IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2014年5月25日(日)

11R

2014年5月25日(日) | 2回東京10日 | 15:40発走

第75回優駿牝馬(GI)

芝・左 2400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 定量 | 本賞金:9700、3900、2400、1500、970万円 |

バウンスシャッセ

新馬を勝った後の2戦は二桁着順の大敗。年明けの寒竹賞では8番人気の低評価に甘んじていたが、ここで逆襲を見せる。中距離戦にしては速めのペースを好位で追走し、4コーナーでは早くも2番手。ここまでに結構脚を使っていたのだが、抜群のスタミナで脚色は衰えず、楽勝のゴール。
これがフロックでないことはフラワーCで証明する。このレースも好位追走で直線を向くと、一時は前が壁になったが、焦らず道を見つけると、そこから一伸びで快勝。ここから桜花賞と思われたが、距離と馬場の適性から皐月賞へ挑戦。さすがに牡馬のG1では厳しく11着に敗れている。
今回は牝馬同士で、しかも2400m戦。持久力勝負になれば出番だ。

サングレアル

母がG1勝ち馬ビワハイジ、半姉のブエナビスタ、ジョワドヴィーヴルのG1馬を含め、上に重賞勝ち馬が5頭いる超良血馬である。当然のように期待は高く、新馬を快勝すると早くもクラシック候補に挙げられた。しかし420キロという小柄な馬体に体質の弱さもあり、続く福寿草特別は4着敗退。反動もあって休養に入り、桜花賞出走は叶わなかった。
久々となったフローラSは休養を挟んだものの、長距離輸送もあってマイナス4キロ。馬体の成長は見られなかったが、そこは良血馬。レースへ行くと、この血統の武器である鋭い末脚を駆使し、粘りこもうとするブランネージュをアタマ差捉え、このきょうだいでは6頭目の重賞ウイナーとなった。
前走の反動が心配だが、それさえ無ければ上位争いは必至だ。

ヌーヴォレコルト

2戦目の未勝利戦では、11秒0-11秒3の速いラップを差し切って高素質をアピール。続く500万こうやまき賞では、前走とは一転先行策に出ると、アドマイヤビジンの強襲を抑えて2連勝を飾っている。
ここで休養を入れ、迎えたチューリップ賞で初めてハープスターと対戦。あっさり交わされたものの2着を確保し、桜花賞出走権を獲得した。本番の桜花賞では中団から伸びたものの、ハープスター、レッドリヴェールに差され3着。ただハープスターとの時計差は、コンマ3秒からコンマ1秒に縮め、前進が感じられる。
今回は長距離輸送が無いため、調教もこれまで以上に強く施され、仕上げは近走より上。距離延長も味方にして、ハープスター逆転を実現したい。

ハープスター

牡馬を含めても、今年の3歳世代最強と評される存在で、オークスも断然人気になることは間違いない。この立場を確立した第一の衝撃は新潟2歳S。4コーナーでは離れた最後方で、誰もが届かないと思われた位置から32秒5の豪脚で他馬を一刀両断。この後4連勝で皐月賞を勝つことになるイスラボニータすら子供扱いにする凄まじさで、早くも大物を予感させた。
その後はスムーズさを欠いた阪神JFこそレッドリヴェールにハナ差負けしたが、チューリップ賞は調教のような内容で楽勝。桜花賞も定位置の最後方から直線だけで前方17頭を飲み込み、ただ勝つだけでなく、その強さをまざまざと見せつけた。
秋は凱旋門賞を予定。他馬には大目標のオークスも、この馬には通過点でしかない。

ブランネージュ

初勝利する6戦目までは2、3着を繰り返す惜しい競馬が続いていた。ようやく勝ち上がると、いきなりチューリップ賞に挑戦。相手が一気に強化されても、持ち前の安定感は発揮されて4着入線。いいレースはできたものの、桜花賞出走権利を取ることができず、500万の君子欄賞へ向かうと、好位から楽に抜け出し見事に勝ち上がった。
何とかオークスには出走したい。そんな強い意欲からか、トライアルのフローラSは3番手の好位置から早目に抜け出す強気な競馬。後続を引き離し、これで決まったかと思われたが、良血サングレアルが襲い掛かり、アタマ差の2着に泣いた。しかし道中は緩みのないペースで、上位は差し馬ばかり。この結果を考えると、勝ち馬以上の内容と評価してもいい。
今回は先行馬こそいるものの飛ばす馬は不在で、展開を味方にしたい。

マジックタイム

新馬こそマイネグレヴィルにちぎられたが、2戦目の未勝利戦は長い新潟の直線を利して18番手から直線一気。他馬の上がり3Fを1秒以上超える時計で差し切り、存在感をアピールした。
続く500万特別も快勝し阪神JFへ。得意とは言えない右回りながら、強豪相手に6着に入った。条件が向いたクイーンCでは、圧倒的人気のフォーエバーモアを相手にクビ差まで詰め、左回りコースでの強さを改めて証明。すると適性を考慮し、桜花賞を回避してフローラSへ。ここは人気を裏切る結果となったが、賞金的に無理をすることはなく、この結果は深く考えなくてもいいだろう。
大目標のオークスを迎え、大駆けの期待は十分。懸念される距離延長も、血統からはむしろプラスだ。

フォーエバーモア

デビュー戦を楽勝すると、サフラン賞でも好タイムで2連勝。続く阪神JFは直線で2番人気のホウライアキコを競り落とし一時先頭。ゴール寸前でハープスター、レッドリヴェールに差し込まれたが、勝ち馬とは時計差無しの接戦と大健闘。この結果からクイーンCでは単勝1.8倍の圧倒的人気に支持され、マジックタイムを抑えて勝利している。
当然のように桜花賞では、阪神JFの1、2着馬に続く3番人気に推された。しかし道中かかり気味になり、その影響か直線でも全く脚を伸ばせず8着と、デビュー以来初めて崩れた。
能力から上位進出も可能だが、問題は距離延長。桜花賞のように折り合いに苦労するシーンがあると、厳しい戦いになる。
Yahoo! toto

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。