競馬 - テレビ東京杯青葉賞 - スポーツナビ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2014年5月3日(土)

11R

2014年5月3日(土) | 2回東京3日 | 15:45発走

第21回テレビ東京杯青葉賞(GII)

芝・左 2400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際)(指定) 馬齢 | 本賞金:5200、2100、1300、780、520万円 |

ウインマーレライ

重賞ウイナーのマイネルフロストと同じ厩舎だが、もともとの評判はコチラのほうが上だった。デビュー戦は、そのマイネルフロストの2着に敗れたが、すぐに未勝利戦を差し切り勝ち。3戦目のアスター賞は中山では珍しい33秒7の高速上がりで、完全に先行有利だったレースを、後方から差す強い競馬で2勝目を挙げた。
このまま順調に行くと思われたが、その後は9、5、12、8着と苦戦続き。折り合いが難しく、先行した東京スポーツ杯2歳Sは惨敗し、抑えたレースは終い伸びてはいるものの、展開や馬場に恵まれず見せ場すらつくれていない。
今回は2400mに距離が延びるため、より乗り方が難しくなる。これを鞍上松岡騎手がどう操るか。嵌れば怖い存在なのだが。

シャンパーニュ

新馬戦は楽勝だったが、昇級してからは着順は悪くないものの、目立った内容を残す場面は少なかった。しかし父チチカステナンゴの血の為せる業か、距離延長で変身を見せる。2400mの梅花賞では、好位で粘り4着。このレースは1、2着が今回の青葉賞で有力のヤマノウィザード、ワールドインパクト、3着がこの後500万、若葉Sを連勝するアドマイヤデウスと、かなりハイレベルな相手。そこでコンマ1秒差の勝負は価値が高い。これを証明するように、2戦後の2400mゆきやなぎ賞では、迫ってきた大評判馬のサトノアラジンを、最後は突き放して完封している。
有力馬に差し傾向が多い青葉賞のメンバー構成。前走の再現も十分考えられる。

ピオネロ

6月阪神の新馬戦でデビューし、33秒4の脚を繰り出して快勝している。極悪馬場の札幌2歳S4着後は休養し、秋の東京の百日草特別で復帰。着差こそ半馬身だが、横綱相撲の内容で難なく500万クラスを突破した。
不器用なタイプで、中山の京成杯では追走に苦労する場面もあったが、何とか直線盛り返し4着に食い込み、力は見せつけた。条件が好転した共同通信杯は期待のかかった一戦だったが、スローペースの展開に苦しみ33秒台の脚を使ったものの5着に終わった。
その後は青葉賞へ向けて調整されてきたので、間隔が開いた不安はない。距離延長に活路を見出したい。

マイネルフロスト

デビュー戦では、同厩の評判馬ウインマーレライを抑えて1着。好位から伸びると、10秒9-11秒1の快速ラップでフィニッシュし、周囲の評価は一気に高まった。続くコスモス賞も勝ったが、札幌2歳Sは人気を裏切り5着。重い馬場を使った反動で疲れも出たか、その後は年末まで休養している。
復帰戦から3戦目はスプリングSを予定していたが、重い中山の馬場を考慮し、毎日杯に方向転換。これが功を奏した。1番枠を生かして、道中は内で我慢の競馬。直線に向くと、先に抜け出したエイシンブルズアイをゴール寸前で捉え、初めて重賞を勝ち取った。
レースセンスがあるので、内枠を引くと特に妙味のある馬。混戦になれば、再度浮上する。

ヤマノウィザード

姉にフラワーCを勝ち、桜花賞2着のオウケンサクラ、函館2歳S勝ちのフィーユドゥレーヴがおり、母のランフォザドリーム、祖母のミルフォードスルーもそれぞれ重賞2勝という良血馬である。
新馬は抑えままで楽勝し、梅花賞では、ここに出走のワールドインパクト、シャンパーニュを抑えて2連勝と、クラシックへ向けて順調にスタートを切っていた。しかしソエの影響で強い調教ができず、不安な状態のまま出走した前走のすみれSは人気を裏切るシンンガリ負けを喫している。
その後は放牧でケアし、態勢を立て直しての出走。1週前の調教は悪くなかったが、2連勝時の仕上がりに比べると、もう一つ足りないイメージだ。レースまでどれだけ仕上げられるか。100%のデキなら勝ち負けできる力はある。

ラングレー

評判馬が集まった天皇賞・秋当日の新馬戦を快勝し、デビュー前からの評判を更に上げると、東京スポーツ杯2歳Sに挑戦。レコードタイムで決着するハイレベルなレースだったが、しっかり食らいつき、勝ち馬イスラボニータからコンマ3秒差と善戦した。京成杯は小回りコースと重い馬場に苦しみ大敗したが、続く2400m戦のゆりかもめ賞を勝ち、ダービーへの道が開き始めた。
毎日杯は1番人気に支持されたが、ライバルのステファノスに合わせて早目に動いたのが響いたか、最後は内からマイネルフロストらに突き抜けられ4着と敗戦。ただ通ったコースを考えれば、連対2頭と内容の差は全くない。
経験済みの2400mに戻り、前走以上にチャンスは多い。

ワールドインパクト

超スロペースに泣かされる形で新馬戦は2着も、次戦であっさり初勝利。梅花賞では、ヤマノウィザードに敗れたが、狭いところで動きが取れなくなったもので、あれが無ければ勝っていたレースだった。すみれSでは先行したが、最後にスズカデヴィアスに差され2着。
差しては届かず、先行しては差されてと、悔しいレースが続いたが、この鬱憤を晴らしたのが大寒桜賞。これまでにない待機策で、4コーナーでは離れた後方。届かないと思える位置だったが、直線に向くと目の覚めるような豪脚で突進。次戦で楽勝するハギノハイブリッドを並ぶ間もなく交わし、一気の差し切り劇を演じた。この一戦でダービー候補に挙げる声が高まった。
青葉賞で出走権利を掴めば、ダービー馬の称号も見えてくる。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。