競馬 - フジテレビ賞スプリングステークス - スポーツナビ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2014年3月23日(日)

11R

2014年3月23日(日) | 2回中山8日 | 15:45発走

第63回フジテレビ賞スプリングステークス(GII)

芝・右 1800m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:5200、2100、1300、780、520万円 | レコードが出たレース

アジアエクスプレス

東京のダート1400戦でデビュー。2着に5馬身の差をつけて圧勝すると、続く500万は、メンバー強化も関係なく7馬身差の楽勝。東京ダート1600m1分37秒9の時計も速く、同世代ダートのナンバー1という声も挙がり始めた。
当然全日本2歳優駿も最有力の声が多かったのだが、まさかの落選。これで朝日杯FSへ矛先を向けたのだが、初の芝コースでしかもG1戦なら、期待よりも不安のほうが大きいのは当然。しかしレースへ行って、ダート馬の評価は大きく変わることになる。直線で外に持ち出されると、豪快な末脚で他馬を一刀両断。無敗の3連勝を達成し、一躍クラシック候補に伸し上がった。
ここでスプリングSを勝てば、クラシック「候補」から、「本命」に変わる。

ウインマーレライ

デビュー戦はマイネルフロストの2着も、勝ち馬以上のインパクトを見る者に与え、評価を一気に高めた。2戦目の未勝利戦は、外不利の馬場で、大外からまくって勝利。3戦目のアスター賞も、中山では出にくい33秒台の脚で差しきりと、未来への展望が一戦一戦広がっていった。
だが強豪相手の東京スポーツ杯は、先行して脚を無くし大敗。やはり脚を溜めた競馬がいいと、ホープフルSではいつもの差す競馬に徹したが、あまりに大外をまわり過ぎ5着と微妙な結果。続く京成杯は再度前に行く競馬を試みたが、折り合いを欠いて凡走。どうもチグハグな競馬が続いている。
スムーズな競馬になれば、上位に食い込む力はあると思われるのだが。

クラリティシチー

8月3日の新潟芝1800mの新馬戦は評判馬が集まり注目を集めたが、それらを蹴散らして勝利し、一躍評価を高めた。今世代のトップクラスが揃った東京スポーツ杯2歳Sでも、前残りの展開を後方から追い込み、イスラボニータ、プレイアンドリアルから少差の3着。 これならすぐに賞金を加算できると思われたが、運に見放される。ホープフルSは17番枠を引き、大外をまくる強引な競馬で末を無くし、強い競馬をしたものの3着。前走のセントポーリア賞では前が塞がり、ようやく開いたところから猛然と詰めたのだが、クビ差及ばず2着に泣いた。
おかげで未だ立場は500万下。能力は他のクラシック候補達にも負けておらず、何とか皐月賞への切符を掴みたい。

ベルキャニオン

弥生賞を勝ったカミノタサハラ、レパードSを勝ったボレアスを初め、マウントシャスタ、キラウエアと、兄の4頭は全てオープン馬。この馬も早くから高い評判を得て、待望のデビューは天皇賞・秋と同日の芝2000m新馬戦。同じく評判だったラングレーに敗れたが2着に入り、続く未勝利戦はレコード勝ちと、早くも素質馬の片鱗を見せていた。
ホープフルSも小回りコースに苦しみながら2着入線。共同通信杯は好位から抜け出し、イスラボニータには屈したが2着と結果を残した。
器用さに欠けるところがあるので中山コースは微妙だが、素質でどこまでカバーできるか。これをクリアできれば、皐月賞はもちろん、それ以上にダービーが俄然有力視される。

マイネルアウラート

秋の中山でデビュー勝ちしたが、スローペースを逃げ切ったもので展開に恵まれた感は否めなかった。上のクラスに上がってからは力が足りず、勝ち馬から1秒以上離される大敗が続いた。
この流れに変化が出てきたのは3走前のジュニアC5着あたりから。続く東京芝1800mの500万平場戦は出世レースと呼ばれ、今年もロサギガンティア、オリハルコンなど前評判の高い馬が出走してきた。これらを相手に、上がり最速の脚で上位に接近し3着と大善戦。続く東京マイルの500万平場戦では、近走と一転2番手につける積極策から直線で抜け出すと、素質馬のサトノフェラーリ、シンガンらを抑えて勝利と完全に軌道に乗った。先行、差し両用できるのは強みで、ここも軽く扱えない存在だ。

モーリス

衝撃度で言えば、昨年の新馬戦では1、2といってもいいほどの内容だった。道中は追い通しのシーンもあったが、直線では持ったままで進出し、逃げ馬を楽に交わすと、抑えたままで3馬身突き放す楽勝。時計は京都芝1400mで1分20秒6のレコード勝ち。早くもNHKマイルCの有力候補誕生を感じさせた。
この期待感から、続く京王杯2歳S は1.5倍の圧倒的人気。しかし大きく出遅れたうえに、超のつくスローペースになり、33秒1の脚を繰り出したものの5着に敗れた。続く万両賞は楽勝し復権したが、シンザン記念はかかり気味でスタミナをロスし、5着に沈んでいる。
能力よりも、問題は1800mの距離。前走同様かかり気味になると厳しくなる。

ロサギガンティア

調教内容から新馬戦は断然人気になるも、期待を裏切る4着。評判倒れを思わせたが、一戦で期待を取り戻す。3か月間隔を開けて臨んだ未勝利戦は、抑えたままゴールの楽勝。ベゴニア賞も勝てる相手だったが、直線で進路が無くなり、ようやく開いたものの2着惜敗と不利に泣いた。
再度間隔を開け、迎えた東京の500万平場戦は、またしても直線で前が開かず前走の悪夢再現となりそうだったが、進路がみつかると矢のような伸びで勝利を掴んだ。
末の斬れ味なら、同世代のトップクラスと比べても全く劣らないもの。中山コースは初めてだが、一瞬の鋭い脚が直線の短いコースでは大きな武器になる。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。