、安定感ある差し脚から、ここも大崩れするとは考えにくい。

ロカ

圧巻だったデビュー戦。調教で動いていたことから注目度はそれなりに高かったが、レースで注目度は更に高まることになる。道中は折り合いに専念して中団から進め、直線は進路を外へ。そこからエンジン全開で前方馬群を一飲みし、3馬身差をつけての楽勝。しかも脚を余し気味だったのだから恐れいる。相手が弱かったという声も一部あるが、レース上がりが11秒0-11秒0の高速ラップを差し切ったのだから、この馬の上がり時計は11秒を切っていたことだろう。このことから勝ちっぷりだけでなく、時計的にも高い評価ができる。
父は評価がうなぎのぼりのハービンジャーで、母のランズエッジは兄にディープインパクトがおり、血統背景も文句なし。抽選を突破して出走し、一躍本命候補といえる。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。