IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2014年5月18日(日)

11R

2014年5月18日(日) | 2回東京8日 | 15:40発走

第9回ヴィクトリアマイル(GI)

芝・左 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際) 牝 (指定) 定量 | 本賞金:9000、3600、2300、1400、900万円 |

ウリウリ

高い能力を感じさせながらも、馬体の維持が難しく、3歳春までは力通りの結果が残せなかった。身が入った秋は、ローズSを10番人気ながら3着と躍進。1000万の衣笠特別を勝ち上がると、1600万クラスを飛び越えて挑戦したG3の京都牝馬Sでは格下にもかかわらず2番人気に推された。これに応えて、最内のラチ沿いを強襲すると、粘りこみを図るドナウブルーを捉えてのゴール。上がり3Fは32秒9という凄まじさだった。続く阪神牝馬Sは1400mの距離短縮が心配されたが、ここも中団から一気の伸びで上位に進出。スマートレイアーにハナ差負けしたものの、末脚は存分に見せつけた。
東京コース変わりはプラスで、瞬発力勝負になれば有利になる。

ストレイトガール

以前は下級条件にいる平凡な一頭だったのだが、昨夏の北海道で大変身。長期休養明けの500万を2着すると、そこから一気の4連勝。初めての重賞挑戦となったキーンランドCでもクビ差2着と善戦した。このレースでスプリンターズSの有力馬にも数えられたが、連戦の疲れを癒すため休養に入った。
3か月半ぶりとなった尾張Sは快勝。シルクロードSはレディオブオペラに人気を譲ったが、レースでは相手にせず楽勝。新たな短距離の王者誕生を思わせた。この勢いなら高松宮記念でG1戴冠と思われたが、大雨による不良馬場でスピードを殺され3着に泣いた。
今度こそG1の期待もあるが、ここ10戦連続して1200m戦に出走しており、1600mへの距離延長が課題となる。

スマートレイアー

昨年の桜花賞当日にデビューしたが、このときのマイル戦の勝ちタイムが、桜花賞のアユサンとコンマ3秒差。勝ち方も素晴らしく、大物誕生の予感をさせた。
春は2戦2勝で終え、秋はいよいよG1秋華賞に挑戦。出遅れて後方からの競馬になったが、直線で盛り返して2着入線。直線の短いコースを思えば価値あるレースだった。調子を落とした愛知杯は大敗したが、立て直した今年は、まず大阪城Sをあっさり勝利。ただ阪神牝馬Sは、経験のない1400m戦で速いペースに対応できるか疑問があった。実際、最後方からの競馬にはなったが、直線だけで全ての馬をごぼう抜きと衝撃のレースを演出した。
今回は東京のマイル戦と、この馬に向く舞台。G1馬のタイトルは目前だ。

デニムアンドルビー

昨年の今頃はフローラSを勝ち、オークスで3着していた。キャリアからまだまだ成長の余地があり期待された昨秋だったが、ローズSを勝ったものの、目標としていた秋華賞、エリザベス女王杯では馬券圏内にも入れなかった。
この2戦が全てでは無いことを、次戦のジャパンCで証明する。当然これまでのレースよりも強い相手との戦いになったが、メンバー最速の33秒2の脚を駆使してジェンティルドンナに接近。結局ハナ差届かなかったものの、改めて高い能力を示した。
今年はドバイに遠征したが、ここは惨敗。国内の牝馬限定G1で再度期待が高まるが、海外遠征後ということもあり、仕上がりに疑問が残る。

ホエールキャプチャ

6歳になる牝馬だが、2歳時から息の長い活躍を見せている。その2歳時はオルフェーヴルを破り、3歳時は牝馬3冠路線で2、2、3着、エリザベス女王杯も4着と好戦するものの、なかなかG1を勝つことができなかった。
この願いを叶えたのが、一昨年のヴィクトリアマイル。ドナウブルーとの叩き合いを制し、ついにG1馬の座に輝いた。これで気が抜けたか、その後5戦は全て二桁着順で終わった感も漂ったが、復活をアピールしたのが昨年のヴィクトリアマイル。ヴィルシーナのハナ差2着で再浮上。近走は府中牝馬S、57キロを背負った東京新聞杯と2つの重賞を勝ち、順調に来ている。
東京マイルは4戦3勝2着1回とほぼパーフェクト。得意レースで2つ目のG1に王手だ。

メイショウマンボ

昨年のオークスは距離延長を敬遠されたか9番人気。しかし直線で先頭に立つと、後続を引き離し、人気薄とは思えない強さで勝利した。
秋はローズSを叩いて秋華賞へ。残り4Fで11秒台が続く厳しいラップを乗り切って、先行集団を一飲み。スマートレイアーの追い上げも危なげなく退けた。エリザベス女王杯では重馬場となったが、パワーの要るレースになっても全く問題なし。ここでも2着に決定的な差をつけ、3つ目のG1を制覇。全てが完勝であり、今度は牡馬の強豪との対戦が注目された。それが大阪杯だったが、全くレースに集中できず大敗を喫してしまった。
大阪杯の結果が能力でないことは間違いなく、牝馬同士の一戦で改めて見直したい。

ラキシス

新馬戦の勝ち方からクラシック候補にも挙げられたが、体質が弱く、3歳春は低調な結果に終わった。じっくり成長を促し、迎えた秋は以前とは別馬のレースぶりを見せた。500万、1000万のレースは余裕のレースで楽勝。勇躍挑戦したエリザベス女王杯は、メイショウマンボの末脚に屈したものの、好位から粘りこみ2着を確保。得意とは思えない重馬場を考えれば大善戦だった。
今年初戦の京都記念は、初めての強豪牡馬陣が相手だったが、しっかり食らいつき4着。中日新聞杯はハナ差2着と、いつでも重賞を勝てる、いや牝馬限定ならG1でもやれる力はある。距離短縮は微妙だが、安定感ある差し脚から上位入線も期待できる。
Yahoo! toto

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。