2014年10月14日(火)

11R

2014年10月14日(火) | 4回京都3日 | 15:35発走

第49回京都大賞典(GII)

芝・右・外 2400m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6200、2500、1600、930、620万円 | レコードが出たレース

タマモベストプレイ

兄姉にタマモホットプレイ、タマモナイスプレイ、チャームポットなど活躍馬は多いが、実績はマイル以下が中心。このため同馬も短距離路線を進むと思われていたが、1800mのきさらぎ賞を勝つとクラシック戦線に挑戦。スプリングSで2着、皐月賞5着と健闘した。
その後は苦戦が続き、1800mから3000mといろんな距離を使ってみたものの、なかなか適性を見つけることができず迷走する形になってしまった。勝ち星どころか3着にも入れない結果が続いたので、重賞を諦め初めてオープン特別の丹頂Sに出走。一気に相手が楽になると、好位追走から逃げ馬を捕まえて約1年半ぶりの勝利を掴んだ。
この勝利をきっかけに、今度は久々の重賞勝ちを掴みたい。

デスペラード

かつてはダートを中心に使われていたが、芝に主戦場を変えて一変。昨年の阪神大賞典ではゴールドシップの2着に食い込み、年末のステイヤーズSでは2着に3馬身半の差をつける楽勝で、初めての重賞タイトルも取っている。
この頃まではペースの遅い3000m超のレースでは中団につけられるが、それ以外では後方から追い込む戦法が多かった。この形を大きく変えたのが今年の京都記念。誰もがまさかと思った逃げの手に出ると、4コーナーで一旦下げながら再度差し返すという見事な競馬で快勝。鞍上・横山典騎手の腕が光ったが、これに応えた馬も立派だった。
京都大賞典は、その京都記念とは1F違うだけの似たコース。京都記念の再現もある。

トーセンラー

きさらぎ賞を勝ち、菊花賞3着など3歳時から活躍は見せていたが、夏のローカルでなかなか勝てないなど物足りない部分も多かった。しかし馬体が成長した昨年の京都記念では、これまでと見違えるような脚で差し切りを演じると、続く天皇賞・春も2着し、トップクラスの一頭として数えられるようになる。
昨秋は京都大賞典で3着すると、続くマイルCSでは800mの距離短縮に対応し、鮮やかな差し切りでG1ウイナーに輝いた。
ここまで京都コースは10戦して4勝、2着2回、3着3回の好成績。その中にはG1をはじめ重賞3勝が含まれ、適性はかなり高い。目標はマイルCSだろうが、能力と相性から、叩き台と思われるここをあっさり勝っても不思議はない。

ヒットザターゲット

4歳末の1000万特別から新潟大賞典勝ちの間は5戦4勝の快進撃。ただ内ラチを頼る走りで、好成績は内枠に集中。そんな性格的な問題もありオープンクラスでは結果が安定せず、小倉大賞典を勝った時も内から抜け出してのものだった。
このような状況から昨年の京都大賞典も11番人気の低評価だったが、突然大変身を遂げる。これまでのように内に拘らず、馬場の真ん中を進出すると最後まで伸び切り、トーセンラー、ゴールドシップら大物を抑えて大金星。3連単360万円の立役者となった。
今夏はG1の宝塚記念でも4着と好走。昨年はまさかの勝利だったが、今年は勝っても当然の存在だ。

フーラブライド

主戦のダートで頭打ちになって、久々に芝を試すと激変。阪神の500万戦を勝つと、続く1000万も勝ち、1600万を超えて愛知杯に挑戦。実績もなく12番人気の低評価は仕方なかったが、連勝の勢いは重賞でも止まらず中団から差し切り3連勝。牡馬相手の日経新春杯も3着に入線すると、牝馬同士の中山牝馬Sを勝つことは難しくなく、一まくりで楽々2つめの重賞タイトルを獲得した。ただ初めてのG1挑戦となったヴィクトリアマイルは懸念されたスピード競馬に対応しきれず大敗。2000mのマーメイドSでは後方から詰めたが3着に終わっている。
今回の舞台は日経新春杯で善戦した同じコース。巻き返しは必至だ。

メイショウマンボ

1400mのフィリーズレビューに勝ち、桜花賞で惨敗したときは短距離馬のイメージも濃かったが、2400mのオークスを快勝したことで再評価が必要となった。だがクラシックを勝っても、この頃はまだ牝馬の有力の一頭という位置づけ。それを表すようにローズSは4番人気でしかなかった。それも秋華賞を勝つことで、ついに3歳牝馬のトップであることを証明。更にエリザベス女王杯では古馬牝馬も一蹴。これで牝馬限定G1を3勝したことになる。
次は牡馬相手にどれだけ戦えるかがポイントなったが、大阪杯、宝塚記念で大敗。ヴィクトリアマイルは2着しているだけに、これは気になるところである。京都大賞典は牡馬のG1級も出走しており、今度こそ牡馬の壁を破りたい。

ラストインパクト

青葉賞でタイム差なしの3着に入るなど3歳時から素質の片鱗を見せていたが、古馬になって成績のほうは更にアップ。1600万クラスを卒業すると、1番人気に推された小倉大賞典では、前走まで条件クラスだった馬とは思えぬ堂々とした横綱相撲で楽勝。古馬の一線級が出てくる日経賞でも3着し、重賞戦線の常連となっていく。
天皇賞・春は9着も、積極的に勝ちに行った競馬で内容は上々。ここで一息入れ、休養明けで馬場も荒れていた小倉記念は人気を裏切ったが、一叩きされた新潟記念では勝ったマーティンボロからタイム差なしの3着に食い込み健在ぶりをアピールした。
瞬発力は足りないものの、いい脚を長く使えるので、京都の長距離戦は絶好の条件。使っている強みで、休み明けの実力馬に一泡吹かせたい。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。