2013年10月13日(日)

11R

2013年10月13日(日) | 4回京都4日 | 15:40発走

第18回秋華賞(GI)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:8900、3600、2200、1300、890万円 |

ウリウリ

 2戦目に勝ちあがったが、500万クラスに入ってからは善戦するものの馬券圏内には届かず、目立つ存在ではなった。大きく変わったのはオープン特別の白百合S。内が有利な馬場を生かしてノボリディアーナが逃げ切ったのだが、こちらは大外から差しての2着。結果は負けても、内容は上と言えるものだった。続く500万の平場戦は一転早めに仕掛け、迫る2着馬をクビ差抑えて2勝目。時計も速く、秋が期待された。
迎えたローズSは、10番人気と評価は低かったが、馬群から抜け出して3着に入線。オークス馬メイショウマンボに先着し、秋華賞出走切符を手に入れた。藤原英厩舎の馬らしく、ここへ来ての成長は目覚しい。デビュー時の期待度から、ここで好勝負しても不思議無い。

エバーブロッサム

 オークス2着の実績から、ローズSは2番人気。デビュー戦以外は常に安定した結果を残しており、ここも大崩れは無いだろうと思われた。しかし最終調教は、稽古駆けしない2歳馬相手に馬なりで併入とあって、仕上げに物足りなさがあった。更にレースは、道悪馬場。これを気にしたか全く動けず、後方で喘いだまま14着の惨敗と、まさかの結果となった。
前走の敗因はしっかりしており、叩かれた今回は、馬場が良ければ巻き返しは十分期待できる。中山で行われたフラワーCでは、4コーナー12番手から追い込んでハナ差2着まで来ており、これなら京都の2000mにも対応できる。春の状態に戻れば勝機はある。

スマートレイアー

 デビューが桜花賞の当日と遅かったが、そのときの勝ちタイムが、桜花賞のアユサンとコンマ3秒差。2戦目の東京では、32秒8の末脚で逃げ馬を捕え、2連勝。オークスでも楽しみだったが、そこはデビューが遅れた悲しさで間に合わず、秋に照準を合わせた。
休養明けの三面川特別は4着に敗れたが、背水の陣で臨んだ夕月特別では、この馬らしい脚を披露。中団から抜け出すと、ゴール前も余裕の手応えで楽勝。勝ちタイム1分44秒8も早く、文句ない内容で、いよいよG1に臨む。勝った3勝の内容は、どれもケチのつけようがないもの。強すぎた前走から中2週という反動さえ出なければ、相手強化でも好勝負は必至だ。

セキショウ

 2歳夏の新潟1800m戦を1分47秒0の好タイムで、2着に5馬身の差をつける楽勝。この内容なら2勝目まで時間はかからないと思われたが、次の勝利までに7か月もかかってしまった。2勝目となったミモザ賞は、2番手から粘り込み。フローラSでも積極的に先行したが、差し馬勢に飲み込まれ、オークス出走権を得ることはできなかった。
夏は函館で復帰し、一叩きされた2戦目が紫苑S。新潟で圧勝したとき以来、1年ぶりに逃げの手に出ると、4コーナー過ぎでセーフティーリードを取り、勝利を決めた。G1は初めての出走だが、前走同様内回りの2000mは大きな強み。思い切って先手を取れば、大波乱の芽も出てくる。

デニムアンドルビー

 未勝利を勝ったばかりで出走したフローラSは1番人気。これに応えて3コーナーから大捲りの派手な内容で勝ち、オークスも期待された。だが相手強化のG1で同じ戦法は通用せず、伸びてきたときには、すでにメイショウマンボが勝利の態勢に入っていた。
この秋のテーマは、もう少し前につけられるようになること。ここが課題だったローズSだが、またもや行き脚がつかず最後方から。それでも差しきってしまうのが、この馬の凄さ。他馬を捻じ伏せるように秋初戦を飾った。ただし今回は、外回りの前走とは違い、内回りのレース。同じ戦法ではオークスの二の舞になる可能性も十分考えられる。果たしてどんな競馬をするのか。結果だけでなく、レース内容も注目となる。

メイショウマンボ

 期待された桜花賞で大敗。オークスは、母系を考慮すれば距離延長は厳しく、この馬の賞味期限は過ぎたと考えた人も少なくなかろう。じっさい馬主サイドも、この馬のオークス登録をしていなかった。それでも武幸四郎騎手は、この馬の可能性を信じ、オークス出走を要望。馬主もこれに応え、追加登録料を払って出走。これが実り、オークスは他馬を寄せ付けない強い内容で勝利を掴んだ。
距離の不安もなくなった秋は、余裕を持っての臨戦。叩き台のイメージが強かったローズSでも見せ場をつくり、改めて存在感を示した。京都の内回りコースは2戦2勝。こぶし賞で圧倒的な強さを見せつけており心配ない。牝馬2冠へ向け、全てが順調だ。

ローブティサージュ

 函館の芝1800mの新馬を勝つと、次は京都の芝1400mが舞台になったファンタジーSで2着。一転スピードが試される競馬に対応してみせ、高いセンスを感じさせた。阪神JFでは、1番枠を生かしてインから抜け出し、G1ウイナーに輝いた。当然クラシックも大きな期待がかけられたが、馬体の維持と折り合い難に苦しみ、春は苦戦の連続に終わった。
夏に間にどれだけ体質が強化されたか。秋初戦のローズSはプラス12キロで、デビュー以来の最高体重。まずは馬体回復を達成した。あとはレース内容。結果は6着だったが、先行馬に厳しい馬場状態とペースの中を先行してゴール寸前まで踏ん張り、勝ち馬からコンマ4秒差なら合格点だろう。阪神JF同様、内枠を引ければ面白い。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。