競馬 - 産経大阪杯 - スポーツナビ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2014年4月6日(日)

11R

2014年4月6日(日) | 2回阪神4日 | 15:35発走

第58回産経大阪杯(GII)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6200、2500、1600、930、620万円 |

エピファネイア

デビューから3連勝も、折り合い難に苦しみ、その不安がモロに出た弥生賞は4着。それでも皐月賞は2着、ダービーも落馬寸前の不利がありながら2着と、高い能力を示した。
問題は折り合い難だけ。秋初戦の神戸新聞杯はそこが注目されたが、うまく折り合ってレースを進めると、2着に2馬身半差をつける楽勝。これで福永騎手も安心したのだろう。本番の菊花賞は強気に攻めて、ハイペースを3番手で追走。直線入り口で逃げたバンデを早々と捉えると独走態勢。2着のサトノノブレスに5馬身差をつける圧勝で、念願のクラシックホースに輝いた。
大人になったエピファネイアに、もはや怖いものはない。香港遠征前に、ライバルのキズナにダービーの借りを返しておきたい。

カレンミロティック

惜敗続きにピリオドを打った昨年6月の垂水Sは、2着に5馬身差をつける楽勝。勝ちタイムの1分44秒5は阪神芝1800mのレコードタイムで、重賞勝ちも時間の問題と言える内容だった。しかし馬場の合わなかった函館戦は大敗。この後は休養し、金鯱賞で復帰すると、2番手から楽に抜け出し快勝。初の重賞勝ちを手に入れた。
この勢いで有馬記念にも挑戦。果敢に先行したが、オルフェーヴルやウインバリアシオン、ゴールドシップといった有力馬が早めに押し上げてきたため先行勢は壊滅。その中での6着は健闘と言えよう。
前走の中山記念は14着と大敗も、苦手な道悪に崩されたもの。馬場が良ければ、G1馬相手に好勝負できる力はある。

キズナ

弥生賞では前が開かず脚を余しての5着。その後毎日杯を勝つと、皐月賞には向かわず、京都新聞杯を勝ってダービーへ向かう。裏路線からの参戦にもかかわらず、ファンは1番人気に支持。馬もこれに応え、後方から豪快な差し脚で進出すると、ゴール寸前でエピファネイアを捉え、第80代ダービー馬の栄冠に輝いた。
この後は海外遠征を敢行し、まずはニエル賞で1着。本番の凱旋門賞では、オルフェーヴルよりも早めに仕掛け大きな見せ場をつくった。結果は4着もダービー馬に相応しい内容で、帰国後の競馬が楽しみになった。
ただ遠征疲れからか、有馬記念は回避し、大阪杯が復帰戦。体調も戻ったようで、久々に豪快な脚を見ることができそうだ。春の天皇賞に向けて、好スタートを切りたい。

ショウナンマイティ

折り合い難を抱えながら、2年前の鳴尾記念から8戦連続して3着以内に入る堅実さがあり、安田記念でも直線で大きな不利がありながら2着入線。もしスムーズだったらと思わせる内容で、G1に手が届く位置にいる馬である。
昨秋はG1に到達するチャンスと思われたが、休養明けの毎日王冠で18キロも馬体が減り6着。これで秋競馬は休養を余儀なくされ、東京新聞杯から復帰。しかし雪で順延の影響もあって調整に苦労し、馬体も前走から2キロ増えたのみ。レースでも精彩を欠き、見せ場もなく10着と大敗した。
大阪杯は一昨年に勝利し、昨年はオルフェーブルを追い詰める2着と得意のレース。復活のきっかけを掴みたい一戦だ。

メイショウマンボ

1400mのフィリーズレビューを鮮やかに勝ったものの、桜花賞は惨敗。オークスは距離的に厳しいという声が圧倒的だったが、直線中程で抜け出すと、人気薄とは思えぬ堂々としたレースで快勝。戦前の評価を一変させた。
秋はローズSからスタートし4着も、本番の秋華賞はオークス同様中団から抜け出し、スマートレイアー以下に快勝。3歳世代では頭ひとつ抜けた印象を与えた。古馬と初対戦となったエリザベス女王杯は、前年2着のヴィルシーナに人気を譲ったが、相手強化でも全く変わらず、いつものように中団から差し切った。
これでG1を3勝。全てが危なげないレースで、牝馬には敵無しの状態だ。今年は牡馬の一流馬相手にどれだけやれるか。今回はその試金石となる。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。