IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2014年11月8日(土)

11R

2014年11月8日(土) | 5回東京1日 | 15:35発走

第50回京王杯2歳ステークス(GII)

芝・左 1400m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系2歳 | オープン (国際)(指定) 馬齢 | 本賞金:3600、1400、900、540、360万円 |

アクティブミノル

5番人気と期待感はそれほど大きくなかった新馬戦だったが、最後まで楽な手応えで5馬身差の圧勝。評価したいのは勝ち時計で、函館芝1200m1分9秒8は、この開催の2番時計。開催も押し詰まった終盤であることを考えると、かなり価値の高いものだった。
この内容で自信を持ったか、陣営は連闘で函館2歳S出走を選択。当然疲れが心配されたが、楽に先手を取ると最後まで後続を寄せ付けず逃げ切り勝ち。着差は1馬身だが、それ以上に差を感じさせる楽勝ぶりだった。
ここは函館2歳S以来のレースだが、もともと目標がここだったので仕上がりは良好。スピードの違いを見せつけたい。

オープンザウェイ

デビュー戦は先行して2着。2戦目は後方から差す競馬に転じ、完全に逃げ切り態勢にあったネミッサをハナ差捉えて勝ち上がった。その後は休養に入れ、いちょうSは3か月振りの実戦。そこまで函館芝1200mしか経験がなく、東京のマイル戦は全く違うコース。更にメンバーも一気に強化され、単勝99倍のオッズからも分かるように、かなり厳しい局面だった。そんな不利な状況でも、中団から鋭く伸びて4着に入線。1分33秒5のレコードタイム決着での好戦は、今後への大きな自信になったことだろう。
父ヨハネスブルグは、昨年ホウライアキコやタガノブルグらの活躍で脚光を浴びた種牡馬。今年はオープンザウェイが、父の名を高める役目だ。

コウソクコーナー

1番人気に推された福島芝1200mの新馬戦は、期待に応えて2馬身半差の快勝。勝ち時計の1分10秒4も、この日の福島の馬場を考えれば上々だった。ダリア賞でも2番人気に推され連勝の期待がかかったが、好位からなだれ込んだ形の4着と、初戦ほどのパフォーマンスは見られず。間隔を開けた前走カンナSは、初戦と同じ1200mに戻ったが、後方から最速上がりで伸びたものの4着と、少々脚を余す結果になってしまった。
直前の調教では、坂路で古馬も含めての一番時計を出し、やる気満々。ここ2戦を上回る競馬が期待できそうだ。

サフィロス

血統的な背景もありデビュー前から評判になっていたが、1番人気で迎えた函館の新馬戦は、差して届かずの2着。勝ったマイネルエスパスが1分9秒5の開催ナンバー1時計で逃げ切ったとあれば仕方なかったか。2戦目は新潟芝1200mに場所を移し、3馬身差の快勝。1分9秒1の勝ちタイムも速く、オープンのカンナSでも1番人気に推された。このレースでは、直線で斜行した馬の煽りを食らって苦しい状況にあったが、態勢を立て直すと段違いの伸びで差し切りと、精神面の強さも感じさせた。
脚質から初の1400mも問題なく、差し脚を存分に使える東京コースもプラスになるはずだ。

ニシノラッシュ

福島1200mのデビュー戦は4馬身差の圧勝。父サクラバクシンオー譲りのスピードが際立ったが、そのぶんマイルになる新潟2歳Sは距離との戦いでもあった。レースは好位で進め一旦は先頭に立ったが、ミュゼスルタン、アヴニールマルシェに屈し最後は3着。しかし1分33秒4のレコードタイム決着に、上位2頭はG1も期待される素質馬であることから、この3着は大健闘だ。
この内容を考えると、メンバーが一気に落ちたくるみ賞がハナ差の辛勝というのは物足りないが、勝ちタイムの1分21秒7は評価していい数字だ。
G2とはいえ、新潟2歳Sの上位2頭に比べれば相手は楽。2戦前だけ走れば勝機は高い。

ワキノヒビキ

新馬戦は、勝ち馬から3秒以上離された大敗。2戦目の未勝利戦ですぐに勝ち上がったところを見ると、初戦は不良馬場が祟ったようだ。続くダリア賞は、先行馬が残る展開をものともせず大外から差し切り。2着から8着までハナ、クビの差が並ぶ接戦だったが、この馬のみ2馬身半の差をつけて突き抜け、力の違いを見せつけた。
新潟2歳Sは好位につけて8着に敗れたことから、前走のもみじSではダリア賞同様差す競馬に徹すると、最後方から矢のような伸びを見せアルマワイオリの2着。やはり脚を溜める競馬のほうが合っているようだ。
東京コースは大敗の新馬戦以来だが、あのときとは馬も違う。差し脚勝負になれば出番だ。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。