IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2013年10月26日(土)

11R

2013年10月26日(土) | 4回京都8日 | 15:35発走

第56回毎日放送賞スワンステークス(GII)

芝・右・外 1400m | 天気:晴 | 馬場:稍重 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:5500、2200、1400、830、550万円 |

エーシントップ

 新馬、中京2歳S、京王杯2歳Sと3連勝。持ち前のスピード生かした軽快な先行力で、2歳の夏から活躍している。朝日杯FSこそ道中抑えるシーンもあって大敗したが、再度逃げ戦法に戻したシンザン記念では、しっかり逃げ切っている。
 ニュージーランドTは、NHKマイルCを控え、普段より調教が軽く、いかにも叩き台のムード。レースでも2、3番手に抑えた消極策だったが、ゴール前の叩き合いを制して重賞3勝目。精神的な成長も感じさせた。だが本番のNHKマイルCでは、直線の不利もあって7着大敗。安田記念にもチャレンジしたが、17着と古馬G1のレベルを痛感させられた。スピードを生かせる京都1400mで、春は厳しかった古馬の壁を突破したい。

グランプリボス

 これまでマイルのG1を2勝している同馬にとって、前走のスプリンターズS出走は、新たな試みであった。ここまで1200m戦の経験は無いうえに、いきなりのG1。果たしてどんなレースになるのか。レースはスタートで出遅れ、中団より後ろからの位置取り。直線では、馬群の中から抜け出そうとしたが7着に終わった。それでも勝ったロードカナロアからはコンマ3秒差。着順以上に善戦したと見ていいのではないか。
 ここは昨年勝った舞台であり、適性はやはり前走より上。実績はマイルが多いが、折り合いに苦しんでいる現状を考えると、1400mはベストの距離と言える。久々のG1(マイルCS)勝利に向け、ここで勢いをつけたいところだ。

サダムパテック

 かつてはクラシックを目指し、登竜門の弥生賞を勝ち、皐月賞ではオルフェーヴルの2着に入っている。古馬になると、懸念されていた距離の壁にぶつかり、陣営は距離短縮を図ることになる。すると昨春の京王杯SCで勝利。1400mに対応したことで、マイル戦線を主戦にしていく。その成果を早くも挙げたのが昨秋のマイルCS。1番枠を生かし、じっくり内で脚を溜めると、直線で弾けるように伸びる。寄れた馬に不利を食らいながらも動じず、待望のG1制覇を飾った。
 ただ今年の春は不本意な結果に終わっており、どこまで馬が戻っているか。1週前調教は上がりがかかり少々平凡に思えたが、今週は坂路で53秒1−12秒5と重い馬場を考えれば悪くない時計。調子は戻りつつある。

ダイワマッジョーレ

 青葉賞を勝ち、ダービーでも3着したハイアーゲームの半弟。血統から期待も高かったがデビューが遅く、本領発揮してきたのは昨年夏あたりから。だが連勝のような派手な経過はなく、階段を一段ずつ登るように少しずつ成長してきた。
 昨年末には金鯱賞で2着。今年に入っても、東京新聞杯、ダービー卿CTで2着と、重賞に王手をかけるレースが続いていた。そして京王杯SCでは、中団から鋭く伸び、トライアンフマーチ以下を差し切って初の重賞勝ちとなった。勢い勇んで臨んだ安田記念は9着。まだまだG1は厳しかったが、一夏超え、さらなる成長があればG1も見えてくる。その可能性を探るためにも、スワンSは好内容を見せつけたい。

マジンプロスパー

 昨年のCBC賞を勝った後に3戦連続二桁着順。ピークが過ぎたかに思えたが、今年に入ってV字回復。阪急杯でロードカナロアに少差の2着と善戦し、CBC賞ではスプリント界のニュースターであるハクサンムーンを捉え2連覇。完全に勢いを取り戻した。スプリンターズSでは、これまでとは違い控えて差す形になったが、しっかり対応して4着に入線。キャリアを積んで、脚質に幅が広がりつつある。
 かつては外から被せられると嫌がるシーンもあったが、それも解消され、最近は内外どちらからでも競馬ができるようになったのは大きい。道悪のCBC賞を勝っており、大荒れの週末の天候でもしっかり対応できる。

ラトルスネーク

 これまでも素質の片鱗を見せることはあったが、前走のような衝撃は無かった。それほどまでに白秋Sで見せた競馬は、以前の同馬とは違うものだった。出遅れたが、少し位置を上げて道中は中団を追走。直線で追われると33秒5の脚で、他馬を置き去りにし独走態勢。最後は4馬身差をつける圧勝だった。時計が出やすい馬場だったが、それでも1400m1分19秒6の時計は速い。
 これまで33秒台の脚を出すことはあったが、それは最後方近くで脚を溜めていたため。今回は中団から、この脚を使えたのは非常に大きく、重賞級のポテンシャルを持ったと考えていいだろう。以前ならG2など夢のまた夢だったが、もはやそんなことは無い。この勢いで重賞、そしてG1も狙いたい。

レッドオーヴァル

 ディープインパクト産駒らしい豪快な末脚を武器にしており、能力は相当なものがある。だが馬体減に悩まされ、春は体質の弱さが目についた。また、上がストロングリターン、ダイワマックワンなどマイル以下で活躍する馬が多く、血統から距離の限界も感じられる。そのためローズS大敗後は秋華賞を諦め、1400mのスワンSに歩を進めてきた。
 確かに1400mではかなり強く、中京の未勝利戦をレコードで圧勝。スワンSと同じ京都の1400mで行われた紅梅Sでは、後にオークス、秋華賞を勝つことになるメイショウマンボを子供扱いし、3馬身差の楽勝を決めている。そのときが重馬場で、多少の荒れ馬場でも大丈夫だ。前走の馬体を維持できれば、古馬相手でもチャンスはある。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。