2014年10月26日(日)

11R

2014年10月26日(日) | 4回京都7日 | 15:40発走

第75回菊花賞(GI)

芝・右・外 3000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:11200、4500、2800、1700、1120万円 |

サウンズオブアース

社台F屈指の評判馬と言われ期待も高かったが、2歳時は前が壁になったり、展開の不利に泣いたりと不運な競馬が続いた。結局初勝利は3歳になってからで、クラシック第一弾の皐月賞には間に合わなかった。京都新聞杯で2着に食い込み何とかダービーには出走できたが、レースは見せ場もなく終わっている。
秋になって初戦は神戸新聞杯。直線でダービー馬ワンアンドオンリーを交わし一旦は先頭。最後は差し返されてしまったが、アタマ差2着は大健闘で、春に比べ大きく成長した姿を見せつけた。
直線が平坦のほうが脚を使えるので、京都コースに変わるのは好材料。大一番に強い蛯名騎手を鞍上に迎え、ワンアンドオンリー逆転を目指す。

ショウナンラグーン

終い勝負の形を定着させてからは成績が安定し、500万戦では常に上位に来ていたが、なかなか勝てないままダービートライアルの青葉賞に挑戦する。さすがに10番人気と支持は低かったが、重要な一戦で得意の末脚がこれまで以上に爆発。内で粘り込みを図るワールドインパクトらを大外から一気に飲み込み、2勝目を重賞で飾った。続くダービーは、この馬に不向きな展開になったが、厳しい状況でも6着まで押し上げ、着順以上の評価を得た。
夏は休養に充て、秋初戦のセントライト記念は見せ場なく8着。しかし叩き台仕様の仕上げと、内回りコースを考えれば度外視していい。目標はあくまで菊花賞。広く直線の長いコースで、末脚を爆発させる。

ゴールドアクター

3戦目の未勝利戦を勝った頃は目立った存在では無く、格上げ初戦のゆりかもめ賞は14番人気だったが、ここで2着に入ると続く山吹賞も素質馬トーセンマタコイヤを相手にハナ差2着。青葉賞でも勝ち馬からコンマ1秒差と善戦したが、惜しくも4着でダービー出走切符は逃している。
夏は札幌に遠征し、500万平場戦、そして支笏湖特別と2600m戦を2連勝し、菊花賞候補に伸し上がった。ここ2年の菊花賞を見ても、一昨年3着のユウキソルジャーが北海H1着、昨年3着のバンデが積丹特別1着と、北海道の2600m戦で勝ち上がった馬が好勝負している。ペースが上がってスタミナ勝負になれば、この馬の出番だ。

タガノグランパ

マイルのアーリントンCで2着、1400mのファルコンSを快勝。多くの人がNHKマイルCの有力候補として挙げていたが、同馬が向かった先はまさかのダービー。皐月賞で大敗したこともあり、2400mは尚更厳しいという見方が多かったのだが、好位追走から直線も粘りに粘り4着に入線。2番人気トゥザワールドにも先着し、イメージを大きく変えた。
秋も距離短縮を図らずセントライト記念に出走。中団から伸びると、イスラボニータには歯が立たなかったが、トゥザワールドに迫る3着。もはや距離不安を言う人もいないだろう。
先行差しともにできるので、ペースに合わせて競馬ができるのは強みだ。

トゥザワールド

2戦目の未勝利戦から怒涛の4連勝。黄菊賞はレコードで圧勝し、弥生賞ではワンアンドオンリーを抑えての勝利。皐月賞1番人気は当然の評価だった。レースも3番手の好位置につけ勝利も見えたのだが、直線であっという間にイスラボニータが並びかけてくると、これに抵抗できず2着に終わった。
ダービーで逆転を試みたが、いつもより番手を下げると、最後まで上位に取り付くことができず5着と不完全燃焼に終わった。自分の競馬を取り戻すため、セントライト記念は前へ行って2着。やはりこの馬は積極策のほうが合っているようだ。
念願のクラシック制覇は、ワンアンドオンリーと同じ競馬では勝機が薄い。ここも積極策で活路を見出したい。

ワンアンドオンリー

弥生賞も皐月賞も、最後にいい脚を繰り出すが結局届かず。大目標のダービーは、東京コースに変わる反面、大外一気が効きにくい傾向から、またしても2、3着というシーンも考えられた。そんな大一番でまさかの好位追走。鞍上横山典騎手の腕もあるのだろうが、かかり気味に進む姿は、これまでの同馬に無いものだった。こうなったら怖いものはない。最後は皐月賞馬イスラボニータとの一騎打ちを制し、堂々ダービー馬の栄誉に輝いた。
秋も順調に迎え、神戸新聞杯は一時サウンズオブアースに前に出られたものの、最後は差し返してダービー馬の底力を見せつけた。
最大のライバルであるイスラボニータが不在で、菊花賞は1強状態。ここはダービー馬の貫録を見せ、次なる古馬の大物との戦いに向かいたい。

サトノアラジン

今世代一番の期待馬が、ようやく覚醒した。春までは重賞で好戦するも内容が物足りなく、評判だけが一人歩きしていたが、この夏に変身。500万の茶臼山高原特別、1000万の九州スポーツ杯は時計、内容ともに申し分なく、菊花賞へ向けて順調に進んでいた。
その期待の高さは神戸新聞杯のオッズに現れ、ワンアンドオンリーが1.6倍なら、こちらは3.4倍。3番人気の単勝が10倍以上ついたため、ダービー馬との2強対決のような形になっていた。だが道中かかり気味になったためか直線でいっぱいになり、4着と敗れた。
3000mに延びる今回は折り合いが懸念される。これを抑えることができれば上位争いは必至なのだが。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。