IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2014年12月7日(日)

11R

2014年12月7日(日) | 4回中京2日 | 15:30発走

第15回チャンピオンズカップ(GI)

ダート・左 1800m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:9400、3800、2400、1400、940万円 |

クリソライト

この馬の力を満天下に見せつけたのが昨年のジャパンダートダービー。好位から積極的にレースを進め4コーナーで先頭に立つと、あとは独走で7馬身差の圧勝。後の重賞勝ち馬エーシンゴールド、ケイアイレオーネ、ベストウォーリアらを子供扱いと圧倒的な強さを見せた。
新たなダート界のスター誕生と思いきや、その後は馬券圏内にも入れない6連敗。夏のマーキュリーCでようやく2着に入ると、ここから反撃開始。日本テレビ盃では後続に7馬身差をつける圧勝で、強いクリソライトが蘇った。次で崩れたら過去の繰り返しになってしまうが、JBCクラシックで2着に入り今回は安定している。
ここ一番で発揮する強さは現役トップクラス。JRAのG1レースでも十分通用する。

ホッコータルマエ

4歳になった昨年2月に佐賀記念を勝つと、ここから名古屋大賞典、アンタレスS、かしわ記念、帝王賞と怒涛の重賞5連勝。南部杯2着で連勝は止まったが、続くJBCクラシックを優勝。ジャパンCダートは1.9倍の圧倒的人気となったが、ベルシャザールらに差され3着に敗れている。
その後も東京大賞典、川崎記念を制したが、フェブラリーSでは2着と、なかなかJRAのG1戦を勝てない。ドバイ遠征で体調を崩し、長期の休養を取ってJBCクラシックに出走。4着に敗れたが、7か月ぶりのレースで強豪相手を考えれば上々の復帰戦だった。
叩いた効果は大きく、先行馬に有利な中京コースも、好位で競馬をするこの馬には有利な舞台だ。

ニホンピロアワーズ

チャンピオンズCの前身になるジャパンCダートを2年前に優勝。2着に3馬身半差をつける楽勝で、その後の活躍が期待された。しかしホッコータルマエとの戦いで敗れることが多く、昨年は平安Sの1勝のみで終了。今年は東海S、ダイオライト記念と春に重賞を2勝し復権も見えたが、G1の帝王賞では4着に敗退。前哨戦のみやこSでも休養明けと58キロが影響したか、中距離戦では3年ぶりに掲示板を外す大敗を喫した。
近走成績を見ると力の衰えを感じてしまうが、チャンピオンズCと同コースの東海Sに勝つなど左回りでは好走しており、反撃の可能性は残っている。一叩きで調教の動きも更に良くなり、久々にG1激走もある。

ワンダーアキュート

3歳時に武蔵野Sで初重賞を制し、その後は長らくダートのトップクラスと激戦を展開。年が明ければ9歳になるキャリアだが、まだまだ衰えを知らない古豪である。
ここまでJBCクラシック、帝王賞と地方交流G1は2勝しているが、JRAのG1は勝っていない。そのチャンスが最も大きかったのが昨年のジャパンCダートだったが、ベルシャザールにクビ差届かず悔しい一戦となった。この年を含めジャパンCダートは3年連続2着と、このレースへ向けての仕上げ方は陣営も熟知しており、今年も完璧な仕上がりで出てくることだろう。中京コースに変わるが、左回りは問題なし。もう2着は要らない。今度こそ待望の優勝を狙う。

ローマンレジェンド

3〜4歳にかけて6連勝。この勢いで臨んだ一昨年ジャパンCダートでは1番人気に推されたが、4着に敗れて連勝はストップ。しかし直後の東京大賞典を勝ち、ダート王の地位に最も近くにいたのが、この馬だった。
この勢いが昨年、パタリと止まる。かしわ記念、みやこS3着と好成績もあるが、ジャパンCダート13着など大敗も目立ち、連勝街道を突き進んでいたのがウソのようなスランプに陥った。
今年は骨折の影響で休養し、夏のエルムSが復帰戦。今年に入って進境目覚ましいクリノスターオーとの一騎打ちを制し、1年7か月ぶりの勝利の美酒を味わった。前走勝利で復活となれば、ここは軽く扱えない。

コパノリッキー

ファンを仰天させたのは今年のフェブラリーS。前2戦がオープン特別で大敗しており、16頭立てのシンガリ人気。レースでは積極的に2番手につけ、直線で逃げていたエーシントップを交わすと、ここから粘りに粘る。2番人気のホッコータルマエが迫るも半馬身退け、大波乱を巻き起こした。人気薄の激走で当然フロックの見方もあったが、かしわ記念1着、帝王賞2着と交流G1で活躍し、否定的な見方を封殺した。
秋のスタートとなった前走JBCクラシックでも、並み居る強豪を相手にマイペースで競馬を進め3馬身差の楽勝。これで交流レースを含めG1は3勝。もはや敵無しの状態で、ダートチャンピオンの地位に揺るぎはなく、チャンピオンズCで改めて力を示したい。

インカンテーション

昨年もG3のレパードSに勝つなど活躍していたが、今年に入って更に成長。8か月ぶりだったエルムSで3着に入ると、BSN賞、ラジオ日本賞とオープン特別を2連勝。勢いをつけて臨んだチャンピオンズCの前哨戦みやこSでは2番人気に推された。クリノスターオー、ニホンピロアワーズら有力馬が真ん中より内の枠を引いたのに比べ、こちらは14番枠と不利な状況。レースでは枠なりに外をまわらされたが、少々のロスもおかまいなしと、最速上がりで差し切り。これで3連勝と勢いは止まることをしらない。
G1ということで一気の相手強化となるが、今の充実ぶりと着差以上に強かった前走内容から、ここで劣るとは思えない。ダートの左回りでは最近4連勝と好成績で、中京コースも味方する。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。