IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2014年3月23日(日)

11R

2014年3月23日(日) | 1回阪神8日 | 15:35発走

第62回阪神大賞典(GII)

芝・右 3000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6200、2500、1600、930、620万円 | レコードが出たレース

アドマイヤラクティ

昨年3400mのダイヤモンドSを勝って以降は、すべて長距離戦を走っており、ステイヤーとしてのイメージが定着している。
そのダイヤモンドS以降、馬券圏内に入ったのは一戦だけだが内容は非常に濃く、天皇賞・春は4着。秋になって京都大賞典を一叩きすると、アルゼンチン共和国杯では57.5キロを背負いながら2着。ジャパンCは中団から脚を伸ばし4着入線。勝ち馬からコンマ1秒差まで詰め、いよいよG1勝利も射程に入った。これで期待が高まった有馬記念は3番人気の高い支持を得たが、久々の小回りコースが合わなかったか、早めに仕掛けたのが響いたのか11着と大敗を喫した。
今年初戦は3000m戦。前走大敗を払拭し、いい形で天皇賞・春に向かいたい。

ゴールドシップ

皐月賞、菊花賞、有馬記念、宝塚記念とG1を4勝。輝かしい実績を持つ名馬が、昨秋は苦境に陥った。単勝1.2倍の圧倒的人気を背負った京都大賞典は5着。目標だったジャパンCも、序盤から追走に苦労し、直線も全く伸びる気配無く15着と、これまで掲示板を外したことがない馬とは思えぬ大惨敗を喫した。
やはり速い馬場は駄目なのか、それとも馬が終わってしまったのか。大きな不安を抱えたまま臨んだ有馬記念は、悲壮感すら漂わせての出走。しかしゴールドシップは終わっていなかった。オルフェーヴルには離されたものの3着を死守し面目躍如。再び立ち上がった。
得意の阪神コースで、まずは久々の勝利を掴み、再度の快進撃を始めたい。

サトノノブレス

デビュー前から高い期待を得て、新馬を勝った時は当然のようにクラシック候補に挙げられた。だがソエの影響で本来の競馬ができず、春のクラシック路線には乗り損ねてしまった。心配のソエの不安も薄らいだ秋は、いよいよこの馬の能力が発揮された。神戸新聞杯3着で菊花賞出走権利を得ると、本番は岩田騎手の好騎乗もあり、内目からするする抜け出し2着。古馬になって初戦は日経新春杯を選択。これまでは差す競馬をしていたが、鞍上のルメール騎手が機転を利かし、まさかの逃げ戦法。直線でアドマイヤフライトの強襲を受けたが、これをハナ差抑えて初重賞制覇となった。
まだまだ伸び盛りの今、重賞2連勝でG1に向かいたい。

タマモベストプレイ

兄姉のタマモホットプレイ、タマモナイスプレイ、チャームポットが短距離を中心に活躍。この馬自身もデビューから1400m戦を2連勝し、兄の道を歩むかと思われた。しかし1800mのきさらぎ賞を勝ち、スプリングSで2着すると、その後は皐月賞、ダービーと王道路線を歩んだ。
方向性は秋になっても変わらず、3000mの菊花賞へ。しかし上位争いは叶わず、1800m戦の朝日CCで巻き返しが期待されたが6着と敗退。いよいよ路線が見えなくなってきたが、2500mの有馬記念で16番人気のシンガリ人気ながら5着と大健闘。この結果から、再度長距離路線へ矛先を向けてきた。
未だ距離適性が不明な馬だが、大崩れが少なく、ここも舐めていると怖い存在だ。

バンデ

ノーザンFでも評判の高い馬だったが、なにせヨーロッパの重厚な血統。果たして日本の速い馬場に対応できるのか疑問もあった。実際、昨春は1勝に終わり、青葉賞も15着と全く歯が立たなかった。
ただスタミナは半端なく、極悪馬場の函館戦では、2着に2秒8の大差をつける圧勝。この頃から素質も開花し始め、兵庫特別も6馬身差の楽勝で、菊花賞へ歩を進める。上がり馬の勢いと血統を買われ3番人気と高い支持を得たが、その期待に応え、結果は3着。終始ネコタイショウに絡まれる厳しい展開にも耐えた内容は、名ステイヤー誕生を予感させるものだった。
今年は御堂筋Sから始動し、難なく逃げ切り。大きな飛躍を予感させる一頭だ。

ヒットザターゲット

以前はローカル専門のイメージが強く、ラチを頼る競馬から、特殊な条件にのみ走る馬という認識が強くなっていた。これらを一変させたのが京都大賞典。直線では内ではなく、馬場の真ん中から堂々進出し、アンコイルドをクビ差抑えて勝利。トーセンラー、ゴールドシップらG1クラスの馬を抑えた。
その後は古馬王道路線を突き進み、ジャパンCでは11着も、勝ち馬からコンマ5秒差と着順以上に善戦。今年初戦となった京都記念は、デスペラードが逃げ切ったスローペース。後方から進むこの馬には厳しく5着に終わったが、上がり最速を記録し内容は悪くなかった。
初の3000m戦となるが、折り合いがつくので距離は心配なし。混戦になればチャンスも出てくる。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。