sportsnavi

2014年4月12日(土)

11R

2014年4月12日(土) | 3回中山5日 | 15:45発走

第32回ニュージーランドトロフィー(GII)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:5200、2100、1300、780、520万円 | レコードが出たレース

イダス

デビュー戦9着から始まり、6戦連続で8着以下と、初勝利も遠い結果が長く続いた。ようやく変化が見えたのは2月8日の京都の芝マイル戦。12番人気だったが、新馬戦以来の先行策に出ると2着に粘り、初めて掲示板に載った。
ここから急上昇し、続く阪神マイルの未勝利戦はあっさり逃げ切り。勝ち時計の1分34秒7も速かった。格上げ初戦の中山マイルの500万戦も先手を取ると、最後まで危なげなく逃げ切り。入着もできなかった頃がウソのような成長ぶりである。
兄のマイネルホウオウは、昨年のNHKマイルCを勝ち馬。ここで3着以内に入れば、兄に続くNHKマイルC制覇も見えてくる。

ウインフェニックス

未勝利戦を勝って臨んだ新潟2歳Sは14番人気の低評価を跳ね返し4着善戦。このレースは勝馬ハープスターが後に阪神JF2着、チューリップ賞勝ち、2着のイスラボニータが東京スポーツ杯2歳S、共同通信杯勝ち、3着のピークトラムがデイリー杯2歳S3着、5着のマーブルカテドラルがアルテミスS勝ちと、上位は実力馬ばかり。そのため、この馬にも期待がかかったのだが、その後の4戦は2、2、3、3着と、内容は良かったがなかなか勝ち上がれないレースが続いた。
ようやく2勝目を掴んだのが、前走の中山マイルの500万戦。好枠を生かして内から進出すると、大外から追い込んできた良血トレクァルティスタをクビ差抑えた。
今回も内枠を引いて前走のような競馬ができれば、チャンスはある。

カラダレジェンド

デビュー戦は時計こそ目立たなかったが、3番手から楽に抜け出して快勝。続く京王杯2歳Sは、いきなりのG2挑戦ながら5番人気は、キャリアを考えれば評価されていた。レースは1400mの重賞にもかかわらず、テンの3Fが36秒7という超スローペース。この流れにしっかり折り合って2番手を進むと、追いすがるラブリープラネットを突き放し、クインズハリジャンを半馬身抑えて優勝。
デビュー2連勝となり、朝日杯FSの有力候補にもなったが、脚部に軽い不安が出て回避となった。復帰戦となったのはファルコンS。7着の結果は、久々のうえに、初めて差す競馬になったことも敗因だろう。
叩いた効果と、2連勝時の積極性が戻れば、2つ目の重賞勝ちも見えてくる。

ショウナンアチーヴ

阪神JFを勝ったショウナンパントルの初仔として注目を浴びたが、デビュー戦は人気を裏切り3着。しかし若駒らしく荒々しい競馬で、素質は十分感じられた。キャリアを積んでレース運びも落ち着いてくると、4戦目のからまつ賞で2勝目をマークし、朝日杯FSへ進む。
大一番を迎え、これまでよりも早めに進出していくと馬もこれに応え、一時は先頭を窺う勢い。母に続くG1の栄冠が近づいたが、そこへアジアエクスプレスが襲い掛かり、無念の2着に終わった。
今年はファルコンSから始動。後方から進み、直線は伸びてきたものの6着まで。消極的な競馬は、叩き台のイメージを濃くさせるもので、気にする結果ではなかろう。朝日杯2着の舞台で、今回は出番だ。

ショウナンワダチ

新馬はメンバー最速上がりで差し切り。2戦目のベゴニア賞は、4コーナーで15番手と絶望的な位置に思えたが、馬群を貫いて前方をまとめてごぼう抜き。後にスプリングSを勝つことになるロサギガンティアを抑えて、デビュー2連勝を飾った。
朝日杯FSでも当然期待は高まったが、不運にも中山のマイルでは不利である大外枠を引いてしまった。その影響もあったか、直線でもジリジリとしか伸びず6着と不本意な結果となった。2勝した東京コースに活路を見出そうと共同通信杯にも出走したが、見せ場もなく8着。相手も強かったが、それ以上に距離の不安を感じさせる内容だった。
マイル戦に戻る今回は巻き返し十分だが、できれば持ち味の瞬発力が生きるきれいな馬場で競馬をやりたい。

ベルルミエール

夏の小倉でデビュー勝ちも、小倉2歳Sは10着と敗れている。この後に放牧に出したことが良かったか、復帰後は好レースを続けている。3か月ぶりのレースとなった500万平場戦は2着。続くダート戦で3着後は、再度芝に戻すと、2着に2馬身半差をつける楽勝で2勝目を挙げている。
迎えたファルコンSは、大敗した小倉2歳S以来の重賞。ただ、今の同馬はあの頃とは違う。スタート200m後から10秒台ラップが2F続く厳しいラップを好位で進め、直線は首位争い。最後は差し馬勢に差されたが4着と好走。展開を考えれば、かなり好内容だった。今度はこちらに展開が向けば、初重賞も見えてくる。

マイネルディアベル

2戦目で勝ち上がったが、内容的には訴えるものがなく、地味な存在だった。5戦目のくるみ賞も勝ったものの、展開に恵まれた面が強く、京王杯2歳Sも結果を見ればよく走ったように見えるが、先行した4頭で決着しており、逃げて4着の同馬には物足りなさもあった。
しかし朝日杯FS以降は、一転して高い評価を与えたい。好位から粘り込み、アトムやプレイアンドリアルといった実力馬に先着しての4着。年が明けたクロッカスSでも、いつものように先行策から抜け出し、猛追してきたタガノブルグ、ツィンクルソードを抑えて3勝目。好位から競馬ができるので、大崩れしにくいのが強みだ。
トリッキーな中山マイル戦で、この馬の利点が生きてくる。
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。