IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2014年6月29日(日)

11R

2014年6月29日(日) | 3回阪神8日 | 15:40発走

第55回宝塚記念(GI)

芝・右 2200m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:13200、5300、3300、2000、1320万円 | レコードが出たレース

ホッコーブレーヴ

初勝利まで7戦かかり、その後も連勝は一度もなく、5歳の秋になってようやくオープンクラス入り。初めての重賞挑戦だったアルゼンチン共和国杯は5着、ジャパンCは12着も勝ち馬からコンマ6秒差なら、この馬としては健闘に思えた。
その見方は日経賞で変わる。10番人気の立場とは思えぬ終いの脚で、ウインバリアシオンの2着と好走。続く天皇賞・春でも中団からメンバー最速の脚で上位に接近。断然人気のキズナを制し、フェノーメノ、ウインバリアシオンとクビ、ハナ差の3着と、人気勢を大いに焦らせた。
条件クラスでモタモタしていた頃とは違い、重賞はもちろんG1も視野に入れる立場にまで成長。ここも侮れない存在だ。

デニムアンドルビー

桜花賞の1週前に初勝利したばかりの馬が、あっという間にオークスで1番人気へ急上昇。ここは3着に敗れるも、急激な成長で秋には世代ナンバー1の座を奪うものと見られていた。実際ローズSは完勝し、秋華賞は1番人気。だが直線でいつもの脚が見られず、メイショウマンボの4着と敗戦を喫した。続くエリザベス女王杯も5着に敗れ、ここまでかと思われたが、これで終わらないのが同馬の力。ジャパンCでは久々に、この馬らしい末脚が発揮されると、ジェンティルドンナにハナ差まで迫っての2着。大魚は逃したものの、改めて高い能力をアピールした。
前走のヴィクトリアマイルは、海外帰りで調整不足の感があったが、それでも後方から差を詰めてきた。体調面で上昇が見られ、距離も向く今回は、ジャパンCの脚を見せる時だ。

ジェンティルドンナ

3歳時に桜花賞、オークス、秋華賞と牝馬3冠を達成。勢いをつけて古馬のジャパンCに挑戦すると、オルフェーヴルとの一騎打ちも制し、一昨年の年度代表馬に輝いた。
昨年はG1ばかりを使われ、海外を含め2、3、2着と惜しいレースが続いたが、ジャパンCでデニムアンドルビーをハナ差抑え、同レース2連勝を果たした。ただ前年のレース内容に比較すると見劣り、能力減退を指摘する声もあった。すると京都記念では大きく崩れて6着大敗。不安説は更に広まったが、これを完全払拭したのがドバイシーマクラシック。直線で不利があったものの、これを押しのけて世界の強豪を打ち破り、健在をアピールした。
昨年は3着に敗れた宝塚記念だが、緩い馬場が応えた。きれいな馬場なら、昨年の雪辱を期待してよかろう。

ウインバリアシオン

ダービー、菊花賞、そして昨年の有馬記念と、G1の舞台でオルフェーヴルの2着に敗れること3度。その天敵が引退し、天皇賞・春は待望の初G1制覇の大きなチャンスだった。しかし鞍上予定の岩田騎手が騎乗停止でシュタルケ騎手に依頼も、今度は同騎手が落馬負傷で、直前に武幸四郎騎手に乗り替わり。落ち着かないまま迎えた本番だっただが、テン乗りの武幸四郎騎手は焦ることなく、道中はいつものように中団後ろに位置。高速馬場を考慮して徐々に進出し、直線はフェノーメノとの一騎打ち。差せる態勢にあったのだが、ライバルとは通ったコースの差が出たか最後は及ばず、またしても2着に泣いた。
宝塚記念は主戦の岩田騎手を迎え、今度こそG1馬の称号を獲得したい。

ヴェルデグリーン

5歳になって3連勝と急成長。春は新潟大賞典で大敗し重賞の壁が感じられたが、秋になってこれを突破した。重賞大敗と休養明けもあってオールカマーは9番人気と目立たぬ存在だったが、3コーナーから位置を上げていくと最後まで脚色が乱れず、人気のメイショウナルト、ダノンバラードを捻じ伏せた。その後のG1連戦は大敗したが、アメリカJCCでは、オールカマーと同じように3〜4コーナーから動いて、大混戦のゴール前を制した。
G1での実績は薄いが、今回は重賞で2勝した得意の2200m戦。瞬発力こそないものの、いい脚を長く使えるので、流れが速くなれば出番がまわってくる。

メイショウマンボ

桜花賞は上位人気で惨敗し、オークスは9番人気で勝利。G1ウイナーに輝いたが、まだまだ世代内の地位も確立せず迎えた秋。ここで完全にトップの座を認識させる。休養明けのローズSこそ4着だったが、秋華賞を制すると、古馬相手のエリザベス女王杯も勝ち、これでG1を3勝した。
もはや牝馬に敵無しで、今年は牡馬相手に活躍が期待されたが、大阪杯では7着と大敗。だが心身ともに微妙なまま迎えたヴィクトリアマイルは2着を確保し、牝馬同士のレースでは安定している。
今回は牡馬の強豪相手。大阪杯では気性のうるさいところを出し、レース前に終わっていた部分もある。どこまで牡馬相手に通用するか、本当に見極めるのは今回だ。

ゴールドシップ

昨年の宝塚記念の覇者。ジェンティルドンナ、フェノーメノら強豪を相手にせず、2着のダノンバラードに3馬身半の差をつけて快勝した。
秋になると、1.2倍の単勝オッズだった京都大賞典で5着に敗れ、ジャパンCは15着大敗とスランプに陥る。終焉ムードも漂ったが、有馬記念では3着に抵抗すると、今年に入って初戦の阪神大賞典では2着に3馬身以上の差をつけて楽勝と上げ潮ムード。天皇賞・春では苦手な高速馬場でも、ファンは底力を信じ2番人気に支持した。しかしスタートで遅れると、その後もリズムを取り戻せず、見せ場もないまま7着に終わった。
なかなか成績が安定しないが、5戦4勝2着1回と適性の高い阪神コースで、この馬の真の強さを見せつけたい。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。