sportsnavi

2014年11月16日(日)

11R

2014年11月16日(日) | 5回京都4日 | 15:40発走

第39回エリザベス女王杯(GI)

芝・右・外 2200m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際) 牝 (指定) 定量 | 本賞金:9000、3600、2300、1400、900万円 | レコードが出たレース

ショウナンパンドラ

春のクラシックに出走していないので上がり馬に見えるが、実際はエルフィンS2着で見せた非凡な脚が評価され、期待は高かった。しかし馬体の変動が大きく不安定な状態だったことと、荒れた馬場に泣かされ、春は不本意に終わった。
その不安も夏には解消。糸魚川特別1着、紫苑S2着と、得意でない重馬場で結果を出すと、迎えた秋華賞は待望の良馬場で、3番人気と高い支持を得た。道中は中団につけたが、3コーナーあたりから内をするすると上がっていき、4コーナーでは好位に進出。そこから一気に抜け出すと、外から差してきた断然人気のヌーヴォレコルトをクビ差抑え、牝馬最後の一冠を制した。
外回りの2200mは望むところで、得意の末脚に磨きがかかる。

スマートレイアー

4戦3勝で迎えた昨年の秋華賞は、初めての重賞挑戦がG1ながら2番人気と高い支持を受け2着と好走。勢いから、今年の牝馬戦線の中心軸になると期待された。これに応え大阪城S、阪神牝馬Sと連勝。ヴィクトリマイルでは1番人気に推されたが、いつもの差し脚が全く見られず8着と完敗した。
間隔を開けてのクイーンSでは不利な小回りコースに屈せず、レコード勝ちしたキャトルフィーユにタイム差無しの3着まで詰めると、前走の府中牝馬Sでも最速上がりでディアデラマドレの半馬身差2着と、末の斬れ味は相変わらずだ。
エリザベス女王杯の舞台は少々距離が長い気もするが、瞬発力比べになれば他馬に劣ることは無い。

ディアデラマドレ

デビュー戦を快勝したときはクラシック候補にも挙がったが、故障で無念の戦線離脱。復調まで少々時間を要したが、秋には2連勝し、昨年もエリザベス女王杯に歩を進めたが、このときは道悪に泣かされて大敗している。
その後はじっくり休ませて、今年は春に復帰。1600万パールS2着後にマーメイドSに出走し、大外から豪快な差し切りで初重賞を制している。クイーンSは小回りコースに泣いたのか5着と不発に終わったが、広い東京コースで行われた府中牝馬Sでは一変。いつものように後方で脚を溜めると、直線で爆発。切れ者スマートレイアーとの差し脚比べも制し、2つ目の重賞を勝ち取った。
終いの破壊力は牝馬では屈指のもの。京都の外回りは、この脚を生かす最高のコースだ。

ヌーヴォレコルト

ハーツクライ産駒らしく一戦毎に成長し、チューリップ賞では完敗だったハープスターとの差を、桜花賞ではコンマ1秒差まで詰めた。そして迎えたオークス。2番人気といえど、ハープスターは1.3倍で、こちらは9.8倍と、ファンの期待感には大きな差があったレースは桜花賞のときより若干早めの位置につけ、直線は馬群を貫いて先頭に立つと、そこへハープスターが一気に襲い掛かる。前走まではアッサリ交わされたのだが、今回はハープスターをクビ差抑えて、殊勲の勝利を収めた。
この秋はローズSを快勝し、秋華賞は断然人気と主役を張ったが、ショウナンパンドラに内をすくわれての2着。しかし堂々外から差してきた内容は、勝利に等しいものだった。
古馬初対戦のここも全く見劣ることなく、主役の一頭だ。

メイショウマンボ

昨年はオークス、秋華賞を制し、牝馬2冠馬の立場でエリザベス女王杯に出走。初の古馬相手でも臆することなく勝利を収め、1年でG1を3つ制する快挙を成し遂げた。
今年初戦は大阪杯で、同世代のクラシック牡馬キズナ、エピファネイアとの対戦で盛り上がったが、極度のイレコミもあったか7着。次走のヴィクトリアマイルでは2着に入線し、健在をアピールした。ただ宝塚記念、京都大賞典は惨敗し、どうも牡馬との対戦では力を出し切れていない。今回は当然牝馬同士のレースなので、この不安は無くなる。
昨年勝った同じ舞台である上に、京都は6戦4勝2着1回と最も得意なコース。しっかり能力を出し切れれば2連覇も難しくはない。

ラキシス

もともとの期待はかなり高かったのだが、3歳春頃は体質が弱く、目立った存在では無かった。夏を超えると500万、1000万の特別戦を桁外れの強さで連勝。エリザベス女王杯でも2着し、高い資質はG1でも通用することを見せつけた。今年は京都記念で4着、中日新聞杯2着と牡馬の強豪相手に好勝負。距離が短すぎたヴィクトリアマイルでは見せ場なく終わったものの、秋初戦となったオールカマーではマイネルラクリマを半馬身差まで追い詰める2着で、牡馬を苦しめた。
デビューから10戦しているが、うち6戦が2200m戦で、まさにエリザベス女王杯を想定して走ってきたような馬。牝馬同士でベストの距離となれば昨年以上、つまり優勝も見える。

ヴィルシーナ

同世代に歴史的名牝ジェンティルドンナがいたこともあり、3歳時は桜花賞、オークス、秋華賞と、全て同馬に敗れての2着。続くエリザベス女王杯はジェンティルドンナ不在でチャンスだったが、重馬場に泣かされ2着と不運の連続だった。
惜しいところで届かなかったG1の冠だったが、翌年のヴィクトリアマイルを制して悲願達成。これで気が抜けたのか、その後は低迷が続いた。おかげで今年のヴィクトリアマイルは、前年の覇者とは思えぬ11番人気に甘んじた。レースは、先行有利の馬場状態を見て鞍上が逃げの手に取ると、最後まで馬も踏ん張り、逃げ切りに成功。ヴィクトリアマイル2連覇を達成した。続く宝塚記念も3着に入り、完全復活と見ていい。
休養明けから走るタイプでは無いのが不安だが、強力な先行馬不在で展開利が見込める。
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。