IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2014年4月27日(日)

11R

2014年4月27日(日) | 2回東京2日 | 15:45発走

第49回サンケイスポーツ賞フローラステークス(GII)

芝・左 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:5000、2000、1300、750、500万円 | レコードが出たレース

ニシノアカツキ

2戦目の未勝利戦で勝ち上がり。ただ500万に上がってからは8、11着と大敗が続き、壁に当たってしまった感もあった。
大きな変わり身を見せたのがフェアリーS。10番人気の低評価だったが、これに反発し外から猛襲すると、オメガハートロックのクビ差2着と健闘。4コーナーで勝ち馬に寄られる不利が無ければ勝っていたかもしれない。このレースが人気薄のフロックで無かったことは次走で証明。クイーンCは、フェアリーSより相手が強化されたが、後方から伸びて3着入線と、確実に終いは伸びてくる。
前走のフラワーCは崩れたが、まくり気味に行って脚を無くしてしまったのが敗因。重賞で好走した2戦のように、脚を溜めたほうがいいようだ。この戦法なら、東京の2000m戦は合うだろう。

ハピネスダンサー

新潟のデビュー戦は、ガリバルディ、オリハルコン、クラリティシチーと、クラシックを目指す評判馬が集まった話題の一戦。そんな馬を相手に、こちらは目立たぬ存在だったが、斬れ者クラリティシチーに次ぐ上がりタイムで3着に入線し、評価を上げた。
初勝利を挙げた京都の芝2000m戦では、上がり2F11秒3-11秒2の高速ラップを、余裕の手応えで差し切り。500万に上がっても、つばき賞ではステファノス、ゼウスバローズの良血ディープインパクト産駒に続く3着。牝馬限定のミモザ賞は、前走から相手も一気に弱化し、先行策から楽々押し切っている。
メイショウサムソン産駒で、オークスに出たら面白そうな馬。まずは権利をしっかり取りたい。

ブランネージュ

昨年6月のデビューから5戦して全て2、3着と、先行しても差しても勝ち切れず、ようやく勝ったのは6戦目。すでに年が明けて2月になっていた。
この立場で、いきなり桜花賞トライアルのチューリップ賞に挑戦。さすがにハープスターには置いて行かれたが、桜花賞で3着になったヌーヴォレコルトからはコンマ3秒差の4着なら十分評価していい。桜花賞の出走権利が取れなかったため、次走は自己条件の君子蘭賞へ。相手が弱かったこともあるが、全く危なげなく快勝している。
先行、差しどちらの競馬もできるセンスの良さに、前走内容から中距離も大丈夫。重馬場も結果を残しており、一雨降れば更にチャンスが広がる。

マイネオーラム

兄に弥生賞勝ち馬のコスモオオゾラがいる良血なのだが、入厩後の動きが目立たず、新馬戦は8番人気で結果も6着。2戦目の未勝利戦も9番人気だったが、一叩きで変わり身を見せ、見事に初勝利を得ている。続く芙蓉Sも4着と善戦したが、なかなか首位争いに加われず、2勝目は3歳になって3月の500万平場戦。3番手から抜け出して勝利を得ている。
フラワーCも人気薄だったが、中団からなだれ込み6着。勝ち馬のバウンスシャッセからは離されたが、重賞戦線で活躍しているマイネグレヴィル、パシフィックギャルとコンマ2秒差、重賞勝ち馬クリスマスに先着なら善戦ととっても良かろう。
レース運びがうまく、時計がかかれば、上位に食い込むことも可能だろう。

マイネグレヴィル

福島の新馬戦は10番人気の低評価を覆し、5馬身差の圧勝。コスモス賞では後の毎日杯勝ち馬マイネルフロストと接戦し、極悪馬場の札幌2歳Sではレッドリヴェールに食い下がり、クビ差2着と踏ん張った。
このレースの疲れがあったか、休養後の2戦は能力に見合った結果が出なかったが、牡馬相手の京成杯では先行馬が崩れた中、唯一先行勢で上位入線の5着し復調をアピール。フラワーCでは、バウンスシャッセには完敗したが、先行策からの粘りこみで2着と、しぶとい競馬を演じた。
瞬発力勝負では分が悪いが、パワー、スタミナ勝負なら牝馬の中でも上位の馬。ペースを落とさず積極的に行けば勝機も出てこよう。

マジックタイム

マイネグレヴィルに5馬身離されたデビュー戦だったが、今となっては小回りの福島なら仕方がない。この馬は左回りの広いコースなら別馬になる。新潟の未勝利戦では、4コーナー18番手と絶望的な位置から差し切り。新潟のきんもくせい特別で2連勝を飾り、阪神JFでは6着も、上位とはコンマ4秒差まで詰めてみせた。そして得意の左回りだったクイーンCでは、断然人気のフォーエバーモアにクビ差まで迫っている。
本来なら桜花賞へ向かうところだが、陣営はオークスを照準に合わせ、まずはフローラSを標的。東京コースへの拘りは他馬以上で、能力も考慮すると、メンバーでは最もチャンスの多い立場だろう。本番では大物が待ち受ける。ここは足慣らし程度で勝ちたいところだ。

マローブルー

クラシックに間に合わせるにはギリギリの2月の新馬戦でデビュー。ディープインパクトを父に持ち、母の弟に皐月賞4着のデボネアがいる良血。そんな期待馬に注目が集まったが、結果は人気を裏切る3着。だが続く未勝利戦をアッサリ勝ち、フラワーCに歩を進めた。
この中山開催は馬場が重く、ディープインパクト産駒の苦戦が続いていた。案の定、このレースでも1番人気のショウナンパンドラや良血チョコレートバインら期待のディープ産駒が動けずに敗れたが、同馬は4着に入線し、高い素質を感じさせた。
使いながら良くなっているうえに、今回は馬場も良く、直線も長い東京コース。目標のオークス出走へ、流れは向いてきている。
Yahoo! toto

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。