IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2014年5月11日(日)

11R

2014年5月11日(日) | 2回東京6日 | 15:40発走

第19回NHKマイルカップ(GI)

芝・左 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 定量 | 本賞金:9200、3700、2300、1400、920万円 |

エイシンブルズアイ

トレセン入厩後の調教の動きが素晴らしく、デビュー前から高い評判だったが、新馬戦は噂に違わぬ強さで大楽勝。2戦目の千両賞は2倍を切る圧倒的な人気に推されたものの3着。相手がウインフルブルーム、アズマシャトルでは仕方がなかったか。だが3戦目の白梅賞は、初戦を思い起こさせる楽勝。アーリントンCも期待されたが、鞍上との息が全く合わず7着に敗れた。
大敗後でも毎日杯は3番人気と高い支持。好枠を利して好位置につけると、内から抜け出し一時は先頭。勝利を掴んだかに思えた瞬間マイネルフロストが並びかけ、ハナ差2着と悔しい結果に終わった。
リズムよく走れれば、高い能力を発揮できる馬。G1でもヒケは取らない。

サトノルパン

兄がリディル、クラレント、レッドアリオンと全て重賞活躍馬。故障していたリディル以外の2頭はNHKマイルCにも出走し、3、4着と好走している。
半弟のこの馬も使いながら成長を見せ、2走前の東京芝1400mの500万戦では、上がり3F33秒0という強烈な時計で差し切っている。ファルコンSでは、初重賞制覇の期待もかかったが、スタートで出遅れて後方から。直線で得意の末脚を爆発させたものの、1番人気のタガノグランパにクビ差届かなかった。
今回は2戦前に豪脚を披露した東京コース。そして兄たちが得意とするマイル戦で、更にチャンスが膨らんできた感がある。瞬発力なら、メンバー中1、2の存在で、差し脚比べなら負けない。

ショウナンアチーヴ

デビュー当初は荒削りな競馬ぶりで、成績は安定しているものの、能力通りの結果とは言えなかった。だが4戦目のからまつ賞を勝ったあたりから、ようやくスムーズな競馬ができるようになってきた。朝日杯FSではこれまでよりも早めに仕掛け、直線では一時先頭を窺う勢いだったが、最後にアジアエクスプレスに差され2着。敗れはしたものの、レース運びにに進境が窺え、成長ぶりは明らかだった。
ファルコンSを叩き、迎えたニュージーランドTはペースが速く中団以降からの競馬になったが、直線に向くと一気の脚でショウナンワダチにハナ差勝ち。G1で2着した貫録を見せた。
父ショウナンカンプ、母ショウナンパントルはともにG1勝ち馬。大舞台に強い血が、ここ一番で騒ぐ。

ショウナンワダチ

新馬も強い勝ち方だったが、この馬が高い能力を存分にアピールしたのが2戦目のベゴニア賞。馬群が固まってごちゃつく展開を切り裂くように、1頭だけ違う脚を使ってアッという間の1着。後にスプリングSを勝つことになるロサギガンティアを破っての勝利は価値あるものだった。
この脚なら朝日杯FSでも通用すると思われたが、不運にも中山マイルでは鬼門の大外枠。それでも直線は伸びてきたが、先行馬が残りやすい展開にも嵌り6着に終わっている。
次戦は1800mの共同通信杯を選択。ここで8着に敗れると、再度マイル戦に矛先を向けニュージーランドTに出走。ショウナンアチーヴのハナ差2着に入り、現状はマイルがベストであることを感じさせた。ベゴニア賞と同じ舞台で、大逆転を狙う。

ホウライアキコ

新馬、小倉2歳Sと2連勝。そのスピードからスプリンターにも思えたが、陣営は先を考えマイルのデイリー杯2歳Sに出走。これに応えて牡馬陣を一蹴した。これで期待が高まった阪神JFだったが、大外枠を引き、先行馬には厳しい展開もあって早めに先頭も、最後は7着にまで下がってしまった。距離が短縮されて有利と思われたフィリーズレビューも、不利があったとはいえ5着。
上がり目も薄く、桜花賞は穴馬の存在になってしまったが、初めて中団以降からの競馬を試みると、直線でジワジワと脚を伸ばし4着入線。新たな面を見出し、先に向けて展開が広がったのは収穫だった。
今回は牡馬相手のG1だが、桜花賞のレベルを考えれば劣ることはない。

ミッキーアイル

新馬戦は、馬が内にモタレたところを差されてしまったが、2戦目を快レコードで楽勝すると、ひいらぎ賞では翌日のG1朝日杯FSを凌ぐ時計で圧勝。シンザン記念も先手を取ると、後の皐月賞3着ウインフルブルームを半馬身退けて3連勝。前走の反動から心身ともにもう一つの状態だったことを考えると、着差以上に強いレースだった。
体調も戻ったアーリントンCは、スタートも良く簡単に逃げの形をとると、最後まで楽なまま。直線は本気で追う必要もなく、3馬身半差をつけての圧勝と、スピードの違いをまざまざと見せつけた。
テンションを考えて間隔を開けての出走だが、仕上がりは文句なく、順調にレースを迎える。圧倒的なスピードを、G1の舞台で堪能したい。

ロサギガンティア

函館のデビュー戦こそ期待を裏切ったが、立て直した2戦目は楽に抜け出して快勝。ただベゴニア賞は直線で前が開かず脚を余して2着に敗れ、2歳時は不本意な競馬が多かった。
3歳初戦の500万戦も、再度前が開かず苦労したが、道を見つけると瞬時に馬群から抜け出し、2勝目。この内容が評価され、スプリングSは3番人気に支持された。出遅れたが、鞍上のデムーロ騎手の好判断ですぐに挽回し、好位置を取ると、最後はあっさりと抜け出した。
皐月賞も期待されたのだが、イレ込みがひどく、自慢の末脚は不発。武器の瞬発力は、東京のマイル戦で更に発揮できるはずが、まずはイレ込み具合がどうか、レース前にしっかり判断したい。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。