IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2014年12月28日(日)

9R

2014年12月28日(日) | 4回中山8日 | 14:35発走

第31回ホープフルステークス(GII)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系2歳 | オープン (国際)牡・牝(特指) 馬齢 | 本賞金:6500、2600、1600、980、650万円 |

シャイニングレイ

新馬戦は、菊花賞2着サウンズオブアースの半弟クロイツェル、重賞の常連ダコールの全弟ブロードキャストなど期待馬が並んだ注目の一戦だったが、ここで圧倒的な強さを見せつける。道中は2番手につけ4コーナーで先頭。ここから後続を離すと、最後は2着に3馬身半差をつけ快勝した。ゴール前の2Fは10秒8-10秒8と新馬戦としては出色の上がりラップ。これを抑えたまま出した脚力は並のものではあるまい。
全兄のククイナッツレイはレコード決着の京都新聞杯で4着、全姉カアナパリビーチは故障で引退したが、未勝利戦で強い競馬を見せクラシック候補にも挙がった馬。初戦のレース内容に加え、血統背景の確かさからも将来はかなり有望だ。
デビュー2戦目で強豪相手は厳しいが、2連勝となればクラシック候補の筆頭になってこよう。

ソールインパクト

1番人気に推されながら2着に敗れた新馬戦だったが、この時の勝ち馬は、続いて新潟2歳Sを制することになるミュゼスルタンでは仕方なかった。今度こそと期待された2戦目もハナ差負け。ついに3戦目は単勝1.1倍の圧倒的支持に推され、快勝している。
勝ち上がりに3戦かかったせいもあり、東京スポーツ杯2歳Sは9番人気。ただ新馬戦でミュゼスルタン以上に人気を集めた素質は本物だった。外をまわって徐々に進出すると、一時は勝利が見えたほどの好レースを展開。最後はサトノクラウン、アヴニールマルシェに差されたが、勝ち馬からコンマ1秒差なら胸を張れる。
早めに動けるので中山コースでも問題なし。前走以上の結果を期待したい。

タンタアレグリア

半姉に6戦4勝で引退したパララサルーがおり、デビュー前から弟の同馬も期待は高かった。ただ新馬戦は、先行有利の展開を後方から伸びるも2着。結果は敗れたが、勝ち馬以上に内容の濃い競馬を見せていた。おかげで2戦目は圧倒的人気になったが、ハナ差敗れて2着。その後はリフレッシュ放牧に出され、これが良かったか休養明けの未勝利戦で大きく成長した姿を見せる。14キロ増えた馬体重も良かったが、更に良くなったのはレース内容。道中は後方を進み、直線は大外からジワジワ伸び始めると、東京の長い直線でも全く乱れはなく堂々の差し切り勝ち。瞬発力は感じさせないものの、いい脚を持続して使えるスタミナは2歳馬の中でもトップクラスだ。
直前の坂路調教では古馬も含めての一番時計を馬なりでマークと、ここへ来ての上昇力も目立っている。

ダノンメジャー

高い素質はデビュー戦から発揮されていた。好位でレースを進めると、楽々抜け出し最後は持ったままでフィニッシュ。時計云々よりも、大人びた勝ちっぷりから、「橋口厩舎のダービー2連覇もある」と早すぎる声も出たほど。2戦目の野路菊Sでは4コーナーでも後方で届くか心配されたが、測ったように差し切って2連勝。京都2歳Sでは同じく2戦2勝のティルナノーグとの対決が見ものだったが、ライバルは渋った馬場に苦しみ大敗。これをマークしたためか、先に抜け出したベルラップを捕まえることができずに2着と悔しい結果となった。ただ能力はしっかり見せつけ、高い評価が下がることはない。
父からパワーも感じさせ、中山は向くタイプ。今度こそ差し切りを決めたい。

ティルナノーグ

新馬戦では評判馬トーセンバジルを捻じ伏せデビュー勝ち。休養を入れて秋の紫菊賞で復帰すると、そこには新馬で破ったトーセンバジルの姿が。2連敗はできないと先に抜け出して勝利を狙った相手に対し、こちらはワンテンポ遅らせて進出を開始すると、凄まじい瞬発力で一気に差し切った。勝ち時計はスローペースにもかかわらず、京都2000mを2分0秒5のレコード勝ち。それだけ終いの脚が凄かったということだ。
この2連勝の内容から京都2歳Sは1番人気に推されたが、まさかの7着。渋った馬場に苦しんだようだが、少々負け過ぎの感もある。クラシックへ向け、2戦連続で恥ずかしい競馬はできず、ここは背水の陣となる。

マイネルシュバリエ

夏の福島芝1800m戦でデビュー。積極的に競馬を進めると、上がり3Fを12秒5-11秒9-11秒5の加速ラップで1着ゴール。これでは他馬は全く手が出ない。この内容から札幌2歳Sでも期待は高まったが、11番人気の低評価。これに反発するように、レースでは3番手から抜け出し、一時は先頭。最後はブライトエンブレムの強襲に屈したが、牝馬のトップクラスであるレッツゴードンキを抑えて2着に入線。差し馬に有利な展開を考えれば、内容はかなり高い。続く東京スポーツ杯2歳Sは大敗したが、プラス20キロの馬体重と、瞬発力勝負の東京も合わなかったか。
中山2000mは福島、札幌戦の内容から合うと思われ、札幌2歳Sに続く波乱の目となりそうだ。

レトロロック

大物の雰囲気を醸し出したのが小倉のデビュー戦。3コーナーから楽にまくっていくと、直線も勢いのまま先頭に。最後まで手綱が派手に動くことは無く、まるで調教を見るようなイメージで楽勝した。
このレースで評価を一気に高め、2戦目の黄菊賞は圧倒的な人気。前回は楽に上がって行けた3コーナーだったが、今回は明らかに折り合いを欠いて暴走気味に進出。これが祟ってベルラップにハナ差2着と敗れた。巻き返しを期したシクラメン賞だったが、前走以上に折り合いに苦しみ、最後までチグハグな競馬。結果は6着大敗となった。
素質の高さは間違いないのだが、現状は気性の問題で結果が伴わない。重賞でも、しっかり折り合えれば逆転も期待できるのだが。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。