2014年3月9日(日)

11R

2014年3月9日(日) | 2回中山4日 | 15:45発走

第51回報知杯弥生賞(GII)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際)(指定) 馬齢 | 本賞金:5200、2100、1300、780、520万円 |

アズマシャトル

とにかくデビュー戦が凄かった。中団から鋭い脚を繰り出し、最後は楽な手応えでゴールイン。その上がりラップは、12秒0-11秒5-10秒9と、なかなか見られないような超加速ラップ。秋の京都は高速上がりラップが多かったが、さすがにこれは別格だ。
この末脚を武器に、続く千両賞ではウインフルブルームには離されたが、エイシンブルズアイに先着して2着。ラジオNIKKEI杯2歳S では、早めに仕掛けて抜け出し。遅れて仕掛けてきたワンアンドオンリーに差されてしまったが2着を確保。終わってみれば、脚を溜めていた馬が上位を占めるレースで、早め進出の同馬の内容は、勝ち馬に全く劣っていなかった。差し脚比べになれば、他馬には負けない。

アデイインザライフ

母のラッシュライフは、1200mの函館2歳S、1400mのファンタジーSをともに2着した馬。母の父もサクラバクシンオーで、仔も短距離志向が強いと思われたが、デビュー戦は2000mを選択。後方に位置していたが、3コーナーからまくり気味に進出。ここで脚を使いゴールまで持つか不安視されながらも、崩れるどころか12秒1-11秒8の加速ラップを楽に差しきり。その強さは、有馬記念当日の大観衆に強くインプットされた。
続く京成杯は、一気のメンバー強化となったが、4コーナー15番手から最速上がりで上位に迫り、3着まで押し上げた。ディープインパクト産駒らしく鋭い差し脚を武器にしており、できれば広いコースで走らせたいが、デビューから2戦は中山で実績を残しており、ここも大丈夫。キャリアから上積みなら一番だ。

エイシンエルヴィン

初勝利まで3戦かかったが内容は悪くなく、2戦目はプロクリスが好タイムで勝ったレースで3着。ちなみに2着は、後にラジオNIKKEI杯2歳Sを勝つことになるワンアンドオンリーである。3戦目は京都の未勝利戦を楽勝。勝ちっぷりから上でも通用すると思われたが、ここで休養に入った。
4か月の休みを挟み、きさらぎ賞に挑戦。久々の上に、トーセンスターダム、バンドワゴンと今世代のトップクラスが出走していることもあり、単勝は62倍という大穴の立場。しかしレースでは、直線内から抜けてきて人気2頭に接近。さすがに交わすまでには至らなかったが、勝ったトーセンスターダムにしっかりついていって、コンマ2秒差の3着。4着以下には3馬身の差をつけ、成長をアピールした。前走内容から、大きく評価を改める必要があろう。

キングズオブザサン

デビュー戦が裏開催の新潟で、しかも勝ちタイムが2000m2分6秒9と全く目立たなかったこともあり、2戦目の黄菊賞でもマークは薄かった。しかしレコード決着からコンマ2秒差の4着に入り評価は上昇。続く葉牡丹賞は好位から抜け出すと、2着に2馬身半差をつける楽勝。京成杯では1番人気の支持を受けるまでになった。大外枠を引いたこともあり、前走より抑えて中団の位置取りで進め、直線は外から進出。プレイアンドリアルの末脚に屈したものの2着を確保し、この馬の力は十分見せつけた。
母は快足馬スティンガーだが、父がチチカステナンゴで、スタミナとパワーも兼ね備えるタイプ。時計のかかる馬場になれば、ライバルを圧倒する場面もある。

サトノロブロイ

函館でデビューした頃は目立った存在でもなく、デビュー戦も流れ込んでの4着に終わっている。この一戦で休養に入れ、復帰初戦の京都では一変する競馬を見せてくれた。積極的に逃げの手に出ると、素質馬サウンズオブアースの追撃をクビ差抑えて初勝利。続く京都2歳Sでも2番手から粘り腰を見せ、トーセンスターダムからコンマ2秒差の3着と頑張った。1勝馬の身ながらG1朝日杯FSにも挑戦。先行策をとれず自分の競馬ができなかったが、それでも8着と大崩れしなかったのは評価できる。福寿草特別では、ガリバルディ、サングレアルと評判2頭に注目が集まったが、この2頭に競馬をさせず、3番手から抜け出して快勝した。
地味だが、レースセンスに溢れ、ここ4戦は全て人気より上の着順に来ている。弥生賞も、スムーズに先行できれば見せ場はつくれる。

トゥザワールド

母はG1馬トゥザヴィクトリー、全兄がトゥザグローリーという良血で、大きな期待を担っての新馬戦だったが、バンドワゴンに6馬身ちぎられた2着。ショッキングなデビューとなったが、そこは良血馬。2戦目で大変身を見せる。未勝利戦を馬なりで楽勝すると、黄菊賞も好位から抜け出し楽勝。京都芝1800m1分46秒5のレコードタイムを、余裕をもってマークした。3連勝を目指した若駒Sは1.4倍と圧倒的人気に支持されたが、内容もこれに見合うもの。スローペースにもしっかり折り合い、最後は33秒6の脚でさっと抜け出し、手応え十分の楽勝。
3連勝は全ていっぱいに追うことのない楽なもので、まだまだ底知れぬ雰囲気を漂わせる。ここは皐月賞へ向けて、通過点でしかない。

ワンアンドオンリー

新馬戦は12番人気で10着。そんな馬が、まさか4か月後に重賞を勝つとは、なかなか思うまい。2戦目の未勝利戦を好タイムで2着し変身を感じさせると、3戦目に初勝利。萩Sは勝ち馬のデリッツァリモーネにハナ差敗れたが、通ったコースの差を考えると、内容は断然こちらのほうが上だった。評判馬が揃った東京スポーツ杯2歳でも差のない6着に入り、高い資質を見せているのだが、地味なイメージが強いのかラジオNIIKKEI杯2歳Sでは7番人気にしかならなかった。これに反発するように、馬群を貫いてゴール前抜け出し、堂々重賞ウイナーに輝いた。近親には皐月賞馬ノーリーズンもおり、血統も今春の活躍を後押ししてくれる。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。