2014年9月28日(日)

11R

2014年9月28日(日) | 4回阪神6日 | 15:35発走

第62回神戸新聞杯(GII)

芝・右・外 2400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:5200、2100、1300、780、520万円 |

ウインフルブルーム

朝日杯FSでは、中山マイルで不利な外枠にもめげず3着入線。続くシンザン記念では、後にNHKマイルCを勝つことになるミッキーアイルを半馬身差まで追い詰め、マイル戦線での活躍が見込まれた。
しかし同馬が矛先を向けたのはクラシック路線。2000mの若葉Sでは断然人気ながら2着に敗れ距離延長に疑問を残したが、クラシック挑戦の選択が間違いで無かったことは本番の皐月賞で証明。大外18番枠から果敢に先手を奪うと、直線でも粘りイスラボニータの3着。次戦でダービーを制するワンアンドオンリーに先着と大健闘を見せた。
ダービーは直前にアクシデントがあり回避。ここは皐月賞以来の一戦となる。菊花賞へ向けて叩き台のイメージが強い仕上げだが、すんなり逃げられれば侮れない。

サトノアラジン

この世代の中では、デビュー前の評判が一番だったと言ってもいいほど、関係者間の期待が高かった馬。それに応えてデビュー戦を圧勝したときは、早くも「来年のダービー馬」という声が出ていた。それがまさかの失速。重賞で2着3度の結果もあるのだが、周囲の期待を考えると物足りず、500万特別で敗れた時は大きな失望感に包まれた。
その屈辱を晴らす時が、早くもやってきたようだ。4か月の休養で馬は確実に成長し、500万、1000万特別はともに勝ち時計、勝ちっぷりともに文句なしの快勝。そして大目標の菊花賞へ。その前に神戸新聞杯で、同世代の頂点ワンアンドオンリーが迎え撃つ。ダービー馬を前哨戦で倒せば、デビュー前から約束されたG1が目前となる。

トーセンスターダム

一族にカンパニー、トーセンジョーダンのG1馬がおり、セレクトセールで2億5000万円を超える高額で落札された超良血馬。例年期待馬が集まる菊花賞デーの新馬戦では、11秒4-11秒1の高速ラップで勝ち上がり、評判は更にアップ。続く京都2歳Sでは大外をまわって強襲劇を決め、きさらぎ賞では2戦連続大勝のバンドワゴンを捉え無傷の3連勝。当然ながらクラシック候補の上位に挙げられた。
しかし大事なクラシックで、まさかの急落。皐月賞は荒れた馬場に脚を取られて惨敗すると、逃げに出たダービーでは直線で内に寄れてラチに激突し16着と、惨憺たる結果に終わった。このショックが馬に残っていないか。ここは結果よりも、まずは自分の競馬ができるか確かめたい。

ハギノハイブリッド

掲示板に載るのがやっとだったデビュー当時。500万に上がって2着に入るも、勝った馬ばかりが目立つ内容で、強い印象を残すことはなかった。そんなイメージが一変したのは新緑賞から。直線中程から抜け出すと、最後は独走状態での楽走。この豪快な勝ちっぷりから京都新聞杯では3番人気に支持されると、直線で鮮やかに抜け出し、接戦の2着争いを尻目に快勝。この前まで500万を勝つにも苦労していた馬が、いつの間にかダービー候補になるまで成長していた。
ダービーでも武器の差し脚を見せたかったが、先行馬が残る展開に泣き13着。まだ展開の不利を覆すまでの力は無かったようだ。その末脚がどこまで磨きがかかったか。秋初戦で成長した姿を見せてもらいたい。

ヤマノウィザード

半姉に桜花賞を逃げて2着のオウケンサクラに、函館2歳S勝馬のフィーユドゥレーヴ。この背景から、半弟の同馬もスピード馬と思われたが、デビュー戦は2000m。直線では抑える余裕も見せる楽勝で、姉を超える器の大きさを感じさせた。その思いを一層強くさせたのが、次戦の梅花賞。更に2400mと距離を伸ばしたが、問題なくワールドインパクト以下に快勝。これで順調に行けば楽しみだったが、体調不安が出てすみれSはシンガリ負け。立て直して出走した青葉賞は3着と、惜しくもダービー出走権を得ることができず春競馬は終えた。
能力は問題なく、後は体調だけ。これが整えば、このメンバーでも全く見劣ることは無し。3着以内に入って菊花賞の出走権利を取ってほしい、それだけの魅力を持つ馬だ。

ワンアンドオンリー

12着から始まった競走馬としての一生。これがダービー優勝に繋がるストーリーのスタートだったとは…。初めての重賞勝ちとなったラジオNIKKEI杯2歳Sは7番人気、弥生賞でも単勝が10倍近いオッズと、この頃の評価は穴馬の一頭。その弥生賞で3連勝中のトゥザワールドをハナ差まで追い上げ2着に入ると、皐月賞でも最後方から猛然と追い上げ4着。これで穴馬評価から一転、ダービーの有力候補に変貌した。
3番人気で迎えた大舞台ダービーでは、馬自身も変身。これまでは後方からの競馬が定番だったが、今回は早めに好位につけライバルのイスラボニータをマークする形をとると、最後は一騎打ちに持ち込んで差し切り。栄光のダービー馬に輝いた。
秋は主役となって他馬を迎え撃つ立場。前哨戦と言えど負けられない一戦だ。

ヴォルシェーブ

新馬戦で11秒9-11秒4-11秒1の加速ラップを差し切り勝ちし高い評価を得た。その後2戦自己条件で敗れたが、初めての重賞挑戦となった京成杯では6着も、早めに押し上げる競馬で見せ場をつくった。自己条件に戻ったセントポーリア賞では、ハイレベルの東京スポーツ杯2歳Sで3着の実績を持つクラリティシチーを退けクラシックも見え始めたが、脚部に不安が出て休養入りとなった。
4か月ぶりの出走となった芦ノ湖特別は、長距離戦に古馬との対戦と初物尽くし。決して楽な状況ではなかったが、外から堂々差し切りを決め、評価は益々上がっている。
春のクラシックに出走できなかった鬱憤は菊花賞で。まずは神戸新聞杯で出走権利を確実にしておきたい。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。