IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2014年8月24日(日)

11R

2014年8月24日(日) | 2回札幌2日 | 15:25発走

第50回札幌記念(GII)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(特指) 定量 | 本賞金:6500、2600、1600、980、650万円 | レコードが出たレース

エアソミュール

折り合い難で出世が遅れていたが、戸崎騎手に乗り替わると少しずつ解消されてきたか、ディセンバーS、白富士Sとオープン特別を2連勝した。
強豪が揃った中山記念は10着と敗れたが、間隔を開けて迎えた鳴尾記念では相手が楽になったこともあり1番人気に推された。道中は中団のやや後ろに位置していたが、最速上がりで先行集団に取り付くと、アドマイヤタイシ、フラガラッハ、カレンミロティックを含む4頭の接戦を制し、初の重賞タイトルを勝ち取った。
札幌記念には昨年も挑戦したが、極悪馬場で行われたこともあり大敗。速い時計の出ている札幌、そして気性的に成長している今なら、G1クラスが相手でも対抗できる。

ゴールドシップ

昨秋は大スランプに陥り、ジャパンCのときは限界説もあったが、暮れの有馬記念で3着し徐々に復調気配。今年に入って阪神大賞典を楽勝し完全復活を果たした。
苦手な高速馬場の京都で行われた天皇賞・春は2番人気ながら7着。これは馬場が合わなかったことよりも、ゲート入りの際にエキサイトし出遅れ、その後もスムーズさを欠いた影響が強い。この鬱憤を晴らしたのが宝塚記念。自分から好位を取りに行く積極性を見せたら、レースはこの馬のもの。直線は独壇場で、ライバルのジェンティルドンナ、ウインバリアシオンが苦しむのを尻目に3馬身差の圧勝で、5つ目のG1を制した。
今秋はいよいよ凱旋門賞に挑戦だが、その前に札幌記念で一叩き。洋芝も合っており、北海道のファンに5冠馬の雄姿を披露してほしい。

トウケイヘイロー

昨年の今頃は、この馬の天下だった。鳴尾記念、函館記念と連勝。そして札幌記念は、記憶に新しい函館のドロドロ馬場。重い馬場に苦しんでレースから次々に馬が脱落していく中、この馬は最後まで脚色が乱れず6馬身差の圧勝で重賞3連勝を達成した。その後は天皇賞・秋こそ厳しいペースで大敗したが、香港Cでは2着し、そのスピードが世界でも通用することを証明した。
今年は中山記念を使って海外で2戦。今回は海外帰りの一戦だが、しっかり休養を取って疲労は取れている。注目のゴールドシップ、ハープスターは差しタイプの馬。2強を焦らす先行馬となると、候補はこの馬が一番。昨夏の調子になればアッと言わせる大逃走もある。

ハープスター

次元の違う走りを見せた新潟2歳S。あの衝撃を思えば、G1勝ちが一つだけというのは不本意かもしれない。今年はチューリップ賞を楽勝し、断然人気の桜花賞は4コーナー最後方から大外に持ち出して強襲。阪神JFでハナ差敗れたレッドリヴェールを差し切り、リベンジを果たした。
そのライバルがダービーへ向かい、オークスは敵無しというのが大方の見方。当然桜花賞のように豪快な差し切り劇が見られると思っていたが、ヌーヴォレコルトにクビ差届かず2着と、阪神JFに続いて悔しい敗戦を喫した。しかし負けて強しの内容で、この馬への高い評価が落ちることはない。
そして秋は凱旋門賞へ。斤量で有利な3歳牝馬ということもあり期待が高まるが、その前にステップレースで選んだのが札幌記念。直線の短いコースは合わないという声も、桁外れの瞬発力で不利を覆したい。

ラブイズブーシェ

重賞タイトルのない身で年末の有馬記念に挑戦。12番人気ながら4着と善戦し、今年に期待がかかった。しかし3戦は8、6、5着と期待外れの結果に。有馬記念4着もフロック視され始めたか、目黒記念は12番人気にまで支持が低下していた。ここで馬も奮起。ジワジワ脚を伸ばすと、マイネルメダリストのアタマ差2着に入り、改めて能力をアピール。これで調子を取り戻したか、函館記念では3コーナーあたりからまくり気味に進出する強気な競馬で直線抜け出し。迫るダークシャドウを抑え、初重賞を勝ち取った。
昨年の札幌記念は大敗したが、洋芝では函館記念など3勝を挙げており適性は上々。スタミナ、パワーの要る競馬になれば急浮上する。

ルルーシュ

2歳時に札幌でデビュー勝ち。一昨年は札幌日経オープンをレコードで勝ったように、札幌は得意なコースだ。
2年前のアルゼンチン共和国杯を勝った時は、速い時計と圧倒的な勝ちっぷりから、いずれはG1でもやれそうな雰囲気があった。だが能力は高いものの、気ムラな面があるのか成績が安定せず、昨年も目黒記念2着後に札幌記念15着、続くアルゼンチン共和国杯3着と、なかなか掴みづらい。
今回は有馬記念以来で約8か月も間隔が開いたが、先の目黒記念が休養明けながらレコードタイムの2着しており、リフレッシュされた状態のほうがむしろ走りそうなタイプ。それを考えれば、激走の可能性は十分ある。

ロゴタイプ

朝日杯FS、スプリングS、皐月賞と怒涛の3連勝をした頃は敵無し状態。ダービーはいかにも距離が長く5着に敗れたが、マイルから中距離を中心にすれば、まだまだ勝ち星を量産できるものと思われていた。その勢いを止めてしまう形になったのが、昨年の札幌記念。当然のように1番人気に推されたが、極悪馬場に全く対応できず5着に敗退。更に重い馬場を走った反動で休養と最悪の結果となった。
半年以上の間隔を開けて使った中山記念は3着と、まずは上々の復帰戦。その後はドバイデューティフリーで6着に敗れると、しっかり休んで札幌記念に照準を合わせてきた。
昨年は札幌記念で歯車が狂ったのなら、今年は逆にここから軌道修正。快進撃の3歳春の勢いを取り戻せば、2強相手でも恥ずかしい競馬にはならないはずだ。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。