sportsnavi

2013年11月17日(日)

11R

2013年11月17日(日) | 5回京都6日 | 15:40発走

第30回マイルチャンピオンシップ(GI)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:10000、4000、2500、1500、1000万円 |

カレンブラックヒル

 デビューは3歳と遅かったが、初戦を楽勝すると、500万特別、G2ニュージーランドTと3連勝。そしてNHKマイルCでは、先手を取ると最後まで脚色が衰えず、2着に3馬身半の差をつける楽勝で、あっという間にG1ウイナーに輝いた。その勢いは秋になっても衰えず、毎日王冠を快勝。秋の天皇賞には無敗のまま挑んだが、一流古馬相手に、不利な外枠、ハイペースと厳しい条件が揃い、5着と初めて敗戦を喫した。
 今年の初戦はフェブラリーSを選択したが、初ダートに苦しみ15着とまさかの大敗。これで調子を崩したか、マイラーズC4着、安田記念は14着と厳しい結果が続いている。スピードを生かせる京都コースで復活を期す。

クラレント

 デビュー2戦目に、マイルCSと同じ舞台のデイリー杯2歳Sで初重賞制覇。その後成績が下降した時期もあったが、昨年秋に富士Sを勝ってから再度上昇。特に今年に入ってからは東京新聞杯を勝ち、マイラーズCで崩れたものの、エプソムCでは後に天皇賞・秋を制することになるジャスタウェイの豪脚をハナ差凌ぎ、4つめの重賞タイトルを獲得している。秋は毎日王冠から始動。逃げて超スローペースに持ち込んだが、最後は瞬発力の差で、エイシンフラッシュからコンマ1秒差の3着と惜しい結果に終わっている。
 重賞を3つ勝っている東京コースへの適性を評価されているが、京都コースも3戦2勝と戦績は良好。実績からは、もうG1を取っていい頃だ。

グランプリボス

 マイル路線では常連の一頭である。2歳時には朝日杯FS、3歳春にはNHKマイルCと、早々2つのマイルG1をゲット。その後スランプに陥った時期もあったが、昨年の安田記念で13番人気ながら2着に食い込み復活。前回のマイルCSでは、直線で致命的な不利を被ったが、サダムパテックにクビ差まで迫る2着と存在感を見せつけた。
 今年はいきなりマイラーズCを制し順調なスタートを切ったに思われたが、本番の安田記念で惨敗。この秋は初めて1200mのスプリンターズSに挑戦し7着、スワンSも7着と大敗し、リズムを欠いている感もある。ただ安定感が無いのは今に始まったことではない。むしろ人気が落ちた今こそ不気味な雰囲気を漂わせる。

コパノリチャード

 1400mのデビュー戦を好タイムで逃げ切り。2戦目こそ敗れたものの、3戦目の500万特別では、2着に5馬身の差をつける圧巻の逃げ切り。この内容からアーリントンCでも1番人気に推されると、2番手から抜け出し、難なく重賞タイトルを手に入れた。だが皐月賞、NHKマイルCの両G1戦は、スピードだけで押し切れるほど簡単ではなく、ともに大敗に終わった。
 秋初戦も大敗し、成長力に疑問を感じさせたが、スワンSで大変身。展開に恵まれた面もあったが、ダイワマッジョーレ以下に2馬身近い差をつけての快勝。春の勢いを取り戻したようだ。G1になると前走のような楽な展開は望めないが、3戦3勝と得意の京都コースを味方に、逃げ込みを図る。

サダムパテック

 東京スポーツ杯2歳S、弥生賞を制し、皐月賞はオルフェーヴルの2着。この頃はクラシック戦線の主役の一頭として活躍していた。しかしダービー7着、菊花賞5着で限界を感じたが、中長距離路線に見切りをつけ、矛先をマイル路線へ向ける。当初は戸惑いもあってか京都金杯、東京新聞杯とマイル戦で苦戦したものの、1400mの京王杯SC勝ちで、ようやくペースにも慣れてきた。そして迎えた昨秋のマイルCSでは、鞍上武豊騎手の好騎乗もあったが、うまく内をすくってグランプリボス以下を抑えて快勝。2歳時から期待されていたG1ウイナーの座にようやくたどり着いた。
 この秋も、初戦のスワンSで3着と好発進し、マイルCS2連覇へ向けて視界良好だ。

ダノンシャーク

 4歳時には京都金杯、マイラーズC、エプソムCで2着。なかなか重賞タイトルに手が届かなかったが、5歳になり、京都金杯で念願の重賞勝ちを果たしている。更に安田記念では12番人気と評価は低かったものの、ロードカナロアに少差の3着と好走し、いよいよG1も視野に入ってきた。秋初戦の京王杯AHでも58キロを背負いながら2着と好走。前走の富士Sでは、いつもより早めに仕掛け、リアルインパクト以下に快勝。これで今年は5戦して全てが3着以内と安定している。
 古馬になってからは多くのレースで33秒台の上がりをマークしているように、末脚の切れ味は文句なし。安田記念の内容から、ここも好勝負できるはずだ。

トーセンラー

 3歳時にきさらぎ賞を勝ったが、4歳になってからは夏に重賞2着が2度あったものの未勝利に終わった。5歳になって最初のレースは京都記念。中団後ろで脚を溜めると、直線一気の伸びで馬群を貫き、約2年ぶりの勝利を味わった。続く天皇賞・春では3番人気の高評価。フェノーメノと一緒に動き出し、最後は2頭の勝負に。結果は1馬身少々離されて2着も、初めてG1で連対を記録した。
 休養明けの京都大賞典では3着。距離適性から天皇賞・秋へ歩を進めるかと思いきや、マイルCSを狙ってきた。これは全3勝、そしてG1で2、3着に入っている京都コースへの適性を考慮したもの。慣れていないペースへの不安はあるが、能力とコース適性でカバーしたい。
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。